発毛・育毛に悪い!食べてはいけない食材とは

MENU

CLOSE

発毛・育毛に悪い!食べてはいけない食材とは

発毛に良い食べ物があれば、悪い食べ物もある!

cb35dd677d69347e37fdff35535df9dc_s


男性の薄毛治療の代名詞ともいえるAGA。AGAの治療に取り組むためには、 AGAクリニックで専門的な治療を受けるのが一般です。しかし、仕事が忙しかったり、費用の関係で難しいケースもありますよね。そんな時には、自主的な改善が必要となります。

特に気をつけておきたいのが食生活の改善です。食生活の改善で薄毛治療ができるのであれば、育毛剤による副作用にも左右されないので安心ですね。よく、発毛に良い食べ物というのが紹介されています。しかし、発毛に良い食べ物があれば、発毛に悪影響を与える食べ物ももちろんあるのです。そのような食べ物を摂取しすぎないためにも、悪影響のある食べ物を理解するようにしましょう。

ラーメンの食べ過ぎに注意!

日本人男性のほとんどがラーメンが好きだと思います。なぜラーメンが駄目なのか?真っ先に思い浮かぶのは「 脂っこいから 」 という理由 ではないでしょうか。 もちろんそれもあるのですが、特に重要となっているのは塩分です。塩分は、とりすぎると血中水分量が増えていきます。そうすると、血液の流れに負荷がかかるので、ドロドロの血液になりやすいのです。

血液循環の衰えというのは薄毛になりやすい原因の一つですから、ラーメンの食べ過ぎは頭皮に血液が流れにくくなります。厚生労働省から発表されている成人男性の一日の塩分の摂取量は10g と発表されています。その基準量をたった1杯のラーメンを摂取するだけで大幅にオーバーしてしまうのです。もちろん、けして食べてはいけないというわけではありませんから、日常的に摂取するのは控えるようにしましょう。

甘い食べ物や冷たい食べ物

甘い食べ物や冷たい食べ物の代表格といえばアイスクリームやケーキ、スイーツ各種ですよね。共通して言えることは糖分が多いということです。なぜ糖分の摂りすぎが薄毛になりやすいかと言うと、身体が酸性に近づいてしまうからです。本来、人間の身体というのは弱アルカリ性です。ですから、本来あるべき体質でなくなってしまうと、当然病気に発展しやすくなります。

それは頭皮の病気であるAGAも例外ではありません。血流が悪くなってしまいますから、発毛や育毛に 必要な血液も頭皮まで行き渡らなくなるのです。次に、なぜ冷たい食べ物もいけないのかと言うと、身体が冷えてしまうからです。 新陳代謝というのは、体温が高まった時に活発化されます。

ですから、日常的に冷たいものを摂取していると体温が下がることが多いため、血液の循環も悪くなってしまうのです。新陳代謝を高めるために、唐辛子、わさび、しょうがを意識して食べていても、発毛効果に良くない食べ物を過剰摂取していると全く意味がありません。ですから、暑い夏場だからといって、あまり冷たいものを過剰摂取するのは限り控えるようにしましょう。

発毛に役立つ食べ物もちょっとだけ紹介

ca3620cc66ad58007d686da3eb9ccfe5_s

あまりネガティブな食べ物の話題だけでは、AGA治療へのポテンシャルも落ちてしまうというものです。そこで、発毛に役立つ食べ物も少し紹介してみましょう。

タンパク質がおすすめ

なぜタンパク質が髪の毛にいいかと言うと、髪の毛はタンパク質で作られているからです。タンパク質以外にはアミノ酸も関わってくるのですが、それでも重要となるのがタンパク質であることに変わりはないでしょう。

タンパク質の取り方に注意

タンパク質をお肉から摂取する際には、油を多く摂取してしまう可能性があるので気をつけなければなりません。お肉から摂取する場合は、食べる量と脂身に気をつけるようにしましょう。食事以外の摂取方法では、サプリメントを利用する方法もあるので、食事による管理が難しいと思う時には検討してみると良いかもしれません。 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧