お酒を飲むとハゲる?!薄毛対策に役立つ食品や生活習慣まとめ

MENU

CLOSE

お酒を飲むとハゲる?!薄毛対策に役立つ食品や生活習慣まとめ

髪の毛に良い食品【大豆食品、緑黄色野菜、海藻類】

大豆食品

大豆食品には髪の毛の主な材料であるタンパク質が豊富に含まれています。体内のタンパク質が不足すると成長を妨げられた髪の毛が痩せ細って抜け落ちやすい状態になりますが、十分なタンパク質を摂取することで太くて長い丈夫な髪の毛に育つことができます。

タンパク質は肉類にも豊富に含まれていますが、大豆食品には頭皮環境が悪化する原因である皮脂の過剰分泌を抑制する効果を持ったレシチンという成分が含まれているため、肉類よりも薄毛対策に役立ちます。

さらに大豆に含まれているイソフラボンというフラボノイドの一種には、AGAの原因物質である5α-還元酵素の働きを抑制する効果があります。このように薄毛対策に役立つ様々な効果があるので、薄毛が気になる方は大豆食品を積極的に摂取することが大切です。

緑黄色野菜

カボチャやニンジンなどに多く含まれているビタミンAには、タンパク質を材料に髪の毛を作る働きをサポートする効果があります。さらに老廃物の排出を促進することで毛穴を清潔に保つ効果もあるため、頭皮ケアにも役立ちます。そしてピーマンやトマトなどに多く含まれているビタミンCは、毛細血管の生成に必要な栄養分です。

毛細血管のほとんどはコラーゲンでできていますが、コラーゲンを生成する際にビタミンCが使用されます。そのため、十分にビタミンCを摂取することでコラーゲンの生成をサポートし、毛細血管を増やす効果が期待できます。

そして毛細血管が増えて頭皮の血行が改善されることで、髪の毛の成長に必要な栄養分や酸素などが届きやすくなるといった薄毛対策の効果が得られます。また、ビタミンEには血管を拡張する作用があるため、十分に摂取することでビタミンCと同様に頭皮の血流を改善する効果が期待できます。

海藻類

海藻類に豊富に含まれている各種ミネラルには、身体がタンパク質を使って髪の毛を生成する働きをサポートしたり、頭皮環境を整える効果などがあります。そしてミネラルの一種である亜鉛は、AGAの原因物質であるDHTを生成する働きを持った5α-還元酵素の働きを抑制する効果を発揮するため、AGAの症状を緩和する効果が期待できます。

さらに海藻のぬめりの元であるフコダインという成分は、人間の体内で海藻ペプチドという成分に変わってIGF-1(インスリン様成長因子1)という物質の生成を促します。IGF-1には毛母細胞を活性化して髪の毛の成長を促進する作用があるため、海藻を摂取することで育毛効果が期待できます。

髪の毛に悪い食品【糖分が多い食品、高カロリー食品、お酒】

糖分が多い食品

糖分が多い食べ物を摂取しすぎると、ビタミンBや亜鉛といった髪の毛の生育に必要な様々な栄養分が糖分を消化する過程で大量に消費されるため、髪の毛の成長に悪影響が及ぼされます。そして糖分は人間の大事なエネルギー源なので、使用されなかった分が脂質に変換されて体内に貯蔵されます。

そのため、糖分を摂取しすぎると体内の脂質が増えすぎるため、身体は余分な脂質を体外へ排出します。その結果、頭皮に過剰分泌された皮脂が毛穴を塞いだり炎症を引き起こすことで、頭皮環境が悪化します。

そして、頭皮環境の悪化は髪の毛の成長を妨げるだけではなく、頭皮に使用するAGA治療薬や育毛剤などの効果を下げる原因にもなります。そのためクリニックなどでAGAを治療中の方は糖分の過剰摂取に関して特に注意する必要があります。

高カロリー食品

高カロリーな食品ばかり摂取していると、血中のコレステロール濃度が上昇して毛細血管が詰まることで頭皮の血行が悪化します。その結果、髪の毛の成長に欠かせない栄養分や酸素などが十分に供給されないため、髪の毛が痩せ細って抜け落ちやすい状態になります。

また、頭皮環境が悪化するとAGA治療薬や育毛剤などの効果が薄れるため、薄毛対策には頭皮環境の維持が欠かせませんが、高カロリー食品を摂取すると頭皮の皮脂分泌量が増加するため、毛穴に詰まった皮脂が髪の毛の成長を妨げたり頭皮の炎症を引き起こすなど頭皮環境の悪化を招きます。

お酒

適量のお酒は頭皮の血行を改善して髪の毛に良い影響を与えます。またアルコールにはストレスを緩和する効果があるため、AGAの次に多い薄毛原因であるストレス性の脱症を予防したり症状を緩和できます。しかし過剰なアルコールの摂取は薄毛の原因に繋がります。

体内に吸収されたアルコールは、肝臓で分解されてアセトアルデヒドという有害物質に変わり、次に解毒されて酢酸という無害な物質になります。その際に各種ビタミンやミネラル、アミノ酸など髪の毛の生育に必要な栄養素が大量に消費されるため、過剰な飲酒が原因で髪の毛が栄養不足に陥って薄毛になる場合があります。

また飲酒量が多すぎると、肝臓で解毒しきれなかったアセトアルデヒドが体内に残って血液と一緒に全身を循環します。その際に体内のテストステロンをAGAの原因物質であるDHTに変えてAGAの症状を悪化させる場合があるため、クリニックなどでAGAを治療中の方はお酒を控えることが大切です。

髪の毛に良い生活習慣【適度な運動、入浴、十分な睡眠、育毛シャンプー】

適度な運動

ジョギングやウォーキングなどを行うことで心配機能が上がったり血管が柔らかくなるなど、頭皮の血行を改善する効果が得られます。また、適度な運動にはストレス発散の効果もあるため、AGAに次いで多い薄毛原因であるストレス性脱毛症を予防する効果が得られます。

入浴

お風呂に浸かって身体を温めることで、頭皮の血流を促進して髪の毛の成長をサポートする効果が得られます。さらに入浴することで頭皮の毛穴が開くため、AGA治療薬や育毛剤が浸透しやすくなったり、髪の毛の成長を妨げる原因である毛穴に詰まった皮脂や汚れなどを洗浄しやすくなります。

また入浴する際は熱いお湯に短時間だけ浸かるより、ぬるめのお湯に長時間浸かる方がより身体を温める効果が得られます。

十分な睡眠

成長ホルモンには人間の身体を成長させたり、日中に細胞が負ったダメージを修復する働きがあります。

髪の毛も成長ホルモンの分泌がきっかけで肝臓から分泌されるIGF-1という物質の作用により、毛母細胞が活性化して成長します。そのため成長ホルモンの分泌がとくに活発になため「ゴールデンタイム」と呼ばれている22時~2時の時間帯を含めて十分な睡眠をとることで、髪の毛の成長を促進して薄毛を予防する効果が得られます。

育毛シャンプー

一般家庭で使用されているシャンプーの多くは「石油系界面活性剤」という成分が含まれています。低コストで優れた洗浄力を発揮する成分ですが、強すぎる洗浄力が頭皮に必要な皮脂まで洗い落として、頭皮環境を悪化させる原因になる場合があります。

しかし、必要な皮脂を残して頭皮を洗浄できる「アミノ酸系界面活性剤」が含まれた育毛シャンプーを使用することで頭皮環境を守れます。そして頭皮環境を改善することで、クリニックなどで処方される外用タイプのAGA治療薬や育毛剤が持つ薄毛治療の効果を高められます。

髪の毛に悪い生活習慣【喫煙、ダイエット、頭皮の日焼け】

喫煙

タバコに含まれているニコチンには、血管を収縮させる作用があります。そのため、喫煙は頭皮の血流を悪化させて髪の毛の成長に悪影響を与えます。また喫煙すると体内の悪玉コレステロールが増加しますが、体内では悪玉コレステロールを減らすためにメチオニンという栄養分が消費されます。

メチオニンは髪の毛の生育に必要な栄養分なので、喫煙が原因で髪の毛が栄養不足に陥って薄毛に繋がる場合があります。

ダイエット

身体は栄養不足の状態に陥ると、内蔵などの生命を維持する上で大切な部分を優先して栄養を供給します。その際に髪の毛や頭皮に送られる栄養分は減らされるため、過度なダイエットは薄毛や抜け毛の原因になります。また、極端な食事制限や断食などが原因で感じる強いストレスが、ストレス性脱毛症を引き起こす場合もあります。

頭皮の日焼け

頭皮に日光を浴びすぎると、紫外線の影響で頭皮が火傷したような状態になります。その影響で頭皮環境が乱れて、髪の毛の成長が妨げられたり脱毛に繋がる場合があります。ただし身体に紫外線を浴びること自体は、毛母細胞の成長に必要なビタミンDが体内で増加するなど髪の毛に良い作用を与えます。

そのため薄毛対策には、日差しが強い日には帽子をかぶるなど頭皮に紫外線を浴びせない工夫をすることが大切です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧