ハゲない方法とは!?薄毛対策に役立つ生活習慣と食生活まとめ

MENU

CLOSE

ハゲない方法とは!?薄毛対策に役立つ生活習慣と食生活まとめ

薄毛対策に役立つ生活習慣

頭皮マッサージ

頭皮の血行が悪化すると髪の毛の成長に必要な栄養分や酸素などが十分に供給されず、薄毛が進行する場合があります。しかし頭皮マッサージを行って頭皮の血行を改善することで、髪の毛の健全な成長をサポートできます。また、皮脂や汚れが毛穴に詰まると髪の毛の成長が妨げられて薄毛になる場合がありますが、頭皮マッサージを行うことで毛穴の詰まりを解消できます。

さらに頭皮マッサージは、身体の血行が促進されて毛穴が開いている入浴中に行うことで、より薄毛対策の効果を高められます。そして頭皮マッサージは、爪で頭皮を傷つけないために指を立てず、柔らかい指の腹を使用して行うことが大切です。

育毛シャンプー

一般的なシャンプーには石油系界面活性剤という成分が含まれています。安価で泡立ちが良く、強力な洗浄力で汚れを落としてくれます。しかし洗浄力があまりにも強すぎるため、頭皮が必要とする最低限の皮脂まで洗い落として頭皮環境を悪化させます。

頭皮環境が悪化すると、外部からの刺激で頭皮がダメージを受けやすくなったり頭皮の血行が悪化するため、髪の毛の成長が妨げられて薄毛が進行する場合があります。さらに頭皮環境の悪化はAGAクリニックなどで処方される治療薬や育毛剤の効果を低下させるなど、薄毛対策に様々な悪影響を与えます。

しかし育毛シャンプーに含まれているアミノ酸系の界面活性剤は、必要な皮脂を残して頭皮や髪の毛を洗浄できるため、健全な頭皮環境の維持に役立ちます。

十分な睡眠

紫外線や空気中の汚れ、細菌などが原因で髪の毛や頭皮が受けたダメージは、睡眠中に分泌される成長ホルモンの作用によって修復されます。そのため睡眠不足が続くとダメージが修復されず、薄毛の原因に繋がる場合があります。

そして薄毛対策には十分な睡眠をとる必要があり、とくに成長ホルモンの分泌がもっとも活発になる22時から2時のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯に睡眠をとることが大切です。

禁煙

喫煙するとビタミンBやビタミンEといった髪の毛にとって大切なビタミン類が消費されたり、ニコチンの影響で血管が収縮して頭皮の血行が悪化するなど、髪の毛に様々な悪影響が及ぼされます。

また、最大の薄毛原因であるAGAを発症させる原因物質がDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンの一種ですが、アメリカのハーバード大学が喫煙者は非喫煙者と較べて体内に存在するDHTの量が13%も多いという調査結果を発表しており、喫煙が原因でDHTが増加する可能性が指摘されています。

そのため、AGAクリニックなどで薄毛を治療中の方は禁煙することが大切です。

薄毛対策に役立つ食生活

極端なダイエットをしない

極端なダイエットを行って身体が栄養不足の状態になると、少ない栄養分は内臓などの生命活動に関わる部分を優先して供給されます。その際に頭皮や髪の毛に送られる栄養分が減少するため、髪の毛の成長に必要な栄養分が不足して薄毛が進行します。

さらにダイエットは血行を悪化させる原因にもなるため、頭皮の血行不良が原因で髪の毛に栄養分や酸素が届きにくくなり、薄毛が進行する場合があります。

高脂肪・高カロリーな食事を避ける

高脂肪・高カロリーな食事を摂ると、頭皮の皮脂分泌量が増加します。そして余分な皮脂が毛穴を塞いだり頭皮に炎症を起こすなど、髪の毛の成長に悪影響を与えます。さらに高脂肪・高カロリーな食事は中性脂肪や悪玉コレステロールを増やして血液をドロドロにするため、頭皮環境が悪化して髪の毛に必要な栄養分や酸素が届きにくくなります。

お酒を飲みすぎない

適量の飲酒はストレスを緩和する効果があるため、ストレス性の脱毛を予防する役に立ちます。しかし、過剰な飲酒は薄毛の原因になる場合があります。体内に入ったアルコールは肝臓で分解されてアセトアルデヒドという毒性のある物質に変えられた後で、解毒されて酢酸という無毒な物質になります。

しかし、お酒を飲みすぎると解毒が間に合わずにアセトアルデヒドが体内に残ります。そしてアセトアルデヒドが体内のテストステロンをAGAの原因物質であるDHTに変えるため、AGAの症状を悪化させる可能性があります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧