どうしてハゲるの!?代表的な薄毛原因と薄毛対策を徹底解説

MENU

CLOSE

どうしてハゲるの!?代表的な薄毛原因と薄毛対策を徹底解説

主な薄毛原因【AGA、高脂肪な食事、ストレス、喫煙】

 

AGA(男性型脱毛症)

AGAは成人男性の3人に1人が抱えているといわれる症状であり、薄毛のおよそ9割はAGAが原因だといわれています。

主に遺伝が原因で発症する症状であり、5α-還元酵素という物質が体内で増加することで男性ホルモンの一種であるテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変えられ、DHTが髪の毛の毛乳頭細胞に作用することでヘアサイクルが乱れて髪の毛の成長が阻害されます。

そして、AGAを発症すると生え際がM字型に後退したり、頭頂部で薄毛が進行するなどの症状が現れます。男性に多い症状ですが、近年はFAGA(女性男性型脱毛症)という女性が発症するAGAも増えています。

高脂肪食

高脂肪な食品を摂取すると、頭皮の皮脂分泌量が増加します。そして皮脂が毛穴に詰まったり、酸化して頭皮に炎症を引き起こすことで、薄毛が進行する場合があります。さらに高脂肪食は血液内の中性脂肪や悪玉コレステロールを増やして頭皮の血行を悪化させます。そのため髪の毛が必要とする栄養分などが十分に届けられなくなり、薄毛に繋がる場合があります。

ストレス

AGAの次に多い薄毛原因がストレスです。精神的なストレスが原因で自律神経が乱れると、交感神経が優位な時間帯が続くため、頭皮の血行が悪化して髪の毛に栄養分や酸素などが届きにくくなります。その影響で痩せ細った髪の毛が増加していき、症状が悪化すると10円玉や500円玉くらいの大きさで髪の毛が抜け落ちる「円形脱毛症」を発症します。

喫煙

煙草に含まれるニコチンには、自律神経を刺激して血管を収縮させる作用があります。そのため喫煙が原因で頭皮の血行が悪化して、髪の毛に栄養分や酸素が供給されにくくなることで、薄毛が進行する場合があります。

また、最大の薄毛原因であるAGAはDHTの働きによって進行しますが、米国ハーバード大学公衆衛生学部の調査で喫煙者は非喫煙者と較べて体内のDHTが13%も多いことが判明しており、喫煙がAGAの症状を悪化させて薄毛を進行させる可能性が指摘されています。

主な薄毛対策【AGA治療薬、自毛植毛、育毛シャンプー、頭皮マッサージ】

AGA治療薬

最大の薄毛原因であるAGAは生活習慣の改善などの方法では治療できません。そのためAGAを治療するには、クリニックなどで処方されるAGA治療薬を使用する必要があります。主に使用されているのが、AGAの症状を抑制する効果を持つプロペシアや、AGAを発症した頭皮の発毛を促す効果を持ったミノキシジルです。

また、AGA治療薬の使用が原因で副作用を発症する場合があるため、クリニックなどでは患者の体質に合わせて副作用を発症しにくいように濃度を調整したものを処方しています。

自毛植毛

自毛植毛は薄毛が進行しにくい後頭部や側頭部から毛包ごと採取した髪の毛を、既に薄毛が進行している部位に植える薄毛対策の方法です。自分の髪の毛を使用するため通常の植毛よりも植えた髪の毛の生着率が高く、施術後はメンテナスが不要なので余計な手間がかかりません。しかし、保険が適用されないため治療を行うためには高額な費用が必要です。

育毛シャンプー

一般的に使用されている安価なシャンプーには、石油系界面活性剤という成分が含まれています。石油系界面活性剤は低コストで泡立ちが良いため重宝されている成分ですが、洗浄力が強すぎるため頭皮環境を維持するために必要な最低限の皮脂まで洗い落としてしまい、頭皮環境を悪化させて薄毛を引き起こす原因になる場合があります。

育毛シャンプーは高価な製品ですが、必要な皮脂を残した上で頭皮や髪の毛を清潔に保てるアミノ酸系界面活性剤という成分が使用されているため薄毛対策に役立ちます。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージを行って頭皮の血行を促進することで、髪の毛に必要な栄養分や酸素などが届きやすいように頭皮環境を整えられます。また、頭皮マッサージを行うことで毛穴に詰まった汚れや皮脂などを取り除けるため、育毛剤やAGA治療薬などが浸透しやすくなります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧