薄毛で悩んでいる人必見!ヘアサイクルのメカニズムとは? 

MENU

CLOSE

薄毛で悩んでいる人必見!ヘアサイクルのメカニズムとは? 

ヘアサイクルのメカニズムについて!

04030387d8020d22d5665b7923ee2210_s

AGAとは男性型脱毛症のことであり、AGAを発症してしまうとヘアサイクルが乱れ、薄毛や抜け毛に繋がります。髪には、ヘアサイクルというものがあります。

ヘアサイクルとは、髪が生まれて成長する成長期、成長が止まって髪が抜け落ちる準備段階に入る退行期、毛母細胞の細胞分裂が完全に停止する休止期と言う3つの期間を繰り返す周期のことです。

正常なヘアサイクルでは、それぞれ一定の期間を経て、髪が生まれ変わる仕組みになっています。髪の毛はこれら一定のサイクルで、成長と抜け落ちを繰り返しているのです。そして、個人差はありますが、人の髪の毛はそれぞれ1本1本が単独で、これら3つのサイクルを繰り返しながら一定量を保っているのです。

しかし、なんらかの原因でこのヘアサイクルに乱れが生じることで、薄毛の症状が現れるのです。ヘアサイクルの成長期に毛包の成長が不十分であった場合には、細くて弱い髪の毛になってしまい、太く長く成長できないうちに髪が抜け落ちてしまうのです。

ヘアサイクルを乱す原因について!

79389cabdee62294b4833cb334db647e_s

ヘアサイクルを乱す原因には、さまざまなものが考えられます。

男性ホルモン!

AGAを始めとする男性の薄毛の原因には、男性ホルモンが関係しています。男性ホルモンが薄毛の直接の原因ではありませんが、男性ホルモンであるテストステロンが、5αリダクターゼという酵素に還元されることで、ジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンに変換されてしまいます。

そして、この脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンが毛母細胞の受容体と結合することによって、毛根が収縮してしまい髪の成長が止まり、抜け毛に繋がることが分かっています。

毛根が収縮していると産毛程度の髪しか生えてこなくなり、やがては毛根自体も閉じてしまうのです。こうなってしまうと、今後、髪はほぼ生えてこなくなるのです。

遺伝!

一般的に、ハゲは遺伝すると思われていますが、これはあながち間違いではありません。脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンが生成される要因となる5αリダクターゼの量が多いほど、AGAになりやすいと言われています。

そして、頭皮に存在している5αリダクターゼの保有量は、遺伝することが分かっているのです。そのため、遺伝により5αリダクターゼの保有量が多い程、ジヒドロテストステロンがより生成されることになるのです。そして、結果的に抜け毛や薄毛に繋がってしまうのです。

ストレス!

ストレスが溜まることにより、自律神経が緊張するため、血管が収縮し頭皮の血行が悪くなります。頭皮の血行が悪くなると、毛細血管を通じて栄養素が運ばれているため、毛母細胞への栄養が十分に行き届かなくなり、薄毛や抜け毛に繋がります。

喫煙!

タバコを吸うと血管が収縮してしまうため、頭皮の血行不良に繋がります。頭皮が血行不良になると、髪の成長を阻害し、薄毛や抜け毛になってしまうのです。さまざまな原因によりヘアサイクルが乱れてしまうと、薄毛や抜け毛に繋がる可能性があることがお分かりいただけたと思います。

そして、薄毛や抜け毛が気になっている人は、一度、AGAクリニックを受診することをオススメします。AGAクリニックでは、専門医によるその人にあった効果的な治療を受けることができます。また、気になる費用などについては、各クリニックのHPなどに記載されているため、予算に合った治療法を選択することもできます。

まずは無料カウンセリングを受け、詳しい治療方法や薬の効果、副作用などについて、説明を受けてみてはいかがでしょうか。AGAクリニックでの早期治療を開始することで、薄毛の予防や改善から、育毛に繋げることができます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧