薄毛に悩むなら白米から玄米へ!玄米の圧倒的な育毛力!

MENU

CLOSE

薄毛に悩むなら白米から玄米へ!玄米の圧倒的な育毛力!

食べる育毛剤といっても良い玄米

c801929bc3ffb1e04483c950119a0b6c_s

玄米が健康に良いという話を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。これはほとんど疑いのない事実で、玄米には優れた健康効果があります。玄米に優れた健康効果がある理由は豊富な栄養素を含んでいることもその一因になります。

この玄米を食べることはAGAによる薄毛症状に悩んでいる人にとってもプラスになります。玄米には食べる育毛剤といっても良いほど豊富な栄養分が含まれています。例えば、玄米に豊富に含まれている栄養分としてはビタミンB、ビタミンEを挙げることが出来ます。ビタミンBで注目したいのがビタミンB2とビタミンB6。

ビタミンB2については皮脂の過剰な分泌を抑える効果があると言われています。したがって、ビタミンB2を積極的に摂取することで薄毛症状の原因となる頭皮環境の悪化を改善することが出来ます。ビタミンB2については白米の2倍の量が玄米には含有されています。

これ以外にもビタミンB6も育毛を考えた時には大切な成分になります。ビタミンB6については体内に摂取した髪の毛の材料となるタンパク質の吸収を促す効果があります。また、ビタミンEに関しては高い抗酸化作用を持っており、髪の毛をつくる毛母細胞の老化を防ぐのに効果を発揮します。

食べる育毛剤「玄米」に含まれる育毛成分

b0d7cd38fb935b0b42fb085e32b86fe7_s

さて、玄米に含まれている栄養素は上記で挙げたビタミンのみではありません。ビタミンと併せて、育毛に効果的な成分が豊富に含まれます。これらの成分には耳慣れないものも多いと思いますが、どれも育毛には抜群の効果を発揮します。

  • ポリアミン
  • γ-オリザノール
  • フェルラ酸
  • GABA
  • イノシトール

玄米にはこれだけ豊富な育毛成分が含まれています。AGAによる薄毛症状の治療の原則はAGAクリニックへの通院だということが出来ます。ただ、AGAクリニックでの治療は費用もかかりますし、場合によっては使用する育毛剤の副作用に悩まされる場合もあります。

したがって、費用や副作用の心配もなく、これだけ豊富な育毛成分を含む玄米についてはAGA治療と併せて積極的に食生活に取り入れていきたい食材といって間違いないでしょう。では、それぞれの育毛成分の効用を見ていきたいと思います。

代謝を促すポリアミン

ポリアミンについては体内に摂取することで、細胞分裂を活性化する効果があると言われています。この細胞分裂が活性化することにより、新陳代謝が促進され、老化を防ぐ効果があるとされています。このポリアミンもビタミンEと並んで毛母細胞の老化を防ぐのに効果的な役割を果たします。

ジヒドロテストステロンの抑制効果を持つγ-オリザノール

このγ-オリザノールについてはAGAの原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果を持っています。それに加えて血行促進効果、抗ストレス効果など薄毛症状を改善するのに効果的な働きをたくさん備えています。

抗酸化作用があるフェルラ酸

フェルラ酸については抗酸化作用という働きがあります。ビタミンEと同様に毛母細胞の老化を防ぐ役割があります。

IGF-1を増やすGABA

上記で名前を挙げた成分の中で最も知名度があるのが、このGABAではないでしょうか。このGABAについてはGABAを配合したチョコレートが大ヒットしたため一躍知名度が向上しました。

チョコレートに配合された時にはストレスによる免疫力の低下を防ぐことがクローズアップされていました。しかし、育毛を考えた場合には、IGF-1という髪の毛のヘアサイクルを正常に戻す効果がある物質の分泌を促進する効果がGABAにはあります。

発毛を促すイノシトール

イノシトールについては肝臓の機能を高める働きがあります。肝臓の機能が低下すると、栄養素がしっかりと生成されなくなったり、アルコールを摂取した時にその分解のために大量のアミノ酸が使われるようになります。したがって、イノシトールで肝臓の機能を強化することは育毛では非常に大切になってきます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧