治療したい方がいい!?薄毛の原因と治療方法のまとめ

MENU

CLOSE

治療したい方がいい!?薄毛の原因と治療方法のまとめ

薄毛になる原因は色々ある

男性がAGAになる要因は色々ありますが、以下の4つがAGAになる主な要因と言われています。

タバコが原因で薄毛になる

タバコを吸えば血管が収縮するため、必要な栄養が頭へ届きにくくなります。健康な頭皮を保つためにはビタミンが欠かせないのですが、タバコを吸ったせいでビタミンが破壊されてしまいます。タバコを吸えば栄養が頭へ届きにくくなるばかりか、必要な栄養まで破壊してしまうので、薄毛の原因になります。

食事が原因で薄毛になる

食事が原因で薄毛になることもあります。肉類や脂分の多い食事ばかり食べていると、多くの皮脂を出してしまいます。多くの皮脂がでると頭皮がつまってしまって、髪の毛が成長できなくなってしまい薄毛の原因になります。

睡眠不足は薄毛になる

髪の毛が最も成長する時間は、午後10時~午前2時の間と言われています。この時間帯は、髪の毛の成長を促進する成長ホルモンが最も多く出されることから、夜更かしをする生活を送っていると成長ホルモンの恩恵を受けられなくなります。

男性ホルモンが原因で薄毛になる

男性ホルモンが原因で薄毛になることがあります。ジヒドロテストステロンと呼ばれている男性ホルモンが毛乳頭と結びつくと、髪の毛の成長を止めてしまいます。健康な人の髪の毛の成長サイクルは、2年~6年のサイクルで成長を繰り返します。

しかし、たくさんのジヒドロテストステロンが毛乳頭と結びついてしまうと、2年もしないうちに髪の毛は抜け落ちることから、頭皮の薄さが目立ってしまいます。ジヒドロテストステロンが多く分泌される原因の1つに、遺伝によってジヒドロテストステロンが分泌されやすい体質になっていることもあります。

髪の毛は簡単に生えてこない

AGAが進行して薄毛になってしまうと、髪の毛は簡単に生えてこないのではないでしょうか。たとえば、タバコを吸っていた人が禁煙をしたからといって髪の毛は生えてきません。また、食生活を肉類や脂分の少ないものから野菜中心の食事に変えたとしても、すぐには髪の毛は生えてきません。

AGAが進行する前に対策を立てておくと、抜け毛を予防して薄毛になる進行を遅らせることができますが、AGAが進行してしまうと生活習慣を改善した程度の対策では髪の毛は生えてこないのが現状です。そこで、薄毛を改善する方法をそれぞれ紹介します。

治療薬を飲む

治療薬を飲むことによって発毛を促進させることができます。有効成分のフィナステリドと呼ばれる成分が入っている治療薬は、ジヒドロテストステロンの働きを抑える効果があります。そのため、成長サイクルを健康な状態に取り戻して発毛できます。有効成分のミノキシジルと呼ばれる成分が入っている治療薬は、血行を良くして頭皮に栄養を与える効果があります。

この2つの治療薬がAGAには効果がありますが、治療薬を飲んでも効果の出方は人によって様々です。また、効果を出したい部分に効果が見られないことも治療薬には見られます。たとえば、生え際に髪の毛が生えてきて欲しいのに、頭頂部の髪の毛が生えてきたり太くなったりするなどです。

クリニックで治療する

AGAはクリニックで治療ができますが、治療方法はそれぞれのクリニックによって異なります。血液検査をして薄毛の原因を調べてから治療内容を決めて、治療薬と外用薬を使用して治療するクリニックがあります。外用薬を併せて使用することで、髪の毛を生やしたい部分や成長させたい部分にピンポイントで効果を発揮できます。

他には、植毛を行う治療方法です。クリニックでの植毛は、確実に髪の毛を生やせます。治療薬を飲んだり外用薬を使用したりしても、髪の毛が生えてくるまでには時間がかかります。また、期待していた効果を得られないかもしれません。それぞれの治療方法に比べると、植毛治療は確実に効果が得られる治療方法になります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧