注目の育毛新成分!セチピプラントの魅力とは?

MENU

CLOSE

注目の育毛新成分!セチピプラントの魅力とは?

配合する育毛剤も登場間近?注目の育毛新成分セチピプラントとは?

e63826de158a66ae578f557a5b03a920_s

男性が薄毛症状に悩む場合、その原因の90パーセント以上はAGAという症状に分類されると言われています。このAGAという症状は男性ホルモンと5αリダクターゼという体内に存在する酵素が結合して生み出されるジヒドロテストステロンと呼ばれる物質が原因になっていると言われています。

このジヒドロテストステロンには毛乳頭細胞と呼ばれる細胞と結合して、髪の毛の生成を阻害する働きがあるとされています。したがって、AGAクリニックなどのAGA治療専門のクリニックにおいては、その治療の基本としてジヒドロテストステロンの生成を抑えることを目指しています。

そのためにジヒドロテストステロンを抑える育毛剤の投薬治療を行ったり、多少費用はかかりますが、直接育毛成分を頭皮に注射するという治療法を行ったりしています。ただ、近年このジヒドロテストステロン以外にも男性型脱毛症の原因になっているのではないかと呼ばれる物質が発見されました。

それがプロスタグランジンD2になります。このプロスタグランジンD2については髪の毛の毛包部分に働きかけて、その働きを弱める作用があるとされています。毛包部分については髪の毛の土台となっている部分なので、この毛包の働きが弱ることによって、髪の毛が抜けやすくなります。

結果として薄毛症状が進行することになります。このプロスタグランジンD2の働きを抑える効果があるとされているのがセチピプラントになります。このセチピプラントと呼ばれる成分はキセラ・バイオファーマスーティカルズという企業によって開発されており、現在はアメリカで臨床試験が行われている段階になります。

この臨床試験で深刻な副作用などが発生しなければ、数年以内には製品化される可能性があります。また、このセチピプラントについては、育毛効果以外にもアレルギーを抑える効果もあることがすでに判明しています。アレルギー治療効果を確かめる際に、アクテリオン製薬がアレルギー性治療薬としてのセチピプラントの働きを検証する臨床試験を実施しています。

その結果として、深刻な問題は発生していないので、育毛成分としてもセチピプラントが実用化される可能性は高いと考えられています。したがって、近いうちにこのセチピプラントが配合された育毛剤が日本でも登場する可能性があります。

セチピプラントに期待される効果

ee89d80eea8af7d2b2be5807748bd155_s

さて、このセチピプラントについてはプロスタグランジンD2の働きを抑制する効果があることは先ほど述べました。このプロスタグランジンD2の働きによって、毛包の働きが弱められて抜け毛が増えるのですが、これに以外にも髪の毛の成長サイクルを乱す弊害もプロスタグランジンD2にはあることが分かっています。

髪の毛の成長には成長期・退行期・休止期という3つの期間があることが分かっています。この3つの期間を1つのサイクルとして育毛サイクルは構成されています。ただ、このプロスタグランジンD2の働きによって、成長期というサイクルが著しく短くなります。

実際のところ、この3つの期間の中で髪の毛が成長するのはほとんど成長期の期間になっています。したがって、この成長期という期間が短くなることにより、十分に育ち切っていない強度の弱い髪の毛がどんどん増えてくることになります。

このような髪の毛はハリ・コシといった健康な髪の毛には備わっているはずの要素が欠如しているため、非常に抜けやすくなります。結果として薄毛症状が進行することになります。この育毛サイクルの成長期を伸ばして、正常な育毛サイクルが働くようにする効果もセチピプラントは持っています。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧