最大の薄毛原因『AGA』の主な特徴と治療方法を詳しく解説

MENU

CLOSE

最大の薄毛原因『AGA』の主な特徴と治療方法を詳しく解説

AGAの主な特徴について

AGAの症状

「AGA(男性型脱毛症)」は薄毛原因の約9割を占めている症状であり、日本には1260万人以上のAGA患者が存在すると言われています。頭髪にはヘアサイクルと呼ばれる周期が存在しており、「成長期」「退行期」「休止期」という3種類の時期を繰り返しています。

この内の「成長期」に髪の毛が長くて丈夫な状態に成長しますが、AGAを発症するとこの成長期が大幅に短縮されるので、薄毛や抜け毛の本数が増加します。主にAGAは思春期以降に発症することが多く、発症すると前髪の生え際が後退したり、頭頂部の薄毛や抜け毛が増加するといった症状が現れます。

また、加齢に伴って症状の進行速度が増していきますが、一度発症すると症状が自然に治ることはありません。そのため、AGAを発症した場合はなるべく早い段階でAGA対策を行うことが大切です。治療開始が遅れるほど治療が難しくなり、治療に時間が掛かるため治療費が増加するなどのデメリットが発生します。

AGAの発症原因

AGAは主に遺伝が原因で発症します。AGAは「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンの一種が頭髪の毛乳頭細胞に働きかけて、ヘアサイクルを乱すことが原因で発症します。そのため、DHTはAGAの原因物質と呼ばれていますが、DHTは「5α-還元酵素」という物質が体内のテストステロンを変異させることが原因で発生します。

そして、5α-還元酵素が体内に多かったり、その影響を受けやすい体質などは、主に遺伝によって受け継ぎます。5α-還元酵素の活性が高い遺伝子は優性遺伝するため、両親のどちらかがハゲていたり、母方の祖父がハゲている場合などにAGAを発症する可能性が高まります。

AGAの治療方法について

治療薬

AGAが原因の薄毛対策に利用されている、代表的な治療薬が「ミノキシジル」と「プロペシア」です。ミノキシジルを使用すると、頭皮に「アデノシン」という核酸の一種が多く分泌されます。

そしてアデノシンの作用によって、毛乳頭細胞から「VEGF(血管内皮増殖成分)」「KGF(角質細胞増殖因子)」などの成長因子が分泌されます。VEGFには、頭髪の成長に必要な栄養分や酸素を供給する血管の新生や修復を促す作用があります。そしてKGFには、頭髪の元である「毛母細胞」を増殖させる作用があります。

そのため、ミノキシジルを使用することで髪の毛の元を増やすのと同時に、その成長を手助けする栄養分の供給を促進できるため、高い発毛効果が得られます。また、プロペシアにはAGAの原因物質であるDHTの量を減らす作用があります。

DHTは5α-還元酵素の作用でテストステロンが変異して発生しますが、プロペシアには5α-還元酵素の働きを抑制する効果があります。そのため、プロペシアを使用することでAGAが原因の薄毛や抜け毛の進行を抑制して、髪の毛の成長を促す育毛効果が得られます。

基本的にAGAクリニックでは、プロペシアによってAGAの進行を抑制して、ミノキシジルによって抜け毛が進行した頭皮の髪の毛を増やすといった形でAGA治療が行われます。

育毛メソセラピー

一般的にミノキシジルやプロペシアなどのAGA治療薬は飲み薬として使用されます。しかし、飲み薬だと治療成分が内臓を通過するため、治療効果が全身に拡散したり、副作用を発症しやすいといったデメリットがあります。

しかし、育毛メソセラピーでは注射器を使用してミノキシジルやプロペシアなどのAGA治療薬を頭皮に注入するため、治療効果が頭皮に集中して高い発毛効果や育毛効果が得られる上に、副作用を発症しにくいといったメリットがあります。

自毛植毛

従来の植毛には植えた髪の毛が頭皮に定着しにくかったり、施術後に定期的なメンテナンスを行う必要があるといったデメリットがありました。

しかし、自毛植毛は薄毛や抜け毛になりにくい部位に生えている髪の毛をすでに抜け毛が進行している頭皮に移植する施術なので、植えた髪の毛が定着しやすく、施術後にはメンテナンスが不要というメリットがあります。また、すでに毛根が死滅しているとミノキシジルでも発毛させることが困難ですが、自毛植毛ならそうした状態でも髪の毛を増やせます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧