抜け毛が気になる人必見!薄毛の進行のタイプとは?

MENU

CLOSE

抜け毛が気になる人必見!薄毛の進行のタイプとは?

薄毛のM型・U型・O型タイプとは何?

aaa3d5db5501e7d79edbeabdb2e060db_s

額が徐々に広くなってきたり、生え際の後退が気になってきた人は、男性型脱毛症であるAGAの可能性が高いです。 AGAの原因であるジヒドエオテストステロンを増やす5αリダクターゼという還元酵素は、主に額の生え際と、頭頂部に多く存在しています。 後頭部と側頭部の髪の毛はしっかりと残っているのに、生え際と頭頂部の間の毛が薄くなるのはこのためなのです。

薄毛の進行タイプ!

髪が後退していくタイプを以下の通り、4つの型に分けることができます。

  • M型タイプ

M型タイプは、生え際の両サイドがM字に剃りこみを入れたように進行していくパターンです。 基本的にM型タイプは白人に多く、日本人にはあまり多くないと言われています。 そして、薄毛のタイプの中でも、AGA治療の効果が出にくいと言われているのがこのM型タイプです。

  • U型タイプ

U型タイプは、額の中央の生え際が後退し、額がどんどん広くなるタイプです。 また、U型タイプは、日本人に多いといわれています。

  • O型タイプ

O型タイプは、頭頂部あたりの髪が薄くなっていくタイプで、つむじ付近がOの形に薄くなる傾向があることからこのように呼ばれています。 また、このO型タイプも、日本人に多いといわれています。

  • 混合型タイプ

混合型タイプは、M型タイプとO型タイプ、また、U型タイプとO型タイプが同時に進行していくようなタイプのことです。 額と前頭部の生え際と、頭頂部の両方から薄くなる進行の早いタイプです。

薄毛の初期段階で薄毛を改善する方法とは?

59812b1bf36e3c0ef8443b09b9e3db40_s

全体的に髪が細くなってきたり、抜け毛が増えたと感じる場合は、薄毛の初期段階になります。 このような兆候がみえる薄毛の初期段階では、自宅でのケアを行うことが大切です。

自宅でのケア方法!

薄毛の初期段階では、薄毛改善のために生活の見直しを行うことが大切です。 特に、睡眠不足やストレスは、薄毛や抜け毛に大きな影響をもたらします。 男性ホルモンであるテストステロンは、たった1日の徹夜で大きなダメージを受けてしまい、そのダメージを取り戻すためには1週間も掛かってしまうのです。

これは、睡眠不足の状態が長く続いてしまうと、ホルモンサイクルが常に乱れている状態とも言えるのです。 そして、成長ホルモンの分泌に深く関わるゴールデンタイムと言われている夜10時~2時の間に、ぐっすりと眠るような生活を心掛けることが大切です。 また、頭皮はストレスをとても受けやすいため、なるべくストレスを発散させるような生活を送りましょう。

日頃から、髪を造るのに必要なタンパク質や、亜鉛、ビタミン、ミネラルなどの栄養素をバランスよく摂取することも大切です。 そして、髪にも身体にも悪影響を与えてしまう喫煙や、過度な禁酒は止めた方がいいでしょう。 このように生活習慣を改めることが、頭皮をケアすることに繋がるのです。

AGAクリニックでの治療!

薄毛の初期段階での薄毛治療のためには、AGAクリニックでの治療も検討しましょう。 AGAクリニックでは、その人に合った効果的な治療法で、薄毛の改善が期待できます。 例えば、専用の治療薬を服用することで、5αリラクターゼを抑制し、AGAの原因であるジヒドロテストステロンの発生を防ぎます。

そして、併せて専用の外用薬を使用することにより、ダメージを受けている頭皮の血行を良くし、毛細血管から毛乳頭まで十分な栄養が運ばれるよう促し、髪の毛の成長を促進させ育毛に繋げます。 このような専用の治療薬を使用する場合には、事前に副作用などの説明を必ず受けてから開始するので安心です。

基本的に、AGAは治療が早ければ早いほど、進行を食い止めやすいと言われています。 そして、早期治療を開始することで治療法の幅も拡がるうえ、治療費用による経済的負担も掛からなくて済むというメリットもあるのです。  

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧