薬に抵抗感がある人も大丈夫!植毛手術でAGAを解決!

MENU

CLOSE

薬に抵抗感がある人も大丈夫!植毛手術でAGAを解決!

良いAGA治療の見分け方を知っておこう

バランスを壊すAGA

男性型脱毛症として知られるAGAは、患者の男性ホルモンのバランスを壊す大きな要因となっています。男性ホルモンは、元々は人間の成長に必要不可欠な成長ホルモンとして有名なものであるため、髪の毛の脱毛症を考慮に入れないのならば、人間にとって有害となることはほとんどありません。

しかし、過剰に男性ホルモンを分泌している男性は、人間が先天的に持っている育毛や発毛のバランスを壊してしまうほどの大きな影響を受けてしまいます。そのため、骨や筋肉を成長させ、男らしい成人男性に近づける大きな役割を果たす男性ホルモンですが、その代償として育毛や発毛の発育に大きな悪影響を与えることも知っておかなくてはいけません。

治療の見分け方を知っておこう

男性ホルモンを要因としている以上、人間のホルモンバランスを根本的に正していかないとAGAを治療することが難しいということがわかります。そのため、AGAに関しては他の薄毛や抜け毛の症状と異なって、クリニックによる専門的な治療方法が医学的な観点から用意されています。

そして、こうした医学的な観点から用意されたAGAの治療方法は、実は学会によってランク付けが行われていて、どの治療方法が安全にかつ効果的に治療ができるのかを確認することが可能なのです。

特に、日本国内では日本皮膚科学会と呼ばれる医師によって構成された学会によって安全な治療法が提唱されていますので、AGA患者はクリニックに相談する前にまずこの一覧を確認しておくとよいでしょう。

  • A…フィナステリド
  • B…自毛植毛
  • C…塩化カルプロニウムなど
  • D…人工植毛

これらのうち、治療行為として医学的な観点から勧めることが可能なのはAランクとBランクの二つだけです。AからDでランク付けがされていて、もっとも推奨されるランクはAランクとなっています。Aランクは治療に関してとても強く推奨される治療方法であり、AGA治療をしようと考えている人は、まず第一にここに書かれている成分や薬を使って治療することが賢明です。

ただ、Aランクの治療方法が身体になじまない人も少数ながら存在します。例えば、既にAGAとは別の病気を発症させているケースです。AGAの治療薬は男性ホルモンを抑制するためのものであるため、症例は少ないですが副作用も報告されています。

ですから、身体に薬を使うことに関して不都合が存在している場合には、次に推奨されている自毛植毛という方法を選択しておけば間違いありません。CとDランクに関しては、医学的な根拠がないので少なくともクリニックで治療をする際にはこれらの二つが採用されることはまずありません。

特に、人工植毛に関しては勧めることができない手術となっており、医師がこの方法で治療を進めていくことはありません。実際に、人工植毛による手術は日本国内だけで抵抗感がもたれているわけではなく、アメリカなどの医療大国であっても手術の禁止が命じられるなどの対策がとられていますので、上記のランクは信頼背の高いものであると判断できます。

手術における人工毛髪のデメリット

BランクとDランクは、それぞれ外科的な手術によってAGAを治療する試みのことを意味しています。しかし、一方では治療が勧められているのにもう一方では勧められていません。なぜこれらで推奨ランクがここまで違うのでしょうか。そもそも、AGAというのは脱毛症のことを意味しますので、一時的に髪の毛を増毛する手術は全くと言ってよいほど意味がありません。

人工植毛というのは、ポリエステルやナイロンを利用して開発された人工毛髪をそのまま頭皮に移植する手術のことを指しますので、増毛はできますが脱毛症を抑えることが出来る手術ではありません。それだけではなく、人工毛髪を頭皮に移植すると、身体の免疫細胞が働いて移植された髪の毛に対して攻撃を始めるという副作用も確認されています。

移植前よりも症状が悪化してしまうケースがあったので、人工毛髪による手術は危険だと判断されて、アメリカなどでは既に禁止されたわけです。増毛をすることとAGA治療をすることはイコールではないので、この点は誤解をしないように気を付けておきましょう。

治療をしながら増毛する

自毛植毛の最大のメリットは、AGA治療をしながら増毛を行うことが出来る点です。自毛植毛では、患者自身の髪の毛をAGA治療をするための材料として提供することになりますので、治療をする際には自身の髪の毛をクリニックに提供できるくらいの数が残っていることが前提となります。

本来、AGA対策では髪の毛が抜けないように薬の服用などを考えるのですが、実はAGAから大きな影響を受けない髪の毛も人間には存在しています。こうした髪の毛は、AGAの対策として服用される薬の影響もそれほど受けることがないので、薬に頼らなくても髪の毛が抜けていくことはありません。

こうした非常に質の良い髪の毛を再利用することによって、AGAを根本的に治療していくのが自毛植毛という特殊な手術です。具体的には、AGAの患者は後頭部に存在する髪の毛を移植用のドナーとして提供することになり、その移植した髪の毛の成長を経過観察することになります。

後頭部の髪の毛は、男性ホルモンによって生じた悪玉の物質の効果を受け付けない性質があります。これは、脱毛作用を引き起こす男性ホルモン受容体という物質が後頭部に存在する髪の毛には少ないからです。

男性ホルモンから生まれた脱毛を促す物質はDHTと言いますが、このDHTを受け付けない髪の毛を患者が薄くなっている髪の毛に移植すると、その効果によってAGAの進行を食い止めることが出来るようになります。

また、自身の髪の毛を使うということで、患者自身に対して生じる人工毛髪のような免疫機能による暴走や副作用も心配ありません。AGA治療において、効果と安全面を兼ね備えた理想的な手術といえます。

  • 人工植毛…人工毛髪を利用して手術をする。AGAに効果はなく副作用が大きい。
  • 自毛植毛…自毛を利用して手術をする。AGAに効果があり副作用もほとんどない。

以上のように、AGA対策として一目瞭然の差があります。

メンテナンスの費用は大きくならない

基本的に、AGA治療によって生じる費用の中には、治療を継続していく中で必要になるメンテナンスの費用も含まれています。例えば、プロペシアやミノキシジルといった専門薬で治療をする際には、効果を保つために効果を体感できても持続的に薬を使い続けなくてはいけません。

プロペシアとミノキシジルの両方を望む場合には、平均しても月に1万円以上の費用を支払い続ける必要があります。一方で、自毛植毛では手術に成功するとこうしたメンテナンスを考える必要がなくなりメリットがあります。

自毛植毛の効果はAGAの症状を抑えることであるため、その効果を一度確認できた後には定期的なメンテナンスだけで済むようになり、薬を使う必要などはありません。継続的な費用の側面から考慮すると、自毛植毛では患者によって費用面で薬よりも将来的なメリットを享受できる可能性はあります。

このように、薬以外の選択があるということを知っておくと選択肢の幅が広がってとても便利です。どちらを選択するかは患者の自由ですので、自身の利用したい方法を選択すると良いでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧