その薬は本当に安全?信頼できる治療はクリニックのみ!

MENU

CLOSE

その薬は本当に安全?信頼できる治療はクリニックのみ!

なぜ安全なAGA治療はクリニックだけなのか

日本のAGA治療薬の事情

日本で安全なAGA治療やその対策を進めていくためには、クリニックに行って相談を行い、適切な対処をしてもらわなくてはいけません。これには、下記のようなAGA治療や対策におけるルールと制約があるからです。

  • 認可された薬以外は販売できない
  • 薬に伴うクリニックと保険の事情

AGA治療は日進月歩であるため、日々様々な薬が開発されて研究が行われていることに間違いはありません。ただ、それを薬として日本国内で利用することが可能かどうかは全く別問題であるといえます。例えば、2016年末までに厚生労働省が認めた薬は数えるほどしかありませんので、それらの薬以外に関してはクリニックで処方することも許されていません。

日本で利用できる薬は少数であり、しかも認可された薬は一般的な薬として市場で販売することが認められていない特徴もあります。巷にあるドラッグストアに行けば、風邪を治療する薬や熱を下げるための解熱剤などが販売されていますが、こうした薬を販売することが可能なのは、国からそうした薬の発売が認められているからです。

日本は、特に薬の販売に関してシビアな側面があるので、ルールを守らない方法で販売することはできません。そして、薬を扱うクリニックの問題もあります。一般的に、AGA治療で必要になる薬は、AGA治療を専門としているクリニック以外では置いていないところが非常に多いです。

これは、薬を処方したとしても患者が保険の適用を受けることが出来ないためです。AGA患者は、クリニックで処方してもらう薬に関しては自己負担で薬を購入しなくてはならないので、薬を入手するクリニック側の負担も大きくなりますし、それを購入する患者の負担も大きくなる傾向があります。ですから、一定の治療や対策におけるルールと制約が存在するのです。

普通の医薬品とは立場が違う

クリニックで扱うことが可能な薬であっても、AGA治療薬における医薬品の立場は、他の薬とは異なります。普通、薬に関する保険の適用を受けることが出来るようになるのは、それが先進的な薬ではなく、一般化されて多くの人に認識されるような治療薬としての立場を確立するようになってからです。

薬の権利というのは非常に長くて、特許が切れるまでに数年以上も待たなくてはいけないことも多くありますが、これは薬の効果や安全面での立場の確立にどうしても時間がかかるからにほかなりません。

先進的で新しい薬ほど、薬としての効果にどれほどの価値があるのかがわかりづらいので、AGA治療だけではなく、がん治療などの薬の効果がわかりづらい先進的なものに関しては、ほとんどすべてこのような考え方がされています。ですから、AGA対策で治療を進めていくときには、なおさら自己判断で勝手な治療をしないように気を付けなくてはならないのです。

クリニック以外のAGA治療薬もある?

上記のように、AGA治療に関してはクリニックであっても薬の扱いに関して慎重な立場にあることがわかります。きちんと相談したうえで患者に適した治療プランを立ててもらわないと、安心できる治療を進めていくことは難しいのです。

実際に、インターネットの発達によってAGA治療薬に関しては、その安全性が確保されているかどうかもわからずに利用することが出来る機会が増えています。これは、AGA患者にとっては懸念しなくてはならない事態です。例えば、AGA治療に関するジェネリック医薬品はこの問題の最たるものです。

ジェネリック医薬品は、後発医薬品と呼ばれる医薬品で、特許があった先発医薬品の成分を分析して、その効果と近い医薬品を生成して販売している薬のことを意味します。当然、ジェネリック医薬品は先発医薬品の模倣品としての立場であるため、それが正規品として生成されているのならば安全性に問題はありません。

しかし、インターネット上では正規品かどうかもわからないジェネリック医薬品を容易に購入できる環境にあります。クリニックでも保険が通用しないような薬もあるのに、そうした方法で薬を入手することは安全性を欠く可能性が高いということを理解しておくことが大切です。

なぜAGA治療薬のジェネリックにはリスクがあるのか

ジェネリック医薬品の注意喚起に関しては、使用や入手方法の注意に関して厚生労働省からも通知が行われています。本来、ジェネリック医薬品の安全性は極めて高いものなのですが、AGA治療薬に関して問題となっているのはAGA治療薬の入手先が日本国内ではなく海外の市場となっている点です。

これは、既に述べた通り日本国内で自由にAGA治療薬を販売することが出来ないことと無関係ではありません。

  • 普通のジェネリック医薬品…市場で購入できる
  • AGAのジェネリック医薬品…市場で購入できない

普通の風邪薬や解熱剤などのジェネリック医薬品は、国内の一般市場でも販売が認められていて、それを購入することもできます。そして、それらの医薬品に関する安全性も非常に高いので安心して利用可能です。ところが、AGAのジェネリック医薬品は様々な法律的な問題から自由に国内で販売することが認められていません。

そのため、AGAのジェネリック医薬品を購入する際には、インターネットで個人輸入の代行業者を探して、その代行業者に海外のジェネリック医薬品を購入してもらうように依頼しなくてはならないのです。一見すると、普通に薬を購入できるようなサイト構成になっていますが、その発売元は日本国内ではなく海外になっているので、その安全性を確保することが出来ません。

厚生労働省が安全であると宣言しているジェネリック医薬品は日本国内で入手できるものであり、海外で販売されているジェネリック医薬品に関してはその安全性に関して断言していません。むしろ、注意喚起をして偽物を利用しないように促しています。

民間の調査会社のリサーチでは、AGA治療薬や勃起不全の治療薬など、特に世界的にも人気の高い治療薬については偽物が混ざっている確率が50%近くも存在するというデータを出しているくらいです。ですから、安全性が確認できない海外のジェネリック医薬品は、なるべくなら手を出さないほうが安全なのです。

AGA治療薬は年々安くなる

リスクの高い海外のジェネリック医薬品でなくても、日本のクリニックで処方してもらえる医薬品を利用すれば安全にかつ安く治療ができます。そもそも、海外のジェネリック医薬品を購入する患者がいたのは、海外で販売されている薬のほうが日本国内で処方される薬よりも安かったからという単純な理由がありました。

海外のジェネリック医薬品の中には、日本のクリニックで処方される薬の半値以下のものも存在しますので、継続的な費用の支出を嫌って個人輸入に逃げる人が大勢いたという背景があります。しかし、2015年に日本国内で処方されていたプロペシアというAGA治療薬の代表的な薬の特許がようやく切れて、ジェネリック医薬品を多くの会社が生産することが可能になりました。

民間の会社から薬の大量生産が可能になると、それを仕入れるクリニックの負担も軽くなり、処方価格もどんどん安くなります。そのため、これからAGA治療薬は年々下がっていくことが予想されています。これからは、日本国内で安価で安全性が高い薬をクリニックで入手しやすくなる可能性が高くなるので、AGA対策を考えるのならばクリニックで相談することが賢明なのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧