診断までが問題!AGAのセルフチェックを忘れずに!

MENU

CLOSE

診断までが問題!AGAのセルフチェックを忘れずに!

AGAは診断までが問題になる脱毛症

3f1cf3a1b68da59c1441cd5c5d2f71c1_s

脱毛症を自覚するべき

クリニックで治療を受けることができれば、AGAはそれほど怖い症状ではありません。それにもかかわらず、AGAの潜在的な患者数は一定している傾向にあり、減少する見込みがありません。これは、AGAにかかっている患者が自身の脱毛症に全く気付いていないからに他なりません。

特に、男性が頭を悩ませている薄毛の症状に関してはその大半がAGAであるということが医学的にもわかっているのに、それを治療しようとする患者は驚くほどに少ないのです。これは、男性がセルフチェックで正しく自身の頭皮の状況を確認することができていない何よりの証拠です。

巷には髪の毛の育毛や発毛に効果があると謳われている製品が数多くありますが、AGAに関してはこうした製品を利用して間違った対策をするといつまでも治療することができないので、正しい理解が大切なのです。

女性は特に注意

AGAの治療に関しては、特に女性の人が注意をしなくてはいけません。女性であっても、更年期などを経験することによってホルモンバランスが変化してしまい、髪の毛が脱毛してしまうことがあります。しかし、女性のこうした脱毛症は男性のAGAとは全く異なる原因であるので一緒にしないように気を付ける必要があります。

AGAは男性型脱毛症であるため、男性のための専門の治療薬が既に認可されている状況で、これは海外の市場であっても変わりありません。女性の中には、こうした男性専用の薬を個人輸入などによって海外から入手しようと考えている人もいますが、一般的に男性ホルモンを抑制する薬を女性が利用すると、取り返しのつかない副作用が女性の身体に生じてしまう可能性が高くなります。

この副作用は男性に対して生じるものとは比較にならないので、女性が薄毛の治療をするときには男性以上に頭皮の脱毛症のチェックをしなくてはいけません。

簡単なセルフチェックをしよう!

251cea7296738e4fbf0de3f00a7a973d_s

AGAは世界的に注目されている脱毛症なので、脱毛症が生じているかどうかを簡単に見極めることが可能なセルフチェックの方法が確立されています。その中でも、特に素人であっても簡単に確認できる項目は以下の通りです。

  • 他人と比較して体毛が濃い
  • 頭皮の一部分の脱毛が酷い
  • 市販の育毛剤や発毛剤で改善されない

AGAは、単純に男性ホルモンのバランスの問題だけではなく、髪の毛に存在する男性ホルモンを受け取るための受容体という部分も重要になっています。髪の毛にはそれぞれ発毛を阻害する物質を受け取りやすい受容体が存在し、そうした部分と発毛阻害物質が結合すると脱毛症が発症します。

言い換えれば、男性ホルモンを受容しない髪の毛の場合には脱毛症は発症しません。人間の髪の毛には、男性ホルモンを受容する髪の毛と受容しない髪の毛が明確に分かれていて、特に頭頂部や前頭部に受容体が存在することが多いのです。

そのため、頭皮の中でもこうした部分で薄毛の症状が進行している場合にはAGAを発症している可能性が高いと簡単に判断できます。また。これらに加えて体毛の濃さと市販の育毛剤や発毛剤の効果を比較すればほぼ完璧に素人でも判断できます。

医学的にも、体毛の濃さと将来的な脱毛症の関連性はある程度証明されていて、体毛が濃い人ほどAGAを発症させる確率が高いこともわかっています。

そして、こうした人は市販で購入できる育毛剤や発毛剤では目に見える効果を体感することができませんので、費用を無駄にしないためにもクリニックで診断をすることが求められます。簡単なチェック方法ですが、自覚がし辛いAGAに関してはこの方法がとても有効なので、セルフチェックをして正しい治療をしてもらうように準備をしましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧