紫外線は薄毛を進行させる!?薄毛に有効な育毛剤の成分とは? 

MENU

CLOSE

紫外線は薄毛を進行させる!?薄毛に有効な育毛剤の成分とは? 

紫外線は頭皮にも悪影響!

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s

特に、頭頂部は紫外線の影響を受けやすい部分です。 紫外線を浴びることは、身体にもそうですが頭皮にとっても良くありません。 また、紫外線により日焼けしてしまうと、頭皮は硬くなってしまいます。そして、頭皮を守っている皮脂が酸化し、その影響で毛穴に炎症が起きる場合もあります。

このように紫外線を浴びることにより、頭皮が老化したり、毛母細胞にダメージを与えることになり、頭皮環境を悪くしてしまいます。 外出の際は、必ず帽子などを被り、頭皮を守るように心掛けましょう。 しかし、帽子により頭皮が蒸れてしまっては、さらに頭皮環境を悪化させてしまうため、蒸れにくい紫外線防止タイプのものを選ぶようにしましょう。

育毛剤の成分について

f2a541850ef8b7221a78142af8adc82a_s

育毛剤には、ドラッグストアで手に入るものから、クリニックで処方してもらうものまで、さまざまな種類があります。 代表的な有効成分には、薄毛に効果的といわれている有名なものがあります。

ミノキシジル

ミノキシジルは、唯一発毛効果が認められている成分で、血管を拡張させる働きがあります。 生活習慣の乱れなどで頭皮がダメージを受けることにより、血行の流れが滞ってしまうと毛根に十分な栄養が行き渡らないため、髪の毛は健やかに成長することができません。 ミノキシジルは、そのようなダメージを受けた頭皮の毛母細胞に直接働きかけ、細胞分裂を活性化させてくれます。

ミノキシジルが配合された育毛剤を頭皮に直接塗ることによって頭皮の血行を良くし、毛細血管から毛乳頭まで十分な栄養がスムーズに運ばれるように促します。 その結果、 頭皮にある毛根の奥まで栄養が行き渡ることができ、髪の成長を促進させることができるのです。 このミノキシジルが配合された育毛剤は、ドラッグストアなどでも購入することが可能です。

フィナステリド

フィナステリドは内服薬ですが、外用薬としても効き目があると言われています。 このフィナステリドが配合された育毛剤は市販されていないため、クリニックで処方してもらわなければなりません。

フィナステリドには、AGAの原因であるジヒドロテストステロンを増やす5αリダクターゼという酵素を抑える働きがあります。 フィナステリドを使用することで、毛母細胞の働きを妨げるジヒドロテストステロンを発生させないようにし、抜け毛を防ぐことができるのです。

オタネニンジン根エキス(高麗人参)

オタネニンジン根エキスは高麗人参のことですが、ホルモンバランスを整えたり、毛母細胞に刺激を与えたりするような直接的な効果はありません。 しかし、血管や細胞を傷つけ、身体を酸化させてしまう活性酸素を抑えるという抗酸化作用があります。 そ

のため、このオタネニンジン根エキスは、シャンプーや育毛剤に配合されている場合も多く、補佐的に使用されています。 薄毛に悩んでおり、このような有効成分配合の育毛剤による治療を受けたい人は、1度、AGAクリニックで診断を受けるのがオススメです。

薄毛は少しでも進行していると自分で改善することは難しいため、クリニックでの治療が必要になります。 AGAクリニックでは、その人の薄毛の原因を突き止め、その人に合った効果的な治療を受けることができます。 また、抜け毛が増えだしてから早い段階で治療を開始すると、治療の効果が出やすく、また、費用面も抑えることができます。

薄毛の治療にとって、早期発見、早期治療はとても重要なことなのです。 そして、不安なく安心して治療を受けることができるように、事前に無料カウンセリングを行い、治療方法や治療の効果、治療薬、副作用などについて、詳しい説明を受けることができます。 髪の悩みや治療相談など、何でも専門医に相談するようにし、納得した上で治療を開始することができます。  

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧