生活習慣を見直せばハゲが治る?今日から始めるAGA対策

MENU

CLOSE

生活習慣を見直せばハゲが治る?今日から始めるAGA対策

生活習慣を見直すとAGAは治るの?

AGAは、額の生え際や頭のてっぺんの髪が思春期を過ぎたあたりからだんだん薄くなっていくもので、成人した男性によくみられる症状です。

AGAの原因は、一般に遺伝と男性ホルモンと言われています。男性ホルモンのひとつ、テストステロンは脱毛ホルモンとも呼ばれていますが、これが頭皮の血行が低下させ、髪の成長期を短くする原因になっているとみられています。髪が長く太く成長するための成長期が短くなると、十分に育つことができず、細くて弱々しい髪になったり伸びる前に抜けやすくなったりして、次第に薄毛が進行してしまいます。

また男性ホルモンの分泌量や感受性は、両親から子どもに遺伝しやすいと言われています。つまり両親がAGAだと、子どももAGAになる可能性が高いのです。

このようにAGAは、あくまで男性ホルモンと遺伝が原因であって、一般的に日頃の生活習慣によってAGAが発症するわけではないと言われています。まずは専門医の診断を受けてAGAであると判明したら、専用の治療薬を用いて改善のための治療を行うことになります。

治療は、皮膚科や内科、またはAGA専門のクリニックなどで受けることができますが、健康保険が適用されないため費用が高額になることもあります。また治療を始めてもすぐに効果があらわれるとは限らないため、数ヶ月から数年のスパンでの通院が必要になります。ですから少しでも早く効果を実感したいなら、やはり生活習慣を見直すことが重要になります。

AGAの発症は生活習慣には関係ないと言われていますが、生活習慣を見直すことによって治療の効果を高めることはできます。せっかく高い治療費をかけても、生活習慣が乱れていれば効果は上がりません。AGAの改善、または進行をストップさせるには、クリニックでの専門的な治療と生活習慣の改善の2つの対策を同時に行っていくことが必要になります。

AGA治療の効果を高める生活習慣とは?

早寝早起き

髪は睡眠中に毛母細胞が活発になることで成長します。日中に浴びた紫外線やホコリなどのダメージも、睡眠中に修復活動が行われます。特に午後10時から午前2時にかけては、ゴールデンタイムと呼ばれ、この時間帯にしっかり寝ていると成長ホルモンがたくさん分泌されます。

成長ホルモンは、毛母細胞を活性化して髪の成長や修復に欠かせませんので、ぜひゴールデンタイムに睡眠を取るように心がけましょう。夜早く寝るためには、生活のリズムを前倒しして、毎朝早く起きる習慣をつけることが大切です。

ストレスを減らす

日常生活では何かしらのストレスを受けてしまいますが、ストレスを発散せずにためてしまうと、血管が縮みやすくなり頭皮の血行が悪くなります。頭皮は血行が悪いとカチカチに固まって、髪の成長に必要な栄養素が行き届かなくなってしまいます。髪の成長サイクルが乱れて、薄毛を進行させてしまいますので、こまめにリラックスをして、できるだけストレスをためないように心がけましょう。

適度な運動

運動不足は肥満や血行不良を引き起こします。肥満になると、皮脂の分泌量が過剰になるため、頭皮の環境が悪化してしまいます。また運動をせずにダラダラと過ごしていると、全身の代謝が悪くなり、頭皮の血行も悪くなってしまいます。

かといって、激しい運動は内臓に負担をかけますので、ゆっくりとしたジョギングやウォーキングなど体に無理のない運動を毎日の生活に取り入れてみましょう。適度な運動を行うことによって、代謝がアップして髪にも栄養が届きやすくなります。

禁煙や適度な飲酒

喫煙をすると体内のビタミンCを破壊するため、髪の成長に必要な栄養素が不足してしまいます。たばこに含まれるニコチンは頭皮の血流を悪化させ、髪の成長を阻害します。またお酒を飲むと、体内に入ったアルコールはアセトアルデヒドという有害物質に変わり、肝臓で分解されます。お酒を飲み過ぎると、アセトアルデヒドが大量に生成され分解が間にあわなくなります。

アセトアルデヒドは頭皮の血行不良を引き起こし、抜け毛を増やしてしまう原因になります。クリニックでの治療効果を高めるためにも、たばこを吸っている人は禁煙をしたり、普段からついお酒を飲みすぎたりしまう人は量を減らすように心がけましょう。

自宅で行う効果的なヘアケア法とは?

クリニックでの治療の効果を高めるには、自宅でのケアが大切です。強く健康な髪を育てるために、土壌となる頭皮の血行を常に良くしておきましょう。頭皮の血行を促進するための対策としては、自宅でのシャンプーやマッサージが効果的です。

正しいシャンプーの仕方

まずシャンプー剤選びで迷うと思いますが、育毛効果のあるシャンプーを使っても、それだけでAGAを改善することはできませんので、育毛効果よりも頭皮の汚れをしっかり落としてくれるシャンプーを選びましょう。

基本的にスカルプケアをメインにしたシャンプーであれば、毛穴の汚れを落とす目的で作られていますのでオススメです。シャンプーをする前には必ずブラッシングをしましょう。実はこのブラッシングが重要で、絡まった毛をほぐしておくことによってシャンプー時に抜ける毛を少なくすることができます。また髪についたホコリやフケをブラッシングで落としておくと、毛穴の汚れが落ちやすくなります。

次にシャンプー剤をつけずにぬるめの温度のシャワーで2分ほど洗い流します。これによって頭皮の汚れを落として、シャンプーの泡立ちが良くなります。シャンプー剤を手にとって、泡立ててから頭全体になじませていきます。指の腹を使って頭皮を適度な力でマッサージしながら洗います。

すすぎもぬるめのお湯で、泡が完全になくなるまで頭皮をもみこみながら洗い流しましょう。すすぎが不十分だと、毛穴にシャンプー剤がつまり、薄毛の原因になってしまいますので、5分ほどかけてしっかりすすぎましょう。

正しいシャンプーをすることによって、頭皮を清潔に保つことができるため、健康な髪が育ちやすい環境が整います。

正しいスカルプケアの仕方

シャンプーで頭皮がスッキリしたら、育毛剤などを使って頭皮をマッサージしましょう。育毛剤を使っただけでAGAを改善するのは難しいですが、血行を促進する効果はあります。育毛剤が頭皮にきちんと行き渡るように、髪が長い人は髪を分けながら塗ったり、スポイトなどを使ったりして、少しずつ塗ると良いでしょう。

爪を立てないように指を使って、頭皮を持ち上げるようにマッサージします。はじめは固まって全く動かなくても、マッサージを続けることによって少しずつ柔らかくなっていきます。ただし頭皮の皮膚は薄くて傷つきやすいので、力を入れすぎないようにしましょう。心地よいと感じる程度の力がベストです。

頭皮環境を良好にするための食生活とは?

AGA治療の効果を高めるための対策としては、日々の食生活も大切です。揚げ物など脂肪の多い食事や糖分や塩分を多く含む食べ物は、血液がドロドロになりやすく、薄毛の原因となりますので控えめにしましょう。髪に良い栄養素は、たんぱく質や亜鉛、ビタミン類などです。

髪の主成分はたんぱく質ですが、体内のたんぱく質は髪よりも内臓を動かすために優先的に使われます。不足すると髪を育てる分が足りなくなり、薄毛や抜け毛の原因になりますので、食事で積極的にとりましょう。健康な髪を育てるには、ひとつの食品に偏ることなく、バランスよくいろいろな食品を食べることが大切です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧