【AGA治療】薄毛の治療後はリバウンドする?生えた後の変化

MENU

CLOSE

【AGA治療】薄毛の治療後はリバウンドする?生えた後の変化

薄毛外人

☆薬の服用をやめれば元の状態に戻る

AGAの治療を受けていてある程度の結果が出たら治療を終了する人もいるでしょう。しかし心配なのは、治療後にリバウンドしてもっと薄毛がひどくなってしまうのではないかというところです。

実際には、治療薬の服用をやめるとやはり薄毛は進行していきます。そして元の状態に戻ってしまうのです。AGAの治療薬は薄毛の原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑える作用がありますが、その効果は薬を服用している期間に有効になります。

つまり治療中に毛根が自発的に活性化するわけではないということです。そのため、薬の服用をやめた治療後はその作用はなくなってしまい、徐々に元の薄毛の状態に戻っていきます。

前よりひどくなるということはない

治療後には元の状態に戻るといっても、リバウンドのように急激に髪が薄くなったり前の状態よりもひどくなったりといったことはありません。

リバウンドをしたと感じるのは、やっとフサフサに生えてきた毛が薄くなることに不安を感じ、症状がひどくなったと思い込む心理的な要素が働くためといわれています。

治療によって生えた髪が抜け落ちるまでにも毛髪サイクルによって時間がありますから、その変化は急なものではありません。

ただし薄毛は進行し続けるため、前の状態にまで戻ってからもそのままにしているとさらに髪が薄くなってしまうことはあるでしょう。

治療のやめどきを考えてみる

03ef857d85e3cae9eae3401bd3469d34_s

AGAによる薄毛を食い止めるには治療薬の存在が不可欠であり、治療後に服用をやめれば元に戻るため、髪が生えた状態を維持したいなら治療を続ける必要があるといえます。

しかし、長期的にクリニックに通い続けるには手間もかかりますし治療費も支払い続けなければなりません。そのため、患者さんの中には治療に区切りをつけて治療後の薄毛の進行を受け入れるという人もいるようです。

例えば結婚相手を見つけるために薄毛を治療したいと思っている人なら結婚を機にやめる場合もありますし、年を重ねて薄毛でも違和感がなくなるころに治療をストップする人もいます。

日ごろのケアで進行を遅らせる

AGAの治療後には少しずつ薄毛が進行してしまうことは確かです。リバウンドというほどひどいものではないにしても、また薄毛の状態に戻るのは抵抗があるという人もいるでしょう。治療中にやっと生えてきてくれた髪を少しでも守るためには、日ごろから頭皮ケアを継続して行うことが大切です。

AGA治療にも用いられているミノキシジルは頭皮に塗布するタイプのものが市販されていますから、それを使用するのはおすすめです。生活習慣を見直して薄毛につながる要素を排除するのも健康な髪を保つ方法のひとつです。

どうしても薄毛を食い止めたいなら自己責任で個人輸入のジェネリック医薬品を購入するという方法もあります。

まずは医療機関を受診して医薬品に副作用がないことを確認したうえで、個人輸入なども使っていくことをおすすめします。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧