【AGA治療】発毛治療薬プロペシアが効かない人もいる?

MENU

CLOSE

【AGA治療】発毛治療薬プロペシアが効かない人もいる?

p1150459

AGA治療に主に使用されているのは「プロペシア」という薬です。しかし残念なことにプロペシアを服用しても、その効果を実感できない人は少なからずいます。

どうしてプロペシアが効かないのか、その疑問に触れる前に、まずはプロペシアがどんな薬か、ご説明しておきましょう。

プロペシアとはAGA治療の際に使用される医療用医薬品のことで、「飲む育毛剤」などと呼ばれています。男性型脱毛症にのみ有効で、他の脱毛症の適応はありません。また女性の服用は禁止されています。

副作用として性欲減退、勃起不全、精子減少などが挙げられます。副作用が現れても大抵の場合症状は軽度であり、プロペシアの服用を中止することで、ほとんどの症状は緩和されます。

「効果がない」の定義とは?

プロペシアの効果を勘違いしていることで、効かないと感じてしまう人がいます。プロペシアは脱毛ホルモンである「5aリダクターゼ」の生成を抑える薬であり、成長過程の髪の脱毛を防ぐのが主な効果です。

つまりプロペシアはあくまで脱毛を予防する薬であって、発毛を促す薬ではないのです。このことを理解できていない人が、生え際などで発毛が見られないから効果なし、と誤った判断をしてしまうのです。

薬が効果を発揮しないケースとは?

医薬品

プロペシアの効果で脱毛ホルモンを抑制できていても、過度のストレスや乱れた食生活など、髪の成長を阻害する要因が他にあるせいで、抜け毛が減らないケースがあります。どれだけ効果的な薬を服用しようとも、薄毛・抜け毛を引き起こす生活習慣を改めない限り、薬の効果を実感するのは困難です。

また単純に、AGAではなく脱毛ホルモンの5aリダクターゼを原因としない抜け毛や薄毛に関しては、プロペシアは効果を発揮できません。髪の毛を作り出す毛母細胞自体が弱っていたり、死んでしまっていたりする場合も、AGA治療は難しくなります。

プロペシアの自己判断での使用はやめよう

プロペシアは今ではネットを通じて、個人輸入サイトなどで簡単に手に入る時代です。しかも価格も安いものが出回っているため、せっかくなら市販の塗る育毛剤よりプロペシア!と思う人もいることでしょう。

しかし上記の通りプロペシアが効くかどうかは、AGAによる悪性男性ホルモンの影響で薄毛になっているか否かで大きく変わってしまいます。

最悪の場合は満足な薄毛治療効果を得ることがかなわないまま、副作用のトラブルリスクだけを抱えてしまうということにもなりかねないのです。

本来はプロペシアは医師の処方が必要な医薬品であるため、とりあえずと安易な自己判断でプロペシアを使うのはおすすめできません。

薄毛を治療したいのであれば、まずはAGAを専門としているクリニックで初診を行ってもらい、プロペシアが効果ある症状なのか?副作用などの危険性がない体質かどうか?医師の判断を仰いでからの方が確実です。

効果がないかも?と不安になって行動しないよりは、薄毛はできるだけ早期に対策をしていくに越したことはありません。

薄毛治療を専門としているクリニックも増えてきましたので、まずは自分が通える範囲に治療院があるかどうか調べてみることから始めてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧