なぜ起こるの?若くしてAGAを発症する人の理由と対処法

MENU

CLOSE

なぜ起こるの?若くしてAGAを発症する人の理由と対処法

若くしてAGAを発症する理由とは

86186ce0a9293f158d8b8528bb17f089_s

AGAは、若い人でも発症することがあります。たとえば10代でも20代でもAGAで薄毛が目立つようになることがあるのです。でも、そもそも何故10代20代でAGAを発症してしまうのでしょうか?

過度なストレス

まず考えられる大きな原因の一つが、過度なストレスです。30代40代でも、人にはストレスはかかります。でもそれは、ストレスというよりはプレッシャーであることの方が多くなってきます。プレッシャーはある意味では自分を奮い立たせるモノになります。

でも10代20代のストレスはそういうものとは違います。理不尽におこられたり、見下されたり、あるいは人間関係に気を使わないといけなかったりと、何の役にも立たないストレスがかかるのです。

それも、30代40代よりも多く。だから、それが理由になり、ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンがすごく活発になり、AGAを発症するという事があるのです。

睡眠不足

10代20代の場合は、睡眠不足によるホルモンバランスの乱れも原因として十分考えられます。当然ながら人間にとって睡眠はすごく重要です。それは自律神経やホルモンバランスを整える為に重要なのです。ホルモンバランスはもちろん、自律神経が乱れて血液がうまく行き届かなくなるということも、AGAの原因となるので、睡眠不足もよくないことです。

遺伝

遺伝という可能性もあります。親族に、同じように若くしてAGAを発症している人がいたら、自分も同じように若くしてAGAを発症して薄毛になってしまうということがあるのです。AGAは、遺伝するものなのです。だから、もし若くして髪の毛が薄毛になりはじめたら、親族の髪の毛の状態を一度確認してみると良いでしょう。

塩分や脂質過多の食事

10代20代というのは、すごく味の濃いものを好む傾向にあるでしょう。そしてそんな味の濃いものはだいたい塩分が多すぎたり、脂質が多すぎたりします。塩分や脂質が多すぎると、血液のめぐりを悪くしてしまうのです。だから、それがAGAの原因になることもあります。

若くして起こるAGAにはどう対処するべきか?

65f1f07ade840a5281a93d005578f661_s

若くしてAGAが発症している時、その原因はだいたい上記のようなところにあるでしょう。では、そんな風な原因でAGAが発症したら、10代20代の方はどう対処するべきなのでしょうか?

まずはクリニックへいく

10代20代でAGAを発症したら、まずはクリニックに行くようにすると良いでしょう。AGAのクリニックは、別に30代40代の大人の男性だけがいるわけではありません。それは確かに10代の方はあまりいないかもしれませんが、20代の方は問題なくたくさんいます。

10代の方があまりいないというのも、そもそも10代の方はあまりAGAを発症することがないからいないというだけで、10代だから行きづらい理由があるとか、そういう訳ではありません。だから、クリニックに行っても居心地が悪くなることはないでしょう。早くクリニックに行けば、髪の毛へのダメージが少ない段階でいけるので、治療もしやすいです。

10代20代であればまだそこまで深刻でもないでしょうし、その段階でいけば治療がすぐに終わる可能性も高いと言えるでしょう。そうしたら副作用が出る心配も少なくなります。費用は掛かりますが、治せる可能性が高いのですから、行った方が良いです。

思い当たる原因を改善することも当然必要

クリニックに行くだけでなく、思い当たる原因をなおすことも当然必要です。食生活の改善や睡眠時間の確保、ストレス解消などもしっかりと行っていかないと、クリニックの効果も出づらくなります。

しっかりと育毛していくためには、発症しているAGAに対処するだけでなく、その大元の原因へのアプローチも必要です。10代20代ではそれへの対処も大変かもしれませんが、それも自分の将来の為と思い、努力してみてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧