なぜ保険は適用されない?AGA治療を安くする方法!

MENU

CLOSE

なぜ保険は適用されない?AGA治療を安くする方法!

AGA治療に費用の計算は必須

5f7379ba2228551dd75e088c7fdfeade_s

長期の治療が必須

AGA治療においては、費用の計算を事前にしておくことは必須であるといえます。これは、どの治療方法を利用したとしてもAGA治療が長期的になってしまうケースが大半だからです。なぜ治療が長期になってしまうのかというと、AGA治療がその人の発毛サイクルに合わせて行われるからです。

人間の発毛のサイクルは、成長期だけを見ても数年単位で存在しますので、サイクルに合わせて治療を継続していくと数年の治療が必要になるケースが多いのです。

副作用だけではなく、育毛や薄毛治療の効果の出方も患者によって違っていますし、短期で判断すると間違った判断をしてしまう可能性もあります。ですから、費用倒れにならないようにするためにも必要な費用を計算して中途半端な治療にならないように気を付けておく必要があります。

保険は適用されないの?

結論から述べると、AGA治療には保険を適用させることができない事情があります。基本的に、保険の適用の有無に関しては厚生労働省が定めている医療保険の範囲に分類されているかどうかで決まります。AGAに関しては、実はこの分類に属しておらず、明確に分類すると美容整形と同じカテゴリーで分類されています。

医療に関する分類はとても複雑でかつ面倒です。実際に医療の現場で治療行為が行われているのに、保険の対象外となっているケースはとても多いです。これはがん治療などで利用される最新の治療方法を確認すれば一目瞭然でわかります。

最新の技術を利用しているものが保険の対象となるためには、その技術が一般化してどのようなクリニックであっても使えることができるくらいに常識化されなくてはいけません。

この点、AGA治療で利用される薬や新薬というのは特許などの問題によって未だに権利関係で後発医薬品を国内で作ることができないものが多く存在します。実際に、2016年になってから認可された最新のAGA治療薬も存在するくらいなので、AGA治療の現場で保険が適用されるまでにはまだまだ時間がかかると判断されています。

一部の例外はある

しかし、最新の医療技術を用いたり、厚生労働省に認められていない医療行為であってもごく一部に関しては保険が適用されるケースもあります。それは、AGAに伴う脱毛症が他の病気の併発によって生じたと医学的に判断できるケースです。

AGAの発症原因に関しては男性ホルモンが中心であると考えられていますが、ストレスが原因となって、脱毛を促進するDHTの生成が活性化する可能性があるという指摘もされています。

そのため、他の病気などによって精神的な苦痛に苛まれ、それが結果的にAGAの発症原因として認められるようになったケースでは保険の適用が認められることもあります。この場合には、厚生労働省の認可ではなく税務署に対して確認を取らなくてはならないことに注意をしましょう。

AGAの費用の相場を考えよう

05359ed2b6ecd0f03d42a7edadd7d51e_s

保険が適用されないケースでは、なるべく費用を小さくするために相場を考えなくてはいけません。目安として考慮すると、一ヵ月あたりで必要になるAGA治療の平均的な費用はだいたい3万円程度であると考えられています。

これは、処方される薬が錠剤だけではなく外用薬も含まれているケースが多いからです。一般的に、錠剤として処方される薬はプロペシアですが、この薬の相場は1ヵ月あたりで7000円から2万円程度までかなり広範です。これは頭皮の状況に応じて服用しなくてはならない量が異なるからです。

これに加えて、外用薬のミノキシジルを併用することになるので一般的に3万円程度の費用が相場と判断されています。このことから、早期の段階でAGAを発見して治療を進めていくことができれば、利用する薬の量を減らすことができるので実は比較的容易に費用を抑えることが可能だとわかります。そのため、自身の頭皮の状況をカウンセリングしてもらって、薄毛治療に必要な薬の用量を計算することで安く治療できる可能性が高くなるのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧