なぜ効果が違う?AGAに効く薬と効かない薬の違い!

MENU

CLOSE

なぜ効果が違う?AGAに効く薬と効かない薬の違い!

なぜ効果が実感できない?

2793555d0f79b3904276bc80964134ff_s

薄毛の改善を自力で進めている人の中には、市販の製品を利用したとしてもその効果を実感できていない人がいます。では、巷に溢れるドラッグストアで育毛剤や発毛剤を購入しても、増毛や発毛を実感することができないのはなぜなのでしょうか。

  • 体質に合わない
  • 薄毛の症状に適していない
  • 医薬品ではない

一般的に考えられるのはこの三つです。特に、市販の育毛剤や発毛剤は頭皮に対して直接塗布するタイプのものが多く、内服薬として服用するものは皆無であると言っても過言ではありません。しかも肌に対して塗布するタイプの製品は、患者の肌に合っているものと合っていないものが極端に分かれる傾向があります。

例えば、頭皮が敏感肌なのに脂性の人が利用する専用の育毛剤を使ってしまうと頭皮の皮脂を必要以上に奪ってしまうこともありますので、逆効果になってしまうリスクもあります。ですから、自身の頭皮の状況を詳しくわかっていない人は、まずクリニックに行って頭皮の状況をカウンセリングしてもらうところから始めなくてはいけません。

薄毛の症状に適した製品

50392e0c04dc5f226d75ba52581e6776_s

薄毛を改善するためには、それぞれの薄毛の症状に適した製品を選択しなくてはいけません。特に重要なのが、AGAのように特定の対策を考えないと脱毛症を抑えることができない薄毛です。

原因が特定されているAGAでは、ピンポイントでその原因を除去するための対策を行わなくてはいけませんので、それ以外の対策を延々行っていたとしても費用と時間を無駄に浪費してしまうことになります。

事実、AGAに関しては医薬品の指定を受けている文字通りの薬でなければ薄毛を治療することはまずできません。しかし、現実的にこの点を理解している薄毛患者はそれほど多くはありません。これは、統計的なAGA患者の現状を見ても明らかであると言えます。

過去に行った調査では、AGA患者の全体数は1200万人以上で、その中で薄毛治療を受けた人は全体数の約半分程度であるという試算が出されています。つまり、半数以上の人は薄毛の対策を行っているにもかかわらず、自身の薄毛の原因が何であるかを特定することができない現状にあることがわかります。

こうした原因を特定できずに闇雲に費用を無駄にして治療を行っている状況下では、患者自身にとって正しい治療法や対策を考えることが難しいのは容易に理解できます。だからこそ、市販の製品を利用して育毛や発毛を実感できない人がとても多いわけです。

AGA対策に重要な薬の分類

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

AGAの治療を実現するためには、まずAGAによく効く製品を選択しなくてはいけません。そのために重要になる製品には二つのカテゴリーがあります。

  • 医薬品…薬として認定された薬品。
  • 医薬部外品…薬とは認定されてない製品

世の中には、いわゆるサプリメントと呼ばれる人間の健康状態を補助するための製品が数多く溢れています。実際に、育毛や発毛に良い栄養分と考えられているアミノ酸や亜鉛などは、サプリメントを利用することによって簡単に摂取できます。

ただ、こうした人間の健康状態を補助するための製品は医薬品ではなく、あくまでも企業が身体に良い影響があると独自に試算して販売している製品にすぎません。つまり、ここには身体に対して影響を及ぼす医学的な根拠は何も存在しないのです。

これは、育毛剤や発毛剤にもそのまま当てはまりますので製品を選択する際には必ず注意をしなくてはいけません。ドラッグストアで入手できる育毛剤や発毛剤の中でも、医薬部外品と明記されている製品は医学的に効果があるかどうかわからないものです。特に、近年は単純な育毛剤や発毛剤だけではなく育毛シャンプーなどと言った製品も大々的に販売されています。

確かに、これらの製品には髪の毛の成長に不可欠な栄養分が豊富に含まれているのですが、これが結果的に頭皮や髪の毛の成長に対してどのような効果を発揮するのかは明確ではありません。一般的な薄毛や抜け毛に対する症状に関しても不確定な要素が多いのですから、確固たる対策をしないと効果がないAGAについては特に効き目がないと判断されても仕方がないわけです。

クリニックが処方するものは全て医薬品

122bce51439c6782f607afffc7a5d269_s

医学的に証明できるか

市販薬と違って専門的なAGAの治療は、クリニックで診断を受けて適切な対策をすることで長期的には大半の人が治療の効果を実感することができます。これは、クリニックが処方するAGA治療のための薬が全て医薬品であるからに他なりません。治療薬として医薬品に分類されることは、医薬部外品に分類されることと決定的に以下の点で異なっています。

  • AGAへの効果を医学的に証明、または説明できるか
  • 副作用があるか

大切なのは、薬としての効果を医学的に証明、または説明できるかどうかです。例えば、クリニックで処方されるAGA治療薬に関しては脱毛作用を引き起こすDHTという物質の生成を防ぐ効果を医学的な観点から容易に説明できますので、これによる臨床試験での効果も過去に立証されています。

一方で医薬部外品の効果の証明は、そもそも医師を主導とした患者を対象にする治験とは異なるものであるため、患者からサンプルをとることができません。また薬としての効果がある成分を使うときには、必ず医薬品としての認定を受けなくてはいけませんが、特許や著作権の問題でAGA治療薬には自由に薬を作って販売できない制限もあります。

事実、発毛剤として有名なミノキシジルは特定の企業の専売特許になっていて、他の企業がこの成分を利用することは権利関係上で不可能になっています。そのため、AGAに対して効果的な薬を開発することは、手段の面から見てもかなり限定的になっているのです。

ですから、新しいサンプルを使って医学的に効果があるかどうかを証明することはとても時間と労力がかかってしまい、医薬品と異なって医薬部外品の効果を説明することは難しいのです。

実は副作用の有無はとても重要

薬としての副作用が存在するかどうかは、AGAに効果があるかどうかと密接に関連しています。薬については間違った知識を持っている人がとても多い現状ですが、その中でも特に多い勘違いが副作用の有無なのです。

基本的に、薬として定義されている医薬品の中に副作用が存在しないものはありません。逆に述べれば、副作用が存在しない薬は医学的な観点から見て薬とは言えないことになります。これはとても重要なことで、AGA治療において副作用を全く確認されていない製品と言うのは薬としての効果を発揮できないことと同義になるので、実は利用しても意味がありません。

薬には、元々その薬が持っている主作用という有効な作用と、その薬には出てほしくなかった作用である副作用の二つがあります。これらの作用はどのような薬であっても併せ持っている本質的なものであるため、例外はありません。

副作用が生じるかどうかに関しては患者の体質や病状にもよりますが、少しでも間違った使い方をしてしまうと逆効果になってしまうリスクがあるのが医薬品の特徴です。AGAに効く薬を判断するときも、これらの基準を念頭に置いておくと間違った製品で対策をしなくても済みますので効率的に対策ができます。

幸いにも、AGA治療を行う際には医薬品によって主作用のみを存分に発揮できるように患者それぞれの頭皮の状態をカウンセリングしてから治療を進めることになります。そのため、不安がある人はまず自身で判断するのではなくクリニックで無料の相談をすると良いでしょう。そうすれば、AGAによく効く薬やそれに伴う対策の理解をより深めることができます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧