薄毛の人は要注意!間違った頭皮ケアが薄毛に繋がる! 

MENU

CLOSE

薄毛の人は要注意!間違った頭皮ケアが薄毛に繋がる! 

間違った頭皮ケアについて!

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

毎日間違った頭皮ケアを行うことで、頭皮へのダメージが積み重なり、抜け毛や薄毛の原因になる可能性があります。

同じ髪型

いつも同じ髪型をしていると、分け目などの地肌が見える部分も同じであるため、頭皮は紫外線などの刺激を受けやすくなります。 また、髪の毛を無理に引っ張ったり、いつも同じ縛り方をするような髪型をしていると、毛根にも負担が掛かり抜け毛の原因となります。 これを防ぐためには、時折、髪型や分け目などを変えるようにすることが大切です。

刺激が強いシャンプー

刺激が強いシャンプーを使用していると、頭皮の保護に必要な皮脂を根こそぎ奪ってしまうことになり、頭皮環境によくありません。 長く使い続けていれば、抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。 最近は、香りやツヤを出すために、頭皮への刺激が強い成分や、泡が多くでるような成分のものが多く市販されていますが、頭皮のためには、刺激の強すぎない優しいシャンプーを選ぶようにしましょう。

髪を洗いすぎる

皮脂が気になり1日に何度も洗髪すると、頭皮はさっぱりするかもしれませんが、頭皮環境にはよくありません。 1日に何度も洗髪することで、皮脂を取り過ぎてしまい、逆に、皮脂の過剰分泌を招く恐れなどもあります。 そうすると、また頭皮がベタつく元となり、悪循環に陥ることになります。 頭皮のヘアサイクルが乱れてしまうと、薄毛や抜け毛に繋がる可能性があります。

洗髪の際は、正しい洗い方で1日に1回、夜に行うのがオススメです。 洗髪は毎日行うものなので、正しい洗い方をしているかどうかで、頭皮環境に差が生まれます。 将来的にみて、少しでも頭皮環境が良くなるように、髪の土台作りのためには、洗いすぎず正しい洗い方を心掛けるようにしましょう。

髪を乾かさずに放置

洗髪の後、髪を乾かさずに濡れたまま放置していると、頭皮に菌などが繁殖しやすくなります。 濡れた状態の髪は、非常にデリケートなため、髪が痛みやすい状態といえます。 特に、濡れたままの状態で寝てしまうと、髪と枕が擦れ合い、髪のキューティクルが剥がれたり、髪が痛んだりしてしまいます。 そして、フケや頭皮の痒みの原因になる場合もあるため、洗髪後はタオルドライをし、ドライヤーでしっかりと乾かすようにしましょう。

帽子を長時間被り続ける

帽子を長時間被り続けていると、どうしても頭皮が蒸れやすくなります。 頭皮が蒸れた状態が長く続いてしまうと、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。 また、汗や老廃物が皮脂と混ざることで角栓ができ、これによって毛穴が詰まったり、抜け毛の原因になる場合もあります。 そのため、帽子を長時間被る場合は、時々脱いで換気をすることが大切です。

紫外線を浴びる

肌と同じで、紫外線を長時間浴びるのは、髪や頭皮にもよくありません。 紫外線を浴びると毛髪のキューティクルが傷つき、髪がパサついたり、切れ毛や枝毛の原因にもなります。 さらに、頭皮にもダメージを与えてしまい、毛根が萎縮するなど、頭皮環境が悪化し、薄毛や抜け毛に繋がります。

AGAクリニックで診断を!

e233fe3c3e536416799be83af4055c7e_s

日頃から、正しい頭皮ケアをしていても薄毛が気になっている人は、AGAクリニックで診断を受けてみてはいかがでしょうか。 AGAクリニックでは、安心して治療を受けられるように無料カウンセリングを行い、治療の効果や治療薬、副作用などについて事前に詳しい説明を受けることができます。

また、費用はクリニックによって違いますが、最近では月5000円前後からAGA治療薬などを試すことができるクリニックなどもあります。 自己判断による頭皮ケアだけではなく、専門医による治療法を試してみることで、薄毛の改善効果が期待でき、育毛に繋がります。  

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧