薬の使用のみ?自毛植毛を行う?それぞれの治療法や費用について

MENU

CLOSE

薬の使用のみ?自毛植毛を行う?それぞれの治療法や費用について

薬を使ったオーソドックスなAGA治療

2つの目的でAGAにアプローチ

薄毛が気になりだしたら、まずは市販の育毛剤の利用を考えるかたが多いでしょう。しかし、より効果的な改善策を取りやすいのは、クリニックに足を運んで専門家に症状を診てもらい、薬を使った治療を行う方法になります。AGAに対して処方される薬には何種類かありますが、その主な治療目的は大きく分けると2つです。

  • 成長期にある髪の毛が途中で脱毛しないように阻止する
  • 薄毛になった部位に発毛を促す

AGAは、酵素である5αリダクターゼが男性ホルモンと結びつくことで脱毛物質であるDHTを生じさせ、それが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体のアンドロゲンレセプターに反応をすることで発症します。そのため、DHTを発生させる原因である5αリダクターゼの働きを制御することができれば、AGAによって起こる脱毛対策が期待できるのです。

クリニックで処方される薬の中でその効果を含んだポピュラーな成分がフィナステリドになります。

また、薄毛を改善させるためには脱毛を阻止しながら発毛を促進させることが必要です。髪の毛の成長に大きく関わる毛母細胞や毛乳頭細胞の働きを活性化させるため、血行を促進させたり頭皮環境を整える効果がある薬を利用します。代表的な成分がミノキシジルです。

フィナステリドとミノキシジルはAGA治療薬として正式に認可を受けた成分で、薄毛の解消に高い治療効果を得られます。

治療薬の効果はどのくらい持続するのか

薬による治療を行う上で気になるのが効果の持続時間ですが、薬の使用を中止すれば有効成分の効果も当然切れてしまいます。そのため、利用し続けている間は薬が効き続け、止めれば元の状態に戻ると考えてください。

薄毛が改善してきてもう問題ないだろうと判断しても、薬の使用をストップすればその状態をキープできず、AGAの症状が進行してしまいます。従って、薬で治療を行う場合にはこれから先何年も使用し続けることを考えなくてはなりません。

薬を処方してもらう際に注意したいこと

薬であることから副作用の問題が出てきます。正しく使用していればほぼ心配はないとされていますが、アレルギー体質であったり身体に合わない成分がある場合などは、深刻な症状が表れないように充分に配慮していかなければなりません。

中には医師からの処方を受けずに個人輸入で手に入れられる薬もありますが、副作用のリスクを軽減させるためにはなるべくクリニックで診察を受けた上で使用するのが安全です。

また、その薬が自身の薄毛の症状にマッチしているのかということも重要です。人によって症状の出かたが異なりますし進行度合いも違いますので、きちんと検査を受けた上で使用する薬を選んでいく必要があります。

自分の髪の毛を移植する自毛植毛

自然な髪を生やせるのがメリット

AGA診療のガイドラインにおいては、フィナステリドとミノキシジルが治療の有効性でA判定を受けています。それに続くB判定となっているのが自毛植毛です。AGAの症状は前頭部と頭頂部に集中し、アンドロゲンレセプターが存在しない側頭部や後頭部は薄毛にならないという特徴があります。

この側頭部と後頭部から髪の毛を採取して、薄毛になってしまった部位に移植をするというのが自毛植毛です。

自身の髪の毛を利用することから拒絶反応が起こりづらく、定着をすればその後は通常のヘアサイクルを繰り返し髪の毛を生やし続けられます。5αリダクターゼの影響を受けづらいという特徴を持ったまま移植できることから、その部位がAGAによって薄毛になる心配はありません。

メンテナンスの必要がない

自毛植毛は手術後にメンテナンスを行う必要がなく、通常の頭皮ケアを行っていくだけで問題ありません。手術後に一時、ショックロスと呼ばれる脱毛の症状が出て余計に薄毛が進行した状態になってしまったり、痒みや赤みが出ることもありますが、すぐに落ち着いて半年から1年程度かけて新たな髪の毛が生え揃っていきます。

定着率も95%ほどと高く、自然な仕上がりにすることが可能です。

複数の手術方法から選べる

植毛をするためのドナー採取にはいくつかの方法があります。

  • ニードル法
  • FUT法
  • FUE法など

ニードル法は針を使って頭皮に穴を空け、1本ずつ植え込みをしていく方法です。傷口が目立ちにくいというメリットがありますが、手間と時間がかかってしまいます。FUT法は毛包単位でメスを使ってまとめて採取し移植をする方法で、自毛移植の手段としては最もポピュラーです。

FUE法は同じく毛包単位で採取を行う方法ですが、パンチを使用してくり抜くのが特徴になります。メスを使わないため縫合の必要がありません。

いずれも自身の髪の毛を利用していることから一度に広範囲の移植を行うことはできず、薄毛の範囲が広ければ数回に分けて手術を行わなければなりません。植毛プランをしっかり立てることが大切です。

薬を使った治療と自毛植毛のそれぞれの費用について

薬でAGA治療を行う場合

クリニックによってある程度相場が異なってきますが、1ヶ月にかかる薬代は1種類で8千円から1万円程度が平均となっています。自由診療になるため保険が適用されず全額自己負担です。

2種類の薬を併用すれば倍額になりますし、他にもクリニックが独自にブレンドしているサプリメントなどを利用すればもっと費用がかかるので、実際には2万円から3万円ほどかけているケースが少なくありません。

月額払いとなるため、定期収入がある方でしたら生活を圧迫するほどの出費にはならない印象ですが、薬を長期間利用し続けなければならないことを考えるとかなりの高額になります。月に1万円でも年に12万円、それを10年続ければ120万円にプラスして毎回の診察代が必要です。

自毛植毛にかかる費用

自毛植毛の手術は、移植をする髪の毛の量や手術方法、薄毛の範囲によって違いがあります。生え際などの狭い範囲の移植であれば60万円程度から、頭頂部を中心とした広範囲の移植が必要であれば100万円から150万円、200万円を超えるケースも多く見られます。ただし、手術をすればそれ以降のランニングコストが必要ないという点ではお得です。

薬による治療との違いは、移植後に定着をすれば見た目が確実に変化する点にあります。薬は最悪の場合、長年治療を続けても思うように症状が改善しないケースも考えられますが、自毛植毛は半年から1年の短期間で髪の毛を生やすことが可能です。

どの方法で薄毛の改善を目指すか

成功すれば効果が高い自毛植毛の注意点

薄毛をできるだけ短期間で改善したいというのであれば自毛植毛が有効です。特に、長期間薄毛対策を行わずに放置された毛根は毛母細胞が再生できないほどの状態になってしまっているため、薬による治療だけでは改善することが難しくなります。

ただし、自毛植毛は医師のスキルに大きく左右される部分もある方法です。手術の仕方によっては定着率が低くなったり、理想通りの髪型にならないなど失敗例が少なからずあります。

なるべく最新技術を採用しており、手術の症例数が多いクリニックを選択するように注意をしてください。そのためにも無料カウンセリングを利用して複数のクリニックを比較検討していくことが大切です。

最初は薬を使った治療に取り組もう

植毛は身体を傷つけて行う手術ですから、効果が高くても身体へのダメージを考えていかなければなりません。それと比較をすれば、薬を使った治療は塗布したり内服するのみで手軽なものになります。手始めに取り組むには最適です。

AGAの症状は、早期治療を始めていけば薬だけで充分に改善が可能です。症状が軽ければ薬の使用量も少なくて済みますし、安い薬を選んでいけば治療費を抑えられます。

特効薬と言われるほど効果のある薬を使うことができるため、実際に薬だけで8割程度のかたに改善効果が見られています。そのため、まずは薬を使った治療を行いつつ、効果の出かたを見ながら自毛植毛への切り替えを検討していくのがおすすめです。

最終的にどちらの方法で対策をしていくかは個人の判断に委ねられますが、メリットとデメリットをよく考えて解決を試みてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧