薬だけではない!?AGAは患者の協力で手術でも改善できる!

MENU

CLOSE

薬だけではない!?AGAは患者の協力で手術でも改善できる!

AGAの根本的な問題を理解しよう

aaa3d5db5501e7d79edbeabdb2e060db_s

なぜ脱毛してしまうのか?

薄毛に悩まされている多くの患者は、主に以下の症状で苦しめられています。

  • ストレスや疲れによる薄毛
  • 食生活の乱れによる薄毛
  • 体質による脱毛

AGAは、上記の三つの中でも一番下の体質による脱毛に分類されるものであるため、抜け毛の症状が出ると患者の努力だけでは元の状態に回復させることがとても困難な症状になっています。

例えば、食生活が乱れたときにはそれによって生じた栄養のバランスを満たせば抜け毛の症状を改善させることができます。これは市販の育毛剤やサプリメントを利用することによって比較的簡単に実現が可能なので、自力で抜け毛の症状の対策ができることを意味しています。

一方で、体質によって抜け毛が生じてしまうAGAでは、市販の育毛剤やサプリメントを使ったとしても脱毛作用を抑えることができないので、抜け毛の根本的な対策とは成りえないのです。ですから、症状を改善したいときには本格的な治療をするためにクリニックに行ってAGAに効果的な治療とアドバイスを受けなくてはいけません。

ホルモンは体質によるもの

AGAの原因は、その患者が生まれたときの体質によって持っているホルモンにあります。特に、男性ホルモンの分泌量が普通の人と比較して多い人はAGAを発症させやすいので、このケースでは20代や30代でも薄毛になりやすい特徴があります。誤解をしてはならないのは、男性ホルモンそのものは人体にとってはとても重要なもので、人間にとっては無くてはならないものだということです。

基本的に、AGAは病状と言うわけではなくその人の頭皮のコンプレックスの問題にすぎません。もっと一般的に述べれば、男性ホルモンの分泌量が多い人ほどハゲやすい体質になり、そうではない人はハゲにくい体質になっているという違いだけです。

文字通り、体質の問題であり放置しておいたとしてもAGAそのものは人体に大きな悪影響があるとは限りません。だからこそ、単なるコンプレックスの解消に対して副作用がある薬を使うことに懸念を感じている人も多いのです。

錠剤の副作用が気になる?

cd7e4e488833855056ee4aec52c15e99_s

AGA治療を受けようと考えている人の中には、治療に伴う副作用を懸念している人が少なくありません。確かに、AGA治療で利用する薬は医薬品であるため人体に影響を与える薬を使います。AGA治療で最も使われている治療薬にプロペシアと言う錠剤がありますが、これは男性ホルモンを抑制して脱毛を促進するDHTという物質の生成をストップさせてくれるとても重要な薬です。

しかし、男性ホルモンを抑制する一面がありますので男性機能の低下を招いてしまうリスクも存在します。ただこのリスクに関しては統計上とても少ないもので、安全性に関する副作用に関しては4%程度しか存在しません。

男性機能への副作用に限定するとわずか1%程度しかありませんが、身体に対して何らかの影響があるのも事実ですので薬を避けたいと考えている人がいても不思議ではありません。ですから、副作用を感じずにかつAGAも治療したいときにはプロペシアのような医薬品を使わない方法でクリニックで治療をしてもらわなくてはならないのです。

髪の毛が残っていれば別の治療法もある

af114d0a96bed31d1dc4bdc2fdff0085_s

患者に協力してもらう方法

AGA治療では、錠剤や塗り薬による治療方法だけではなく外科手術のように頭皮に髪の毛を移植することによって症状を改善させる療法が存在します。この治療法は、患者自身に残っている髪の毛を使って植毛手術をするかなり特殊な手術であるため、実際に手術をする際にはAGAの患者の髪の毛がわずかでも良いので移植できるだけの本数が残っていることが前提となります。

これを自毛植毛と言い、自毛植毛はプロペシアなどの錠剤を使わずに治療をしたいと考えている人のために作られた画期的な手術なのです。自毛植毛の良い点は、医薬品を利用することと異なって自身の髪の毛を移植しますので、医薬品のような副作用を気にする必要がない点にあります。

また、極端な例でいえば一度手術に失敗したとしても期間をおけばまた手術をすることもできますので、治療による失敗を考えなくても良いメリットもあります。

成功すれば一生もの

自毛植毛のメリットは、手術に成功すればその効果を一生期待することができる点にあります。自毛植毛は、単純な増毛手術ではなく定着した頭皮から新しく発毛させる効果もありますので、手術に成功するということはAGAの症状に悩まされなくても済むようになるということを意味しています。この原理は、実は錠剤によって脱毛作用を抑えることと似ています。

本来、プロペシアによって男性ホルモンを抑制するのは、発毛効果があった部分に脱毛作用を発生させないようにするためです。育毛剤や発毛剤を利用してどれだけ髪の毛を成長させても、AGAの作用でせっかく成長させた髪の毛が脱毛していては意味がありませんよね。

自毛植毛やプロペシアの治療にはこうした脱毛作用の抑制効果がありますので、実際に手術が終わるとAGAのことを気にしなくても良くなります。事実、現実的に自毛植毛に成功したとしても移植した髪の毛そのものは1ヵ月から2ヶ月程度経過すると自然と抜け落ちてしまいます。

移植した髪の毛がずっとその場所で定着して成長するわけではありません。重要なのは、髪の毛が抜けた後にその下から新しい髪の毛がまた生えてくるかどうかにありますので、自毛植毛ではこの点がとても重要視されるのです。

医薬品よりも時間がかからないメリットがある

b6a0a8a7486681d90a72d238d890315a_s

自毛植毛の効果はすぐにわかる

自毛植毛の効果は、プロペシアによる脱毛作用を抑制する時間と比べるとかなり短い時間で確認することが可能です。プロペシアは、どのような患者に対して投与するにしてもAGAの症状が確認できる限りは継続的に投与し続けなくてはならない傾向にあります。

平均すると1年以上の継続的な投与で約半数以上の患者が効果があったと臨床試験では報告されているくらいなので、さらにそれ以上の効果を確認するためには2年、3年とその治療を継続させていかなくてはいけません。一方で、自毛植毛の効果は移植した髪の毛が脱毛して発毛を確認できるまでの数ヵ月程度でわかります。

この期間内に新しい発毛効果があれば手術は成功で、なければ手術は失敗していることを意味します。手術をしてから効果を確認できるまのでプロセスが医薬品と比較してもわかりやすいので、長期的な治療を拒む人は自毛植毛の方が良いと言えます。

手術と医薬品の費用を必ず比較しよう

AGAの治療を進めるときには、必ず手術にかかる費用と継続的にかかる医薬品の費用を比較しなくてはいけません。一般的に、自毛植毛の費用は患者に必要な移植用の髪の毛を移植する本数で決まります。この移植する髪の毛は株と呼ばれるもので、それぞれのクリニックにはその株に従った株の単価が用意されています。

この単価と患者の頭皮の面積や移植する株の本数で費用が決まりますので、移植する本数が多い場合にはそれだけの費用が必要になります。反対に、初期段階でそれほど移植する必要がないときには大きな費用は必要ないので、とてもリーズナブルな費用で手術ができます。

一方で、医薬品の費用と言うのはほとんど固定です。初回費用では安くしてくれるクリニックもありますが、一般的にプロペシアの処方価格は7000円程度を推移していますので、これを継続的に買い続けるとなるとかなりの費用になります。

継続的に使うことを前提に考慮すると、長期的には医薬品に支払う費用の方が手術よりも大きくなってしまう可能性もありますので、そうならないようにどちらがより効率的に治療ができるのかを必ず考えるようにしておきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧