クリニック以外は危険?AGA治療薬の偽物に注意!

MENU

CLOSE

クリニック以外は危険?AGA治療薬の偽物に注意!

AGA治療薬の入手方法を考えよう

59812b1bf36e3c0ef8443b09b9e3db40_s

クリニックや製薬会社から購入する

AGA治療薬はその名前の通り、医薬品として提供されているものであるため権利や資格がない人や店舗が勝手に販売することはできません。通常、AGA治療薬を正規に入手できる手段は以下の二つがあります。

  • 医療施設
  • 薬の製造元

AGA治療薬の入手方法として最も安全なのは、医療施設で処方してもらうことです。日本国内の薄毛の医薬品は、指定を受けたものであるのならばそれを扱っているクリニックに相談することで必ず処方してもらうことが可能です。これに関しては、保険の適用があろうがなかろうが同じです。

確かに、保険の有無によって必要になる費用はかなり異なりますが、保険は薬の取り扱いに関して決めている制度ではなく、医薬品として取り扱うことが可能な薬ならば手続きをすることで育毛剤もAGA治療薬も両方クリニックから簡単に入手することができます。

実際に、市販では入手することができない薬は問い合わせをすることで薄毛や育毛の薬に限定せず、すべてクリニックで購入可能です。また、薬の製造元も認可を受けていれば直接その薬を販売することが可能です。基本的に、薬の販売や転売に関する取り決めは薬事法という法律によって決められていますので、薬事法に反した販売は不可能であることを知っておきましょう。

それ以外の入手方法もある?

実は、AGA治療薬に関してはクリニックや製薬会社から入手するだけではなく他の方法でも入手できる手段があります。それは、日本国内ではなく海外で販売されているAGA治療薬のジェネリック医薬品を購入することなのです。

日本と海外では薬事の考え方が異なっていて、日本国内では製造することが不可能なジェネリック医薬品も開発して販売することが認められています。ジェネリック医薬品というのは、先発的に開発された薬の成分を他の会社が模倣して開発、販売している医薬品のことを意味します。

ですので、ジェネリック医薬品は後発医薬品と呼ばれていて、その名前の通り先発医薬品を分析して後発的に製造、販売していることが特徴です。海外で販売されているジェネリック医薬品は、個人の目的で輸入をして治療目的に使うだけならば薬事法に反せずに利用することができます。

もちろん、輸入する目的が販売目的や転売目的であった場合には薬事法違反になってしまいますので、この点に関しては間違ってはいけません。販売や転売だけではなく、譲り渡す場合であってもダメなので海外から輸入して使う場合には気を付けて取り扱いましょう。

海外の薬は危険?

987eca87017b5f2fa265f89558d4724a_s

個人輸入で購入できる薬は、日本で購入できるAGA治療薬と何が違うのでしょうか。

  • 費用
  • 副作用
  • 正規品

海外で購入すると、大量生産された医薬品であるため費用を小さくできるメリットがあります。後発医薬品は成分を模倣しているため薬の効果はほとんど同じで、正規品であるのならば副作用に関しても日本国内のものとほとんど変わりはありません。

ただし、この正規品というのがポイントで、実は海外から輸入できる治療薬にはかなり多くの偽物が入っていて、それを服用することで人体に大きな副作用が生じることもあります。日本国内のAGA治療薬と比較して費用に関しては半値以下になることもありますが、服用することに関しては完全に自己責任になりますので体調が悪くなってもどうすることもできません。

事実、統計的な試算では海外から個人輸入が可能なジェネリック医薬品は、AGA治療薬に限らず半数近くが偽物である可能性があるというデータも発表されていて、厚生労働省からは注意喚起の声明も発表されています。

自己責任でおかしな副作用が出てもよい、それでも安い費用で購入したいと考えるのならば別ですが、確実な正規品を利用したいのならば安全にかつ安心して治療ができるクリニックで相談することが無難であることを忘れないようにしておきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧