50代でも大丈夫?高齢時のAGAにも薬は効果的なのか

MENU

CLOSE

50代でも大丈夫?高齢時のAGAにも薬は効果的なのか

50代でもAGAの治療薬は効く

b578ed8844b706627041f6958880c33f_s

クリニックで処方されるようなAGAの治療薬は、たとえ50代であっても効くと考えてよいでしょう。なぜなら、AGAというのは、男性ホルモンが原因でおこっていて、AGAの治療薬というのは、その男性ホルモンを抑制するためにあるからです。

そもそも男性ホルモンは、年齢ととも減少していくものですから、それをさらに抑制できるのであれば、効果的だと考えるのが普通です。なので、AGAで困っていたら、50代でも迷わずクリニックを尋ねましょう。

ただし効かない場合もある

ただ、50代の場合は、効かないこともあります。それは、すでに毛母細胞が寿命になってしまっているという場合です。AGAの人の場合、毛母細胞の寿命はすごく早くなると言われています。

だいたい25年から50年くらいで寿命がきてしまうことがあるのです。だから、AGAを発症し始めて、なるべく早い段階で治療をはじめていかないと、50代の人の場合は、毛母細胞が寿命になってしまう事があります。

毛母細胞が寿命になってしまうと、そこからはもう毛が生えなくなるので、当然その分薬の効きも悪くなると言えるでしょう。まだ生きているところの寿命を伸ばすことしかできなくなるわけですから。

育毛しづらいのも問題

AGAによる薄毛を完全に解消するためには、当然ながらしっかりと育毛をしていかないとなりません。副作用のリスクや、ある程度の費用をかけて治療を進めていっているわけですから、ただ現状が維持できるようになったというだけでは嫌だという人も多いでしょう。

だから、育毛をしないとならないのですが、50代の場合ここにも問題があります。それが、50代では成長ホルモンがあまり出ないので、育毛もしづらいということです。成長ホルモンというのは、死ぬまで出続けると言われています。だから、20代でも50代でも問題なく出ることは出ます。

でも、20代のそれと50代のそれではやはり量がまったく違うと言えるでしょう。だから当然育毛もしづらいのです。だから、薬の効果を実感するまでには、50代の方が長い時間がかかるようになる可能性は高いと言えます。それは理解しておいた方が良いでしょう。

50代の場合、AGAと関係ない場合も多い

59812b1bf36e3c0ef8443b09b9e3db40_s

50代の男性の薄毛の場合、実はAGAと関係ないという場合も多いです。なぜなら、一般的にその位の年齢になれば、普通の老化現象として髪の毛が抜けていくことがあるからです。そうした一般的な老化現象に対してAGA用の治療薬を使っていったとしても、それは当然効かないでしょう。

男性ホルモンが関係していないのに、男性ホルモンを抑制したって何の意味もありませんから。なので、50代の方が薄毛の治療を始めようと思った時には、必ずクリニックに行ってみる事をおすすめします。

クリニックに行ってみれば、そもそも自分はどういう形の薄毛なのか、AGAなのかあるいはそうではなくただの老化現象として薄毛になっているのかということをしっかりと判断してくれて、その上しっかりとそれからの治療方針についても相談に乗ってもらえます。だから、まずはクリニックに行ってみるのが正解です。

特に50代で急に来た場合はAGAでない可能性が高い

なんとなく30代40代の時から薄毛になりつつあって、じわじわきていたというのであれば、AGAである可能性も高いと言えますが、もし50代になってから急激に薄毛になったというのであれば、それはAGAではなく別の要因である可能性が高いです。何度も言いますがAGAというのは男性ホルモンが影響をしている病気なので、それが少なくなりつつある段階で急激に発症するということはあまり考えられないのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧