健康な髪の毛を取り戻そう!髪の毛にハリとコシを生む方法

MENU

CLOSE

健康な髪の毛を取り戻そう!髪の毛にハリとコシを生む方法

髪の毛のハリとコシについて

ff2ed7e076e6d3ece2a2b383b5250b89_s

「髪の毛にハリが無くなってきた。」、「髪の毛のコシが感じられない。」といった表現は日常会話でもよく使われるものになります。しかし、そもそもハリ・コシというのは何を意味しているのかと改めて問われると即答できる人は少ないのではないでしょうか。

この髪の毛のハリ・コシを取り戻すというのはAGAによって発生する薄毛症状の治療を考えた上でも非常に大切になります。実際AGAクリニックのようなAGA治療を専門で行うクリニックによって育毛メソセラピーのような頭皮に直接注射を打つというAGA治療法が用いられる場合があります。

この際にAGAクリニックで注射される成分には髪の毛のハリやコシを蘇らせる成分も配合されています。ここからはそもそも髪の毛のハリやコシというのは何を指しているのかを見ていきたいと思います。

髪の毛のハリってそもそも何?

まずは髪の毛のハリです。髪の毛のハリというのは髪の毛の強度のことを呼んでいます。この髪の毛のハリというものを測る際には髪の毛を一定の力で引っ張るという実験を行うことになります。

この髪の毛を一定の力で引っ張った時にすぐにブチっと切れてしまうような髪の毛はハリが無い髪の毛であると判断されます。健康な髪の毛であれば髪の毛1本でも150グラム程度の重みには耐えることが出来ると言われています。このような髪の毛の強度のことを髪の毛のハリと呼んでいます。

髪の毛のコシってそもそも何?

次は髪の毛のコシについてです。ハリとコシについてあまり区別して使っていないというケースも見られますが、髪の毛のコシというのは髪の毛の弾力性のことを指しています。髪の毛を引っ張ったり、巻き付けたりしたときにもとの髪の毛の形に戻る強さのことをコシと呼んでいます。

髪の毛のハリやコシを守るのはキューティクル・毛母細胞

9599f654181485e4e430c394bb30e7c8_s

さて、上記で紹介した髪の毛のハリやコシが失われることにより、薄毛症状というものが進行していくことになります。ちなみに、この髪の毛のハリやコシというものに大きく関係してくるのが、キューティクルと毛母細胞になります。キューティクルと毛母細胞についてこの後の文章で説明していきたいと思います。

髪の毛を保護するキューティクルとは?

ちなみに、このハリやコシを作っている要素がキューティクルというものになります。髪の毛というのはキューティクル・コルテックス・メデュラと呼ばれる3つの部分からなっています。このうち、キューティクルというのは髪の毛の表面を構成している部分になります。

このキューティクルという部分はうろこのような形をしており、髪の表面を保護する働きを持っています。このキューティクルという部分は髪の毛を構成している内部のタンパク質・水分といったものが外部に流出するのを防ぐ働きを持っています。

しかし、このキューティクルが破壊されてしまうと、髪の毛の内部からどんどんタンパク質や水分といったものが流出していくことになります。このような成分が流出することによって、髪の毛からハリ・コシといったものが奪われていくことになります。

髪の毛を生成する毛母細胞とは?

また、髪の毛を作る細胞は毛母細胞と呼ばれています。この毛母細胞に血液から栄養が届けられて、その栄養をもとにして毛母細胞は髪の毛の生成を進めていきます。ただ、この毛母細胞についても加齢に伴って老化現象が発生するのは体の他の臓器と同じになります。毛母細胞が老化すると、健康な髪の毛を作る働きが鈍ってきて、生成される髪の毛からハリ・コシといったものが奪われるようになります。

キューティクルの破壊や毛母細胞の老化を促す要因

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s

さて、髪の毛のハリやコシを保つのに大切なのがキューティクルと毛母細胞になります。しかし、ハリやコシが失われた髪の毛が生成される場合、キューティクルが破壊され、毛母細胞の働いが弱っていることが分かります。この理由を考えていきたいと思います。まず、キューティクルが破壊されてしまう理由についてですが、キューティクルが破壊されてしまう理由としては

次に毛母細胞の働きが弱っていく理由についてですが、体内に活性酸素と呼ばれる物質が蓄積されることが挙げられます。この活性酸素は毛母細胞を攻撃してダメージを与え、毛母細胞の老化の原因になります。したがって、体内に活性酸素が増加すると、それに伴いどんどん毛母細胞の働きも弱っていくことになります。

髪の毛にハリとコシを蘇らせるための方法

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

では、髪の毛のハリやコシが失われた場合に、ハリやコシを蘇らせる方法についてです。髪の毛のハリやコシを蘇らせるための方法としては下記の3つの方法を挙げることが出来ます。

  • 成長ホルモンを分泌させる
  • 育毛に必要な栄養素を食事で摂取する
  • 血行促進効果を持つ育毛成分を取り入れる

それぞれについて解説していきます。

成長ホルモンを分泌させる

まず、成長ホルモンを分泌させるという方法についてです。この成長ホルモンと呼ばれるホルモンには細胞の再生・回復を図る効果があります。成長ホルモンの分泌を活発化させることにより、毛母細胞の機能が回復して、育毛が促進させることが期待されます。

ちなみに、この成長ホルモンの分泌を促進するのに手っ取り場合方法は睡眠を改善することです。成長ホルモンは睡眠している間に分泌が行われることが分かっています。また、成長ホルモンの特徴はその分泌が活発になる時間帯が決まっているということです。具体的には22時〜翌2時までの間とされています。

つまり、毛母細胞の機能を回復して薄毛症状を改善したいのであれば、この時間帯にはベッドに入って就寝しているということが非常に大切になってきます。また、最近は育毛剤の中に成長因子と呼ばれる成分を含んでいるものが増えてきています。この成長因子と呼ばれている成分はタンパク質の一種になります。

成長因子の特徴は成長ホルモンの分泌を活発化させてやる効果があるということです。したがって、この成長因子を配合している育毛剤を使用することにより、成長ホルモンの分泌が促進・毛母細胞の働きの活発化が行われ、髪の毛のハリ・コシが回復することが期待できます。

育毛に必要な栄養素を食事で摂取する

毛母細胞の機能が回復して、髪の毛の生成が順調に進むようになったとしても髪の毛を作るのに必要な栄養分が不足しては育毛効果が十分に発揮されることはありません。したがって、髪の毛の成長に必要な栄養素をしっかりと摂取してやることも大切になってきます。

このような育毛に必要な栄養素は育毛サプリメントという形で摂取するのも良いでしょう。ただ、育毛サプリメントを購入すると品質に定評があるものを購入すれば数千円以上の費用が発生します。したがって、費用面の負担を考えるなら、食生活の改善を考えるのが良いでしょう。

ちなみに、育毛に必要な栄養素としては、ビタミン・ミネラル・タンパク質を挙げることが出来ます。ビタミンは緑黄色野菜、ミネラルは海藻、タンパク質は肉類・魚類・大豆製品などに含まれています。このうち肉類・魚類に含まれるタンパク質は動物性タンパク質、大豆製品などに含まれるタンパク質は植物性タンパク質と言われます。

動物性タンパク質には摂りすぎることにより、血行を悪化させる可能性が指摘されています。後述しますが、血行を促進するというのも、髪の毛のハリ・コシを蘇らせるためには非常に大切な要素になります。したがって、薄毛症状の改善を考えるのであれば、植物性タンパク質の摂取を進めるのが良いでしょう。

血行促進効果を持つ育毛成分を取り入れる

栄養素を十分に摂取していたとしても、その栄養素を毛母細胞に運ぶ血液の循環がスムーズでないと、結局髪の毛のハリ・コシを蘇らせることにはつながりません。したがって、頭皮の血行を促進するというのも髪の毛のハリ・コシを蘇らせる上では非常に大切になります。

このような頭皮の血行促進のためには市販の育毛剤を使用するのが良いでしょう。血行促進効果に定評がある育毛成分にはミノキシジルがあります。ただし、ミノキシジルには副作用の存在も指摘されています。副作用としては頭皮トラブルなどの例が多いので、頭皮が弱いという自覚がある人はミノキシジル以外の育毛成分を選ぶのも良いでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧