辛いものは育毛にいい?悪い?

MENU

CLOSE

辛いものは育毛にいい?悪い?

辛いものがもたらす薄毛に嬉しい作用

c802a412c906030d3f0d2b13b1b05def_s

トウガラシに含まれる成分

トウガラシに含まれているカプサイシンは食べると発汗作用があります。これは身体が温まり血行が促進されて血の巡りが良くなるからでもあり、AGA治療中のかたにとっても頭皮の血行をよくして育毛剤の栄養を行き渡らせやすくするという意味でとても効果があります。

毛乳頭と通じて毛母細胞へと酸素や栄養素が運ばれていきますので、運動をした後のように新陳代謝が活発になり、頭皮の状態を改善してくれるのです。 また、毛母細胞自体の分裂も活性化させます。毛母細胞は髪の元になってくれる物質であり、角質化することによって毛髪になるものです。細胞分裂が活発になることで、次々に新しく毛母細胞が生まれてきます。

そうすることで新しい髪の毛が生えてきやすくなり薄毛を改善させられるのです。AGAを発症してしまっている場合、毛母細胞の分裂が著しく滞ってしまいます。そのことにより髪の毛が生えてきづらくなってしまいますので、トウガラシを食べることで改善させ、発毛を促すことができるとされているのです。

コショウに含まれる成分

コショウで期待できるのはカリウムの働きです。コショウに豊富に含まれているカリウムはミネラル成分で、細胞の働きを活発にしてくれます。食事で摂取した脂質や糖質といったものを効率よくエネルギーに変換してくれますので、頭皮だけではなく体中の細胞の隅々にまで活動エネルギーを行き渡らせます。

カリウムというのは汗や尿ですぐに体外へと排出されていってしまいますので、身体には不足してしまいがちな栄養素です。少なくなってしまうと薄毛の解消に不可欠な毛母細胞にもエネルギーが巡らなくなってしまいますから、積極的に摂取をしたい成分なのです。

もう一つ、ピペリンにはアンチエイジング効果も注目される抗酸化作用があります。頭皮が老化してしまうのはまさに酸化による現象ですので、ピぺリンの摂取によって予防が可能になります。 特に黒コショウがこのピぺリンの配合量が多くなりますので、おすすめしたい調味料です。

育毛剤でケアしながらサポートできる

辛いものを摂ることで、AGA治療のためにクリニックで処方されている育毛剤でケアをしていきながら、食事面で内側からも薄毛対策ができます。育毛剤の作用を阻害するものではありませんし、逆に辛いものを食べて血の巡りをよくすることで、育毛剤の有効成分が頭皮に浸透しやすくなります。 普段の食事に辛い調味料を少し加えるだけで費用も掛かりませんし、薄毛対策として意識していきたいところです。

悪い作用もある?辛いものを食べたあとに注意すること

bf959feb7fcdd0a0633ab6a0a50aa1b5_s

頭皮はきちんと洗う

トウガラシやコショウなどの辛いものを食べることで

  • 血行促進効果
  • 新陳代謝アップ
  • 毛母細胞の活性化
  • 抗酸化作用

などが期待できますが、ただ取り入れればいいというものではありません。辛いものを食べると当然汗をかいてしまいます。この汗によって頭皮の毛穴に老廃物が溜まってしまいやすくなりますから、発汗したらきちんと頭と毛穴を洗う習慣を身に付けてください。せっかく代謝が促されても、頭皮環境が悪くなってしまっては意味がありません。

摂りすぎには気をつける

育毛に効果があるといっても、栄養はバランスよく摂ることが一番ですので、摂取のしすぎには気をつけてください。また、辛いものは身体にとっての刺激物ですので胃腸の調子に影響することがあります。

副作用というほど酷いものではありませんが、空腹時に摂取して胃痛を起こしたり、口の中が痛くなってしまったりという場合には無理に摂らないようにしましょう。 辛いものが苦手だけれどもどうしても成分を摂取したいという場合には、味や刺激が気にならないサプリメントで有効成分を摂ることをおすすめします。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧