女性でもなるの?女性のAGAの原因と対処法

MENU

CLOSE

女性でもなるの?女性のAGAの原因と対処法

女性のAGAの原因は女性ホルモンの減少

251cea7296738e4fbf0de3f00a7a973d_s

AGAは、男性だけがなるものではありません。AGAは男性型脱毛症と呼ばれるものですから、男性しかならないと思われがちですが、まったくそんなことはなく、女性でも全然なるものなのです。そもそもAGAというのは、悪い男性ホルモンが活発に働いていくことによって起こるものになります。

そんな男性ホルモンというのは、女性にもあるものなのです。もちろんそれは男性に比べると数も少ないと言えます。でも確かにあるので、女性であってもAGAを発症することがあるのです。

そしてそんな女性のAGAの原因は、女性ホルモンが減少していくことにあります。女性ホルモンが減少していけば、相対的に男性ホルモンが多くなってきたようになります。だから、男性ホルモンの働きが活発になり、AGAを発症することがあると言えるのです。

なぜ女性ホルモンが減少するのか

では、女性の女性ホルモンが減少するのは、何故なのでしょうか?まず一つ理由として言えるのは、老化でしょう。年を取るごとに女性ホルモンは減少していくと言えます。だから、ある程度の年齢にいったら、女性ホルモンは少なくなっていってしまうのです。

もちろん老化以外の理由もあります。たとえば不規則な生活です。ホルモンバランスというのは、日常生活の影響をすごく受けるものです。だから、睡眠時間が減ったり、食生活が適当になったりすると、そのせいでホルモンがバランスが崩れてしまうということがあるのです。

女性はどう対処するべきか

99e0fe2719956c27c50bedbc1baed47b_s

女性がAGAになる原因が女性ホルモンの減少だとしたら、女性はどのようにして対処していけば良いのでしょうか?

大豆製品を摂取する

まずできることは、大豆製品を摂取することです。大豆製品には、イソフラボンが含まれています。イソフラボンというのは、女性ホルモンのような働きをしてくれるものです。女性ホルモンと同じような働きをしてくれるものが体内に入るということはそれはもう、女性ホルモンが増えているのと同じことになります。

女性のAGAの原因が女性ホルモンの減少なのですから、こうして女性ホルモンを増やしていくことができたら、その原因を解消することができると言えます。だから、大豆製品を食べるというのは、女性のAGA対策としては実に効果的な方法なのです。

サプリを飲む

イソフラボンのサプリを飲むというのも、一つの対処法と言えるでしょう。もちろんこうした成分は、直接食品から摂取した方が良いです。でも、いつも大豆製品を摂取しようとしても、なかなかツラくなるものです。だから時にはこうしてサプリを利用するというのもアリなのです。

女性用のクリニックに通う

女性のAGAでは、それに対応できるようなクリニックに行くことも良い対処法と言えます。ただ女性ホルモンを増やすだけでは、AGAの原因には対抗できても、育毛効果があるわけではないので、薄毛の治療としては適切とは言い切れません。

少しでも早く薄毛を改善したいなら、やはりクリニックにも通う方が良いでしょう。AGAのクリニックというと、男性用のクリニックばかりが浮かんでしまうでしょうが、実は男性用だけではなく女性用のクリニックというのもあるものなのです。

だから、素直に女性用のクリニックに行くというのが良いでしょう。女性の場合、男性と同じ薬で治療することができません。だから、クリニックにいかないで薬だけ自分でなんとかするという方法が使えないのです。

なので、多少費用は掛かるかもしれませんが、しっかりとクリニックに行って、そこで自分にあった治療薬を処方してもらわないといけないのです。そういうところなら、万が一副作用が出た場合にも対応できますし、行って損することはないでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧