AGA対策には育毛と発毛と植毛がある!違いについて解説!

MENU

CLOSE

AGA対策には育毛と発毛と植毛がある!違いについて解説!

育毛と発毛の違いは?

髪の毛は頭皮の外に出ている毛幹部と頭皮の中にある毛根部と大まかに分けて2つあります。毛根部の先には毛母細胞と毛乳頭があり、毛乳頭は毛細血管と繋がっています。毛乳頭から栄養と酸素を受け取りし毛母細胞が増殖、髪の毛が伸びていくと言う仕組みになっています。

ところがAGAを発症すると髪の毛が細く弱弱しくなっていきます。そんな細く弱弱しくなった髪の毛を太く長くするのが育毛です。生えている髪の毛に対して対策を行うと言う特徴があります。毛周期には成長期と退行期と休止期があり、AGAを発症すると成長期が短くなり休止期が長くなっていきます。

抜けてしまった髪の毛が中々生えてこない状態です。発毛では休止期にある髪の毛に働きかけて、成長期へと促しています。生えていない髪の毛に対して対策を行うと言うのが発毛です。

育毛方法は?

スカルプシャンプー、マッサージ、育毛剤など育毛方法は様々です。頭皮に過剰な皮脂分泌が見られるときはスカルプシャンプーや育毛剤による対策が有効です。髪の毛には頭部を守る働きがあります。AGAにより髪の毛が少なくなると、髪の毛の代わりに頭皮を固くして守ろうとすることがあります。

頭皮が固くなると血流が悪くなる上に、スカルプシャンプーや育毛剤の効き目が悪くなってしまいます。マッサージはそんな頭皮の固い人に有効な対策です。

発毛方法は?

発毛には発毛剤を使用する、AGAクリニックで発毛治療を受けると言う方法があります。発毛剤には日本製と海外製があり、海外製は有効成分の濃度が高いものが見られます。海外製はドラッグストアでは入手出来ないため、個人輸入代行サイトを利用します。

AGAクリニックでは内服薬や外用薬、注入療法など様々な発毛治療を用意しています。注入療法の中には多種類の成長因子を注入すると言うHARG療法があります。AGAクリニックの様々な発毛治療の中でも特に期待度が高くなっています。

植毛との違いは?

毛根が死んでしまうまでAGAの症状が進行すると育毛も発毛も難しくなるため、なるべく早めの対策が重要です。AGAには少しずつ症状が進行していくと言う特徴があります。額の生え際や頭頂部から薄毛が見られ始めたら要注意です。

しかし人によっては育毛対策や発毛対策を行っても十分な効き目が出ないことがありました。効き目が出ないうちに毛根が死んでしまい、手遅れになってしまうことがあるのです。そんなときでも植毛なら大丈夫です。AGAは症状が進行しても側頭部や後頭部に生えている髪の毛は残ることが多いです。

植毛ではこの残っている髪の毛を採取し、薄くなった額の生え際や頭頂部に移植しています。まだ生きている毛根に対策を行うのが育毛と発毛、既に死んでいる毛根に対策を行うのが植毛と言う違いがあります。育毛も発毛も途中で止めてしまうとAGA症状の進行がまた始まり出してしまいます。

しかし植毛では移植した髪の毛の生え変わりが期待出来るため、途中で止めても大丈夫です。その代わりに元々側頭部や後頭部にある髪の毛が少ないと言う人の場合、十分な髪の毛を採取出来ないことがあります。

人工毛植毛はリスクが高い?

植毛には人工毛を移植すると言う方法もあります。人工毛なら残っている髪の毛が少ないと言う人でも大丈夫です。しかし拒絶反応を起こすと言うリスクが高い方法です。拒絶反応によりせっかく植毛した人工毛が抜けてしまいます。抜けるたびに植毛していると、そのうち頭皮の環境が悪化し感染症のリスクまで高まってしまうのです。

さらに人工毛のために自毛のような自然な生え変わりは期待出来ません。リスクがあるため男性型脱毛症ガイドラインでは人工毛植毛に対し推奨度Dと言う判定を行っています。推奨度Dは行わないよう勧められると言う判定となっており、なるべくなら受けないほうが良いです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧