育毛サプリに配合されるパントテン酸とは?

MENU

CLOSE

育毛サプリに配合されるパントテン酸とは?

育毛に効果あり!育毛成分パントテン酸とは?

45ce3075479b1f18d972dd33e99456b3_s

パントテン酸とは?

パントテン酸というのはAGAによる薄毛症状改善のための育毛サプリメントなどに配合されている育毛成分になります。このパントテン酸という名前は聞きなれないため、特別に珍しい育毛成分かと思われがちですが、実際はビタミンB群の一種になります。かつてはビタミンB5と呼ばれていた成分が近年パントテン酸という名前で呼ばれるようになりました。

パントテン酸を含む食事

このパントテン酸を豊富に含む食材としてまず名前を挙げたいのはレバーになります。特に鶏レバーにはこのパントテン酸が豊富に含まれています。それ以外にも普段よく口にする食事で考えると、卵の卵黄の部分や納豆などにはかなり多くのパントテン酸が含まれています。

パントテン酸を摂取する場合の注意

このパントテン酸ですが、カフェインやアルコールといった成分と同時に摂取すると、これらの成分を吸収するために大量に消費されることになります。したがって、コーヒーやアルコールを良く口にするという人はしっかりと食生活に気を付けておかないと、パントテン酸が知らないうちに減少して体内で不足している状態になっている可能性もあります。

パントテン酸を摂取する効果

64c4c753c9bffa33bc4b90f0e611a65f_s

パントテン酸という育毛成分はAGAによる薄毛症状の改善を考えた時にさまざまな効果を発揮します。AGAによる薄毛症状というものの原因は男性ホルモンの活性化であると考えられており、AGA治療を専門で行うクリニックなどではこの男性ホルモンの抑制をするための育毛剤を処方する投薬治療などが広く行われています。

ただ、薄毛症状が発生する原因としてはこれ以外にも頭皮環境の悪化、血行の悪化、ストレスの蓄積等のさまざまな原因があります。これらの原因に広くアプローチできるのがパントテン酸の魅力にもなります。

副作用もなく、日々の食事から自然に摂取できるため、特別な費用もかかりません。このパントテン酸の育毛効果としては、主として下記の4つの効果を挙げることが出来ます。

  • ビタミンCの働きを強化
  • 皮脂の分泌を正常化
  • 血行促進効果
  • 抗ストレス作用

それぞれの効果について、細かくみていきたいと思います。

ビタミンCの働きを強化

まずはビタミンCの働きを強化するという点についてです。ビタミンCは通称「美肌のビタミン」とも呼ばれています。肌を健康にする効果が高く、このビタミンCが効果的に作用することで頭皮環境も改善されます。このビタミンCの効果をより高めるのがパントテン酸になります。

皮脂の分泌を正常化

また、パントテン酸には皮脂の分泌を正常にする効果があるとも言われています。皮脂の分泌が少なくて頭皮が乾燥している人、それとは逆に皮脂の分泌が過剰過ぎて頭皮が常に脂ぎっているような人にはこの皮脂の分泌を正常にするというパントテン酸の働きは特に効果を発揮します。

血行促進効果

育毛を考えた上では、血行を促進するということも非常に大切になります。市販の育毛剤や育毛サプリメントに配合されている成分の中には育毛を促進する効果をうたっているものが数多く存在しています。

血行を促進して髪の毛を作る細胞にきちんと栄養素を届けてやることが育毛を考えた場合、非常に大切になります。パントテン酸には血液中で余分なコレステロールを回収して善玉コレステロールを増やす効果があります。これにより血液をさらさらにして血行を良くする効果があります。

抗ストレス作用

薄毛症状が進む場合、その原因としてストレスの影響が考えられる場合もあります。ストレスが溜まってくると、自律神経の緊張を引き起こすことになります。

自律神経が緊張状態になると、血管を収縮させるような働きをおこすとされています。これにより頭皮の血行が悪くなり、薄毛症状が発生することになります。パントテン酸にはこのようなストレスを軽減する働きがあるとされています。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧