AGA治療は保険が適用されないって本当?

MENU

CLOSE

AGA治療は保険が適用されないって本当?

AGA治療は保険は適用されるのか

cfdfd55342ab516684ed6df9a60e2daf_s

私たちが普段、病院で治療を受けるときには国民健康保険が適用されますよね。 国民健康保険が適用されるかされないかで、治療費用が大きく左右されるので重要です。それでは、男性特有の脱毛症と呼ばれているAGAの場合はどうなのでしょうか?

AGAは保険適用外

結論から言うと、AGA治療では国民健康保険は適用されません。 AGAは「薄毛の病気 」と言われているにも関わらず、何故保険が適用されないのか?気になりますよね。その理由は、厚生労働省が定めている医療保険に適用されていないからです。その判断の基準となるのは、「生命にかかわるかどうか」ということです。基本的には、「治療」というより「美容整形」の一つとして考えられています。

例外的に使えるケースはある

ただし、例外も時には存在しています。例えば、精神的な原因や他の病気との合併症により脱毛してしまったケースです。それを、結果としてAGAで治療したとしましょう。その場合、税務署や税務署職員に認められれば、医療費控除が適用されるのです。また、家族全員がAGA治療のために使っている費用が年間で10万円を超えるケースなら、医療費として認められるので、税金が戻ってきます。そのため、AGAの治療をできるだけ安く済ませたいのであれば、まずは税務署に相談してみるのがおすすめです。

AGAの治療費ってどれぐらいかかるの?

7f5be9bb8256250e13322fe3312b0311_s

AGAにかからないための予防ならば自宅で行うことができるかもしれません。しかし、AGAにかかってしまったら話は別です。AGAというのは進行形の脱毛症ですから、一度薄毛の進行が始まってしまうと放置しても止まることはありません。

そこで白羽の矢が立つのがAGAクリニックです。AGAクリニックならば、個人の体質を調べた上で、それに合わせた治療方法を提供してくれます。そのため、副作用にもストレスを感じることなく、安心してAGA治療に取り組むことができるんです。

でも気になるのは、治療費のことですよね。これだけ専門的な治療をするとなれば、「高額になるかもしれない」という思いは当然頭をよぎるでしょう。では、AGA治療の費用に注目してみましょう。

平均的な期間と費用とは

AGA治療は、効果が出るのに相当個人差があるので一概には言えないのですが、早い人ならば3ヶ月程度で産毛が生えてくるようになります。そうでない人でも、一般的には半年程度で産毛を感じることが可能です。諦めずに継続的に通い続けるのであれば、半年から一年利用していれば、それなりの結果を求めることができるでしょう。

AGAクリニックは月に一度利用することが多く、支払いはその時に行います。平均すると、1カ月の支払いは2万円から3万円程度。きちんと働いている男性ならば、どうしても払えないという金額ではないはずです。総額で言うと、15万円から20万円程度が相場となっています。

激安を売りにしているAGAクリニックもあるのですが、「安かろう悪かろう」という言葉もあるように、治療費にはあまり妥協はしない方が無難です。AGAというのは人生を左右させる大事な出来事ですから、徹底的に向き合うようにしましょう。

皮膚科とAGAクリニックの違いについて

意外と知られていませんが、一般病院の皮膚科でもAGAの治療は対応してくれます。しかし、皮膚科の場合は発毛や育毛を促進させるものではなく、現状の髪の毛を維持させることに焦点を置いています。AGAクリニックの場合は、現状維持にプラスして、発毛と育毛を目指しているので、この点には大きな違いがあります。ですから、自分が行いたい治療はどちらなのか?きちんと把握した上でクリニックを選ぶようにしましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧