発症する前に防ごう!AGA予防として効果的なこと4つ

MENU

CLOSE

発症する前に防ごう!AGA予防として効果的なこと4つ

薬を予防法として使うのはアリ

70e3689d5bc2e5c03176391270acb7b1_s

AGAを予防する方法としてまず最初にあげられるのは、薬を使って予防するという方法です。AGAのクリニックなどに行くと、そこで薬を処方してもらえます。そういう薬は、AGAの治療にのみ使われると思っている方も多いでしょう。

でもその薬は実は、AGAが発症してからソレを治療するために使うというだけではなく、予防方法として使用することもできるものなのです。なので、なんとなく抜け毛が気になりだしたという段階だったり、なんとなく見た目が変化してきたような気がしてきたら、まずクリニックに行ってみるというのもアリでしょう。

薬を使う必要があるかの相談もできる

AGAのクリニックでは、治療や薬の処方にはお金がかかります。でもだいたい相談だけならば無料になるのです。だから、そこで相談をすれば、AGAの予防策として薬を使うべきか、それともまた違った方法で効果をだしていくべきか、判断することができるでしょう。

もちろんまだあまりAGAの心配がないという段階でも、予防のために使用したいと言えば、薬を処方してくれることでしょう。そうした相談をすること無料なのですから、行って損をするということはまずないと言えます。だから、いってみるべきです。

塗るタイプならば副作用も安心

予防法として薬を使うのは、副作用が心配という方もいるでしょう。でも、塗るタイプであれば、副作用も心配いりません。もっとも飲むタイプでもあまり副作用が出たという例は聞きませんが、それでも塗るタイプに比べるとまだ出ることもあるでしょう。しかし塗るタイプの育毛剤であれば、まずほとんどの場合で副作用は出ません。

だから、安心して薬を使う事が出来るのです。予防法として薬を使うと、その分費用もかさむという事がありますが、完全に薄毛になってから使うことにくらべるとはるかに効果も出やすいと言えますし、そうした費用を払うだけの成果はみられると言えるでしょう。

インスタント食品やお菓子を控える

20f4e1d5a374f2febf31e752567db86e_s

AGAの予防方法としては、当然食生活も重要です。でも、その予防のためにいつも食事内容の栄養バランスを完璧にしようとしてもそれはなかなかうまくいかないでしょう。それがストレスになったりして、上手く予防できなくなる可能性もあります。

では、どうしたらよいでしょうか?AGAを予防していくためには、これをた食べるべきというものを食べていくのではなく、これは避けるべきというものを避けていくのが良いでしょう。そしてそんな避けるべきものとして言えるのが、インスタント食品やお菓子です。

血流が悪くなりやすい

インスタント食品やお菓子の何が悪いのかというと、そういうものは、血流が悪くなりやすいので良くないと言えます。インスタント食品やお菓子には、添加物が含まれていますし、糖分が多かったり、塩分が多かったりもします。だから、血をドロドロにしてしまうのです。そうして血がドロドロになると当然血流は悪くなるでしょう。

血流が悪くなるというのは、AGAの予防のためにはすごく良くないことなのです。栄養は、血流によって届けられます。だから血流が悪くなると、どうしても頭皮に栄養がいきづらくなるのです。ということは当然、それによって頭皮や髪の毛は栄養不足に陥りやすくなり、髪の毛の成長のサイクルがただしいスピードで進まなくなっていきます。

それによって、AGAを発症しやすくなるのです。食べるべきを食べるというのは意外と大変なことですが、避けるべきを避けるというのは、決してそこまで難しい事ではないのではないでしょうか?

ストレスをためないようにする

8ba84119293d577ab6a341874eff90b1_s

AGAを予防するためには、ストレスをためないようにするという事がすごく大切になります。ストレスというのは、色々な面でよくないのです。

血流が悪くなる

まずストレスがたまると、血流が悪くなります。ストレスがたまると、自律神経の働きが悪くなってしまうのです。自律神経がきちんと働かなくなるということは、血液も上手く運べなくなるという事です。だから、ストレスがたまると血流が悪くなると言えるのです。

男性ホルモンも活発になる

また、ストレスがたまるということは、男性ホルモンにも影響します。男性ホルモンというのは、AGAの原因として言われていることです。だから、ストレスをためて男性ホルモンを増やしてしまうと、その分だけAGAが発症しやすくなってしまうのです。

ストレスをためないようにするには

では、どうしたらストレスをためないようにできるのでしょうか?ストレスをためないようにするには、ストレスがたまったらこれをするという法則を決める事が重要になります。たとえばカラオケに行くでも、絵をかくでも、踊るでも、走るでもなんでも良いです。

ストレスがたまったらこれをするというものを一個作っておくと、ちょっとイライラすることが合ったらそれに頼ることができるようになります。その安心感があるので、そもそもあまりストレスがたまるという事がなくなります。そして、毎回同じようにストレスを解消しようとしていたら、脳が本当に、これをしたらストレスが解消されると判断するようになります。

いうなればそれが、ストレスオフのスイッチのようになるのです。だからそれをすることが本当にストレス解消の方法になります。そうして二つの意味でストレスに対抗できるようになるので、自分なりのストレスオフのための決まりごとを作っていってください。

乾燥肌にならないようにする

18dc20214d4d39cb3871958a9bd61f02_s

AGAを予防するためには、乾燥肌にならないようにするという事も必要です。乾燥肌というと、肌が乾燥している状態をイメージする人も多いでしょうが実は、乾燥肌の人は、乾燥している肌を潤わせるために必要以上に皮脂を分泌していることがあるのです。

そうして過剰に分泌された皮脂は、毛穴を埋めてしまったりして、髪の毛の成長をとめてしまうという作用をします。だから、それがAGAを発症させ、自分を薄毛にしてしまうことがあるのです。なので、乾燥させないように注意していかないとなりません。

シャンプー選びが大切

では、どうしたらそうやって乾燥しないようにできるでしょうか?まず一つ大切なのは、シャンプー選びです。シャンプーの刺激や洗浄力が強すぎると、それによって肌は必要以上に乾燥してしまいます。

薄毛を気にしている人は、爽快感のあるシャンプ—を使ったりしてしまう人もいるでしょうが、そういうのは大抵刺激が強すぎて、洗浄力がありすぎるので、出来れば避けた方が良いでしょう。育毛用のシャンプーとして売られている刺激の弱いものか、あるいは乾燥肌用のシャンプーなどを使っていくと良いです。

シャンプーの回数は1回まで

また、シャンプーの回数にも気をつけないとなりません。シャンプーは、していて気持ちよいものです。その上頭皮が乾燥しがちな、頭皮の皮脂が多い方に関してはシャンプーをした時の皮脂が落ちる感じに気持ちよさを感じる人も多いので、ついつい朝晩シャンプーをしてしまうという方もいるかもしれません。

でも、朝晩2回シャンプーをするのは、明らかに過剰で、頭皮からうるおいを奪いすぎます。なので、逆効果になります。本当にAGAを予防していきたいのであれば、シャンプーは夜だけにしておきましょう。朝どうしてもシャンプーしたいという場合には、お湯で流すだけにしておきましょう。それなら水分を奪い過ぎるということはありません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧