ジヒドロテストステロンの発生を抑えることで薄毛予防! 

MENU

CLOSE

ジヒドロテストステロンの発生を抑えることで薄毛予防! 

ジヒドロテストステロンを抑える食べ物とは?

a0822e310ee24657fbec858850fd82ce_s

AGAの原因の一つとして、ジヒドロテストステロンの生成によるものがあります。 このジヒドロテストステロンの発生を抑えることができれば、薄毛や抜け毛の改善に繋がります。 薄毛や抜け毛と普段の食生活は、深い関わりがあると言われています。

そのため、ジヒドロテストステロンの発生を抑える食べ物を摂取することで、ジヒドロテストステロンの発生を抑え、薄毛や抜け毛の改善効果が期待できます。 ジヒドロテストステロンの発生を抑える食べ物には、さまざまなものがあります。

亜鉛を含む食べ物

牡蠣、レバー、牛肉、タラバガニ、ウナギ、カシューナッツ、しじみなど

ビタミンB6を含む食べ物

牛肉、豚肉、鶏レバー、かつお、ピーナッツなど 特に、かつおの赤身は、亜鉛とビタミンB6を同時に摂取できるためオススメです。

大豆や大豆加工食品

納豆、豆腐、豆乳、湯葉、厚揚げ、きな粉などの大豆加工食品は、5αリダクターゼを阻害する働きがあります。 特に、納豆には亜鉛も多く含まれているためでオススメです。

大豆加工食品を緑茶や紅茶と組み合わせて摂取

大豆加工食品を緑茶と一緒に摂取することで、ジヒドロテストステロンが抑制されることが研究で分かっています。 ただし、大豆加工食品と緑茶の組み合わせは、髪の毛を太くしたり、骨格や筋肉の成長などに役立つ男性ホルモンの一つであるテストステロンを減らしてしまう働きもあるため、摂取には注意が必要です。 一方で、大豆加工食品と紅茶を組み合わせて摂取すると、テストステロンを減少させることなくジヒドロテストステロンだけを抑えることができるので、こちらの方がオススメと言えるでしょう。

ジヒドロテストステロンを抑える生活習慣とは?

a62759d38da90102b58a8234843f8de9_s

日頃の生活習慣を改善することにより、ジヒドロテストステロンを抑えることができます。

運動

運動で汗をかくことによって、ジヒドロテストステロンを排出することができます。 また、運動は全身の血液循環をよくするため、頭皮にも栄養が行き渡りやすくなり、薄毛の改善に繋がります。

多めの水分の補給

水分を多めに補給することによって、尿からジヒドロテストステロンを排出させることができます。 緑茶などの利尿作用のある飲み物を飲むことでも効果は得られますが、緑茶だけを飲み過ぎてしまうとテストステロンを減らしてしまうため、飲み過ぎには注意が必要です。

喫煙・飲酒・ストレス

喫煙・飲酒・ストレスなどは、髪の成長にとって重要な栄養素である亜鉛を必要以上に消費してしまうため、亜鉛不足を招いてしまいます。 亜鉛不足にならないためにも、喫煙や過度な飲酒を避け、日頃からストレスを発散し、しっかり睡眠を取る生活をすることが大切です。

そして、このような生活を心掛けることが生活習慣の改善に繋がり、薄毛や抜け毛予防の相乗効果をもたらします。また、バランスの摂れた食生活や、きちんとした生活習慣などを行っているにもかかわらず、抜け毛や薄毛が気になってきた人は注意が必要です。

その抜け毛の原因がAGAである可能性もあり、早期にAGAクリニックで診断を受けた方がいいでしょう。AGAクリニックでは、その人の薄毛の原因と突き止め、専門医によるその人に合った効果的な治療を受けることができます。 そして、事前に無料カウンセリングを行い、気になる費用や治療薬による効果、副作用などの説明も受けることができます。

これまで気にならなかった抜け毛が、ある日突然気になり出した人は、AGAを発症している可能性があります。 AGAは早期発見、早期治療が重要であり、早めの治療を開始することで、効果的に発毛や育毛へと繋げることができるのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧