ハゲの原因は遺伝だけではない?正しく知れば予防できるケースも

MENU

CLOSE

ハゲの原因は遺伝だけではない?正しく知れば予防できるケースも

ハゲは遺伝で起きるとは限らない

7101737b9ab230eeded8c155628dfec7_s

ハゲは遺伝すると言う話がありますが、ハゲは遺伝するとは限らないことがわかっています。これは抜け毛が進むメカニズムが解明されているからで、男性型脱毛症(AGA)が進みやすい人とそうでない人がわかっているからです。遺伝子的に薄毛になりやすい人もいますが、あくまで薄毛になりやすいだけで、適切な予防や対処を行えば育毛も可能なのです。

これにはAGAの仕組みを詳しく知ることが必要になります。AGAは男性ホルモンの一部が変化し、毛乳頭の一部と結合することで進行します。変化した男性ホルモンが毛乳頭と結合すると、髪が早く抜けるようになってしまい薄毛が進行してしまうのです。

髪の毛にはヘアサイクルと言う周期があり、生えては抜け、生えては抜けてを繰り返しています。しかし、AGAが進行すると髪が抜けるスピードが速くなり、成長が間に合わなくなってしまうのです。また、髪の毛を作る細胞には寿命があり、ヘアサイクルが早まればそれだけ寿命が短くなります。

遺伝的に薄毛になりやすい人は、変化した男性ホルモンと毛乳頭の一部が結合しやすく、ストレスや生活習慣の影響も受けやすいと考えられています。そのため、AGA治療は男性ホルモン自体を抑制することや、男性ホルモンが毛乳頭と結びつくことを阻害することで髪を守り、ヘアサイクルを正常に戻すことが大切になるのです。

自分がAGAになりやすい遺伝子を持っているかどうかは、検査キットを使えば調べることができます。ただし、検査費用は高額になる場合があるため注意が必要です。遺伝子を調べるよりも実際に薄毛治療専門のクリニックで診察を受けた方が安上がりで、正確な治療を受けられる事も珍しくないのです。

薄毛治療は主に薬を利用する

海外薬品

AGAは主に薬を使って治療を行い、症状に合わせて様々な治療法を組み合わせるのが一般的です。比較的年齢が若い場合は、睡眠部食や栄養不足などによるホルモンバランスの乱れが原因の可能性が高く、ホルモン治療が中心に行われることがあります。

ストレスによる薄毛が原因の可能性もあるため、事前のカウンセリングが重要になります。薄毛治療専門のクリニックの場合はカウンセリングの時間を多めにとっていることが多いため安心して相談できます。

薬による治療は効果に時間が掛かる事があるものの、医学的な効果が実証されているのが特徴です。従来では治療が難しかった薄毛に対応できる新薬なども生まれており、幅広い症状に対応できるようになっています。人によって副作用が出る場合があり、性欲減退や勃起不全などの症状が出る場合があります。

自覚できる副作用が起きる確率は全体の1.8パーセント程度と言われており、非常に確率が低いのも特徴です。妊活時や不妊治療中など、どうしても不安な場合は医師に相談してみるのがおすすめです。薬は基本的に飲み薬で、症状に合わせて塗り薬が併用される場合があります。最先端の再生医療技術を導入している薄毛治療専門のクリニックもあるため調べてみるのも方法です。

また、薄毛が進行しすぎている場合は治療出来る範囲が限られる場合がある点も知っておく必要があります。これは毛髪を生み出す細胞の寿命が尽き、毛根自体がなくなっている場合です。この場合は他の部分から毛根を移植するなど、植毛を利用しないと髪の毛が生えてこないためです。

再生医療でも対応できない場合があります。医療技術は進歩しているため将来的には治療の可能性が出てくる場合もありますが、まずは薄毛を進行させない事と、早めに治療を開始することが大切です。毛根を失うと治療の選択肢が少なくなってしまうのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧