本当!?シャンプーが原因で薄毛になってしまうの? 

MENU

CLOSE

本当!?シャンプーが原因で薄毛になってしまうの? 

頭皮環境を悪化させてしまうシャンプーのやり方とは?

ec93a3d348d0631e8cac97c1bf7a9637_s

薄毛や抜け毛対策の第一歩は、頭皮環境の改善をすることです。 そして、頭皮と髪の健康のために欠かせなないのが、毎日のシャンプーです。 頭皮環境の改善をしていくためには、毎日使用するシャンプー選びも重要になります。

自分に合ったシャンプーを使用することで、頭皮を清潔に保つことができ、髪が生えやすい頭皮環境を整えることができるのです。 そのため、逆にシャンプーが原因で、薄毛や抜け毛を招いてしまうこともあるのです。 薄毛や抜け毛を招いてしまう原因については、いろいろあります。

合わないシャンプーの使用

シャンプーは直接頭皮に触れるため、洗浄力の強すぎるものや、自分に合わないものを毎日使用していると、頭皮が炎症を起こしたり、フケや痒みなどを引き起こしたりする可能性があります。 頭皮にトラブルがあると当然髪も生えにくくなり、合わないシャンプーを使い続けることで、薄毛や抜け毛をさらに進行させてしまうこともあります。

間違った洗い方

頭皮を清潔に保とうとするあまり、頭皮に必要な皮脂まですべて洗い流してしまう人がいます。 地肌に爪を立ててゴシゴシと擦るように洗ってしまうと、髪や頭皮にダメージを与えることになります。 このような行為が、薄毛や抜け毛を引き起こす可能性もあるのです。

すすぎが不十分

いくら丁寧にシャンプーしても、すすぎ残しがあれば頭皮に汚れが残るだけでなく、シャンプーの強い洗浄成分も残ってしまい、頭皮環境に悪い影響を与えます。 そしてこのすすぎ残しが、薄毛や抜け毛を引き起こしてしまう可能性があります。 ▲シャンプーの保存方法 お風呂場に置きっぱなしにしておくことが多いシャンプーボトルは、もし、中に水が入ってしまうと、ボトルの中で雑菌が繁殖してしまいます。 そして、このような雑菌が入っているシャンプーで頭を洗えば、頭皮トラブルの元になりかねません。 シャンプーは、定期的にチェックし、清潔に保つように心掛けましょう。

無添加シャンプーは薄毛予防になるの?

fa8fedce226568361d6cfd97edccdd0f_s

さまざまなシャンプーがある中で、最近注目されているのが、頭皮や髪に優しいと言われている無添加シャンプーです。 しかし、無添加シャンプーといってもいろいろあるため、それぞれのデメリットを知り、自分に合ったものを使用すれば薄毛予防に効果的です。 シャンプーを選ぶ際に大切なことは、無添加という表示だけでなく、自分に合ったシャンプーを選ぶことです。

無添加の意味について

もともとシャンプーを含む化粧品における無添加とは、表示指定成分が入っていないという意味で用いられていました。 この表示指定成分とは、法律で定められた約100種類の成分のことで、アレルギーを引き起こす可能性があるため、商品に表示することを義務付けられたものです。

しかし、現在では法律が変わり、アレルギーを引き起こす可能性の有無にかかわらず、どのような成分であっても表示しなければならなくなりました。 そのため、現在使われている無添加という表示は、メーカーや商品により何が入っていないのかはそれぞれ違うため、成分表示などを確認しないと分からないものがほとんどなのです。

そのため、無添加と謳われているシャンプーでも、自分に合わないものは使用しないようにしましょう。 抜け毛の増加や、フケ、痒み、炎症、湿疹などの症状が出た場合は合わないシャンプーである可能性が高いため、使用を続けてしまうと頭皮環境が悪くなり、薄毛や抜け毛に繋がります。

また、このようなシャンプーなどにも気を付けているにもかかわらず、薄毛が気になっている人は、AGAクリニックで診断を受けてみてはいかがでしょうか。 AGAクリニックでは、その人に合った治療を受けることができ、もし、治療薬などで副作用が出た場合でも適切な処置を受けることができます。

気になる費用については、クリニックのHP上に記載をしている場合も多く、事前に確認しておくことができます。 AGAは早期治療を始めることが有効といわれており、薄毛や抜け毛の改善や育毛対策に繋がります。  

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧