AGAは脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンが原因!?

MENU

CLOSE

AGAは脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンが原因!?

ジヒドロテストステロンについて

f2a541850ef8b7221a78142af8adc82a_s

男性型脱毛症であるAGAを引き起こすのは、ジヒドロテストステロンというホルモンです。 そもそもジヒドロテストステロンとは、男性ホルモンの一つであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結び付き、強力な脱毛作用を持つようになったホルモンのことです。

まず、テストステロンが5αリダクターゼと結び付くと、ジヒドロテストステロンに変化します。 そして、この変化したジヒドロテストステロンが、毛乳頭細胞に存在している男性ホルモン受容体と結び付くことで、毛母細胞の細胞分裂を抑えるように働くのです。 その結果、髪の成長サイクルが狂ってしまい、薄毛や抜け毛に繋がるのです。

ジヒドロテストステロンの役割と作用とは?

そもそもジヒドロテストステロンとは、母親の胎内にいる男児の胎児発育のために非常に重要な役割をしています。 しかし、生まれた後、このジヒドロテストステロンは男性にとって厄介な存在となってしまうのです。

それは、薄毛の原因や体毛の増加、前立腺肥大、精力減退、ニキビの発生などに関わる働きをするためです。 実は、男性ホルモンであるテストステロンの量には、あまり個人差はないと言われています。 そのため、薄毛や抜け毛の原因は、酵素である5αリダクターゼにあると考えられるのです。

5αリダクターゼの分泌量は個人差が大きく、分泌量が多い人ほどジヒドロテストステロンも多くなる傾向にあります。 また、5αリダクターゼには、㈵型と㈼型があり、特に㈼型の方がジヒドロテストステロンを多く生成させると言われています。

ジヒドロテストステロンの分泌量は遺伝による?

ジヒドロテストステロンの分泌量は、テストステロンと5αリダクターゼがどれくらい結び付きやすいかという活性力の高さによって決まります。 つまり、5αリダクターゼの活性力が高ければ、ジヒドロテストステロンが生成されやすく、5αリダクターゼの活性力が低ければ、ジヒドロテストステロンは生成されにくいのです。 つまり、5αリダクターゼの活性力が高い人ほど、薄毛になりやすいと言えるのです。 そして、この5αリダクターゼの活性力の高さは、遺伝によって決まると言われています。

ジヒドロテストステロンを抑制する方法とは?

AGAの原因であるジヒドロテストステロンの発生を抑えることが、薄毛や抜け毛を抑えることに繋がります。 ジヒドロテストステロンの発生を抑えるためには、テストステロンと5αリダクターゼの結び付きを阻害することが重要になります。

そのためには、酵素である5αリダクターゼを抑制することが有効であり、この5αリダクターゼを抑制する成分として有名なのがフィナステリドです。 フィナステリドは、多くのAGAクリニックなどで、AGA治療薬として取り入れられています。 また、フィナステリドは内服薬としてだけではなく、外用薬としても効果を発揮すると言われています。

まずはクリニックでの無料カウンセリングから!

e233fe3c3e536416799be83af4055c7e_s

AGAの治療として大切なことは、脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンを生成させないということです。 そのためには、まずは、食べ物や生活習慣などから改善していくことが大切です。 しかし、AGAを発症してしまうと食べ物や生活習慣のみの改善では追いつかないため、AGAクリニックでの治療を受けることをオススメします。

AGAクリニックでは、専門医が食事や生活習慣へのアドバイスも行っています。 また、薄毛に高い効果を発揮しているフィナステリドなどの治療薬は医師の処方が必要であり、このような有効成分が配合された治療薬を試してみたい場合も、まずは、クリニックでの医師の診断が必要です。

無料カウンセリングでは、事前に気になる費用面や治療薬の効果、副作用などについての説明も受けることができます。 AGAクリニックに通うことで、安心して育毛に繋がる治療を始めることができるのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧