不安を解消!これがAGAを治療できる仕組みと流れ!

MENU

CLOSE

不安を解消!これがAGAを治療できる仕組みと流れ!

若くても脱毛症は発症する

薄毛外人

実は対策がとりやすい

日本国内の薄毛の症状で、最も顕著に表れている脱毛症状は男性型脱毛症と呼ばれる症状です。これはAGAと略されていることが多いですが、薄毛をもたらす脱毛症としては原因を特定することが可能な数少ない脱毛症の一つでもあります。

例えば、同じ脱毛症であっても円形脱毛症に関してはクリニックに行ったとしても一律に対策をとってもらうことはできません。これは、円形脱毛症と言う症状の発症原因が、最新の医学の力を用いたとしても特定することが難しいからです。

原因を特定することが難しい症状に関しては、他の脱毛症を治療するための治療法を実践するとどのような副作用が起こるのかが予測できません。ですから、円形脱毛症のような原因を特定できないものには副作用を考慮して厳密な対策が難しいのです。

一方で、AGAの原因はテストステロンという男性ホルモンにあることがわかっていますので、クリニックに行けば必要な対策をすることで脱毛症を治療することが可能です。

症状が出ればすぐにわかる

AGAの場合は、症状が出るとすぐにそれだと理解できます。これは、脱毛症に大きな特徴があるからです。特に特徴的なのは、年齢が若い状態であっても頭頂部や前頭部に集中して髪の毛が抜けていくことです。イメージとしては初期段階では頭頂部はバーコードのような状態になりやすく、症状が経過すると綺麗に丸く髪の毛が抜け落ちます。

前頭部に関してもM字状に症状が進んでいく特徴がありますので、脱毛症が出てくると若いうちでもこうした形で髪の毛が抜けていくのでとてもわかりやすいです。実際に、海外で考えられたAGAの分類にはハミルトン・ノーウッドの分類という非常にわかりやすい分類方法が確立されています。

ハミルトン・ノーウッドの分類では、AGAはI型からVII型までに分類されていて、分類の数値が大きくなるほどAGAの進行度合いが深刻であることが容易に判断できます。ですから、この分類に従って症状が発症していると確認できた時にはAGAであると患者自身も簡単に気づくことができます。そうすれば、症状を自覚できた時点ですぐにクリニックに診察に行くことも可能になります。

AGAによって体内で起こる変化

79389cabdee62294b4833cb334db647e_s

AGAの症状が頭皮に出てきている患者には、体内で以下のような流れが出来上がっています。

  • テストステロン(男性ホルモン)が還元酵素と反応する
  • 悪玉の脱毛ホルモンDHTが生まれる
  • DHTによって発毛サイクルが壊れる

テストステロンは5αリダクターゼという還元酵素と反応することによって、悪玉の脱毛作用を持つジヒドロテストステロンという物質に変化します。これをDHTと言い、これが悪さを働いて髪の毛を着々と脱毛させていく根本的な原因となります。

DHTが問題なのは、毛乳頭にある男性ホルモン受容体と結合することによってその人が本来持っている髪の毛の発毛サイクルを壊してしまうことです。人間の発毛は、髪の毛に限らず周期に従って成長していますので、このサイクルが乱されてしまうと絶対に良質な髪の毛を発毛させたり育毛させたりすることができなくなります。

実際に、DHTによってサイクルがおかしくなると髪の毛の成長に必要な成長期という期間が通常よりも短くなってしまい、十分に髪の毛を成長させるための時間をとることが難しくなります。薄毛の人の中には、髪の毛の本数が少ないだけではなく根本的に髪の毛の質そのものが悪い人が多くいますよね。

髪の毛が細くなってしまっていたり、黒くて見た目の良い髪の毛を成長させることができない人が大勢います。こうした人たちは、実はこのDHTによって健全な髪の毛の成長を邪魔されている人たちなのです。これがAGAの仕組みなので、この原因を除去しない限りは治療に成功することはできません。

まずはクリニックに行くという考え方が大事

f23d0e66cb5526ad2a5daeaa0d8f502d_s

潜在的な患者数は多い

AGAの問題点の一つは、潜在的な患者数がとても多いということです。自覚症状がないだけでAGAを発症させている人は実はとても多く、これによって正しい治療をすることができないという問題点があります。

事実、日本人に限定すると20代から50代の年代でAGAを発症させている患者は3人に1人の割合になっており、成人男性に限定すると薄毛の症状に悩んでいる患者の大半がこの症状であることがわかります。そして正しい治療ができないのは、自己判断で市販薬やサプリメントを使って症状を改善しようと考えている人が多いからです。

確かに、単純な抜け毛や薄毛の症状ならばこうした方法でも改善する見込みはありますが、AGAの場合にはこのようなことに費用と時間をかける必要は全くありません。AGAを含めた薄毛対策で最も良い初期段階での対策は、抜け毛が気になった段階ですぐにでも無料のカウンセリングをクリニックで受けることです。

AGAの治療は日本国内だけではなく世界的な規模で行われていますので、そのための対策やアドバイスに関しては本当に充実しています。費用を払わなくても無料のカウンセリングを受けるだけで、たとえAGAじゃなかったとしても適切なアドバイスを受けて正しい発毛や育毛を進めていくことができます。

発毛サイクルを健全な状態に!

実際にクリニックに行ってAGAだと分かった後は、DHTによっておかしくなった発毛サイクルを元に戻すだけで脱毛症状は治ります。具体的には、発毛サイクルの成長期を長くして髪の毛の成長が一度終わった後に、また成長期に返って来れるように対策をすれば万全です。

この方法には内服薬と外用薬を利用した方法が一般的で、どちらか一方だけを使うのではなく両方とも一緒に使って治療していくことが通常です。また第一に考えなくてはならないのは、まずは脱毛症を止めることです。AGAの状態で自力で育毛や発毛対策をしても、脱毛症が勝ってしまって意味がないということを必ず覚えておきましょう。

脱毛症を止めて発毛を促す治療

fa8fedce226568361d6cfd97edccdd0f_s

AGA治療のプロセスを簡単に述べると二つのプロセスに分けることが可能です。

  • 脱毛症を止める
  • その後に発毛させる

ものすごく簡略化すると、上記二つのプロセスで質の良い髪の毛を増毛させることが可能です。脱毛症を止める方法としてはプロペシアという内服薬を利用します。プロペシアは、体内のテストステロンの働きそのものを抑えることが可能ですので、テストステロンがDHTに変化することを防いでくれます。

この効果が働き始めると初期脱毛と言う脱毛症状が発生し、古くなった髪の毛を除去する機能が働きます。その後に継続的にプロペシアを服用し続ければ、抜けた部分から新しい髪の毛の成長を徐々に確認できるようになりますので、これと同時に発毛を促進させるための薬を利用することになります。

この時に利用する薬がミノキシジルと言う薬で、これが外用薬になります。ミノキシジルは医薬品に違いはありませんが、必ずしもAGAに限定して利用されるわけではないというメリットがあります。

男性ホルモンを抑制するプロペシアは女性では使うことができませんが、ミノキシジルに関しては含有量を調整すれば薄毛に悩む女性であっても使うことが可能なので、この点からもAGAの確認のためにクリニックで相談をするメリットはとても高いと言えるでしょう。

プロペシアとミノキシジルを併用して治療を進めていくと、3年以上のプロセスで患者の8割の人が脱毛症状の減退と発毛効果を体感することが可能だという結果も出ています。このように、原因からその対策まで一貫して治療方法が決まっているのがAGA治療の特徴なので、何も不安に感じることはありません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧