クリニックの薬は効果絶大!治療を実感できるプロペシアの魅力!

MENU

CLOSE

クリニックの薬は効果絶大!治療を実感できるプロペシアの魅力!

効果的な治療方法とそうではない方法

環境によって変わるわけではない

AGA治療に必要な効果的な治療方法は、それほど多く用意されているわけではありません。例えば、市場で手に入れることが可能な発毛剤や育毛剤を使い続けたとしても、AGAに対してはそれほど大きな効果を期待することが難しい側面があります。

一般的に、薄毛の治療や対策を進めていくときのアドバイスとしては、体質にあった製品を利用することが一番であるということが言われます。しかし、AGA治療にこうした一般的なアドバイスは通用せず、AGA治療のみに特化した治療方法を必ず行わなくてはいけません。体質にあった製品を利用したとしても、それがAGA対策として機能しないのならば意味がないからです。

効果を実感するためのポイント

AGA対策で効果を実感するためのポイントは、利用されている製品がどのような製品なのかをきちんと把握しておくことです。例えば、同じような分類として市場で販売されている製品の中にも、効果や成分には必ず大きな違いがあります。これは、国の認可の関係で必ず分けて考えなくてはならなくなっているからであり、具体的には以下のようなカテゴリーに分類されます。

  • 医薬品…AGA治療で利用される薬
  • 医薬部外品…市場で販売される薬ではないもの

医薬品は、その名前の通り厚生労働省の認可がある医学的に臨床試験などから効果が認められた治療薬です。AGA治療薬として認められている日本国内の薬は最大でも三つしかありませんので、これら以外の薬は、少なくともAGAに対してはっきりと効果があると判断できないものと言えます。

一方で、一般的な薄毛や抜け毛の症状に関してはこうした医薬品を利用しなくても治療を進めていけるメリットもあります。そうした単なる薄毛や抜け毛の症状を治療するときには、医薬部外品という医薬品とは別のカテゴリーに分類されているものを利用することが可能です。

医薬部外品は、その製品を作った会社が独自に試算したデータをもとに提供されている製品であるため、実際に患者の頭皮に対して発毛や育毛、またはAGAに対する効果があるかどうかはわかりません。ですから、販売する方としては誇大広告にならないように注意をする必要がありますし、入手する方も効果に関しては高い信用性を置くことはできないようになっています。

もちろん、目的別によって医薬部外品が人間の健康状態に良い効果を与える可能性は否定できません。サプリメントなどは良い例なので、使いどころを考えればそれぞれの場面で効果を実感できる可能性は高くなるでしょう。

功果があるかどうかをどう決めるのか

AGAに関しては、クリニックに行って専門薬を用いた治療を行うことで、症状の大部分を改善できる可能性はとても高くなっています。こうした結論を述べることができるのは、既にAGAに関する統計的なデータや臨床的な試験で良い結果を得ることが出来ているからに他なりません。

一般的に、薄毛や抜け毛の治療に関しては日本国内よりも海外での研究が盛んで、そうした研究結果も海外から流用されているものが多いです。例えば、AGA治療薬のもっとも有名な成分としてはフィナステリドがありますが、これはアメリカによって開発されたものですし、その臨床試験も日本国内で行われる数年も前からAGAに流用できないかと研究が行われていました。

そうして研究された結果で生まれたのが、フィナステリドが含まれているプロペシアというAGA治療薬です。海外で行われた研究結果を参考に、日本国内でも利用することが出来ないかと考えられ、約1年近くの臨床試験の結果を得てようやく日本国内でも認可されました。

このように、AGAに利用される薬は民間の会社が開発してすぐに提供されるわけではありません。海外で開発したものを数年以上にわたって臨床試験を行い、その結果で判断されているものなので、その効果に疑いの余地はないわけです。

副作用に対する誤解を解こう

AGA治療薬の代表的な薬はプロペシアという薬で間違いありませんが、この薬に関しては副作用について大きな誤解を受けている面があります。AGAは、男性型脱毛症という名称からもわかる通り、男性ホルモンが発端となって生じる抜け毛の症状であるため、プロペシアを利用して男性ホルモンが悪玉の物質に変化することを防がなくてはいけません。

そのため、プロペシアを服用すると男性ホルモンの働きが弱くなって、精力が弱くなってしまったり、身体に良くない不調が生じてしまうという誤解が出ています。しかしこれは完全な間違いで、例えばプロペシアを服用することで男性機能に生じる副作用は、患者数の1%程度しか存在しないことが臨床試験で証明されています。

  • 性欲減退…1.1%
  • 勃起不全…0.7%

上記は、プロペシアを服用したことによって報告された副作用の患者の数です。この数値が出た時のプロペシアを服用した全体の患者数は276例で、そのうちの約1%から2%程度の影響しか出ていないことを意味します。男性機能の不全が生じる可能性は1%にも満たないため、プロペシアが副作用の大きな薬であるということは間違いであることがわかります。

巷には、こうした間違った情報がまかり通ってしまっている面がありますので、AGA治療をクリニックで進めようとしているときには注意をしましょう。少なくとも、クリニックで使われる薬に副作用が強すぎる薬は置いていません。

自宅でのAGA治療薬の使用

管理を適切に行おう

AGA治療で利用される薬は、医学的に効果があると判断されているものなので、クリニックで正しい使い方を聞いてその通りに服用していけば、高い確率でその効果を体感することが可能です。これは、AGAに対して効果があるかどうかを判断できない一般の医薬部外品とは大きな違いになっています。

ただし、一度プロペシアを処方してもらえると、自宅でその薬を服用することが可能になりますので、使い方に関しては絶対に間違えないように注意をしておきましょう。

  • 円形脱毛症など他の脱毛症には使えない
  • 女性に対する適用はない

特に、女性と同棲している成人男性は、女性がプロペシアに触れることがないようにきちんと管理する必要があります。

半年間は飲み続けること

プロペシアを処方されてから患者がその効果を体感するためには、連続投与を前提として約半年間の期間が必要であると判断されています。中には3ヶ月の投与で結果を出している患者もいますが、男性ホルモンの状況や薄毛の進行状況によってはそれ以上の期間がかかりますので、だいたい半年間を目安に投与を考えなくてはいけません。

これは、プロペシアの効果を持続させるためには継続的な投与が必要になることを意味します。例えば、目に見えた効果が出たからと言って中途でその服用をやめてしまうと、たとえその段階で効果があったとしても服用を中止したことによってすぐにプロペシアの効果はなくなってしまいます。

プロペシアは、あくまでもAGAの進行を食い止めて発毛に良い環境を作ってくれる薬なので、発毛を同時に進めているわけではないという前提をしっかりと理解しておくことが大切です。処方された薬を発毛剤と一緒に使っていく際には、クリニックに相談することでミノキシジルとの併用で対策をすることが可能です。

ミノキシジルは、それを提供している民間の会社から個人で購入できますが、クリニックで相談したほうが正しい処方を学ぶことができるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧