あなたは大丈夫?AGA(男性型脱毛症)とは!?

MENU

CLOSE

あなたは大丈夫?AGA(男性型脱毛症)とは!?

AGA(男性型脱毛症)って何?

頻繁に聞くようになったAGA

最近よく耳にするようになったAGAとは正式にはAndrogenetic Alopecia で日本語に訳すと「男性型脱毛症」といいます。一般的には若い成人男性に多くみられ、髪の毛が額の生え際から、もしくは頭頂部から薄くなっていく症状が現れます。

どうしてAGAにかかってしまうのか

AGAにかかってしまう原因は男性ホルモンや遺伝が主と言われています。

男性ホルモンに含まれる「ジヒドロテストステロン」という成分により引き起こされますが、この成分は思春期などの男性器の発達に関して重要な成分なので思春期から症状が出始める男性が多い傾向があります。

AGAは男性だけではない?

男性ホルモンによって引き起こされるAGAは必ずしも男性だけに現れるわけではありません。女性にも「女性男性型脱毛症」といいこれも頭頂部や額の生え際から髪の毛が薄くなってしまう症状が現れる場合がありますが男性の症状によく見られる禿髪となることは極めて稀であるといわれています。

AGAと他の脱毛症との違いとは

脱毛症と呼ばれる症状にはAGAの他にも様々な種類があります。他の脱毛症の例として「老人性脱毛症」「壮年性脱毛症」「円形脱毛症」また自分で髪の毛を引き抜いてしまう「抜毛症」というものも存在します。

AGAが遺伝や男性ホルモンが原因なのに対しこれらの脱毛症は主にストレスや食生活、生活習慣が原因で症状が現れることが多いです。

  • 「老人性脱毛症」

60歳を超えた人によく見られるのがこの老人性脱毛症です。これは性別や遺伝には関わりが少なく、またAGAとも併発する危険性が高い症状です。

  • 「壮年性脱毛症」

壮年脱毛症はAGAと同じく遺伝が原因となる症状でこれはゆっくり時間をかけて進行していくので発症に気づくまでには時間がかかる症状です。

  • 「円形脱毛症」

円形脱毛症とは俗に言う十円ハゲと呼ばれる頭に10円玉500円玉くらいの大きさで毛が抜けてしまう症状です。これの原因は自己免疫疾患といわれるもので円形脱毛症は性別・年齢問わずだれでもかかりうる症状ですが、ステロイド(塗り薬)を長期的に処方し続ければ治る症状です。

  • 「抜毛症」

抜毛症とは自分で正常な髪の毛を引き抜いてしまう症状で、多くは思春期の小学生などに多くみられる症状です。この症状の主な原因はストレスである説、脳の一部に支障があるからなど様々な例があげられていますが、まだその原因は正確にはわかっていないというのが現状です。

AGAに悩んでいる人は多い!

人には言いづらい

人目に触れる髪の毛だからこそ、AGAに悩んでいる人は実際には多くいます。また現在AGAで悩んでいる人の人数は1260万人といわれ人には相談しにくい症状だからこそ相談できず悩んでいる人は多くいます。

対処しないと進行する!?

AGAは進行性の症状なので放っておくとその症状はどんどん進行していきます。進行していくと髪の毛の本数や髪の毛の一本一本が細くなっていき、何も対策しないでいるとその症状は悪化する一方です。

AGAの治療方法

まずクリニックへいこう

最近はAGAなど薄毛に対するクリニックも増えてきました。一人で抱え込んで悩んでいるよりも早急にクリニックで相談し、治療を行ってもらうのが一番の解決策となります。

どのような治療方法があるのか

AGAの治療方法は様々なものがあります。クリニックへ行き相談する前に治療にはどのようなものがあるのかを知っておくことで心にゆとりができます。

  • シャンプーや育毛剤を使う

これはAGAが始まっていない人やほんの少し薄毛に悩んでいる人などに多く当てられます。市販の育毛シャンプーなどを使用することで将来のために対策しておくケアの方法です。

  • 薬を塗る

これはAGAの初期症状が現れた人などに当てられる治療方法で頭皮に散布することで発毛を促進する方法です。治療費もさほどかからず安価で対策ができます。

  • 頭皮に薬を注入し発毛促進

これはAGAがだいぶ進行してきた人に当てられる治療法で頭皮に薬を注入することで発毛を促そうとする方法です。

最終的な方法

AGAの最終的な対策として植毛やかつらなどの使用があります。

これは薬などを頭皮に塗りつつ、その間はかつらで隠す対処法になるので症状がかなり進行してしまった人に対しての治療法となります。

  • 植毛

最近テレビなどで植毛について宣伝していますが植毛とはその漢字の通り人工的な毛髪を頭皮に植え付けるものや、脱毛した部位に毛包と呼ばれるものを移植することによって髪の毛を生えさせるようにする方法、また脱毛した部分を切除し他を引き寄せることで脱毛箇所をなくすという方法も現在では出てきました。

しかし、これらの治療には薬を塗るような治療と比べ費用がかさむことがデメリットとなっています。また、AGAのような症状に対して植毛のような治療をすることはお勧めしません。

  • かつら

かつらは体に薬を使うこともなく、また治療で時間が拘束されることもないので時間がない人や治療中のAGA患者にとっては一時的な対処法となります。

またかつら自体は安価で購入することができるので、試してみて失敗した時のリスクが少ないこともメリットです。

AGAの対策

 

遺伝が多くの原因となるAGAは対策をすることで症状を緩和させたり遅らせたりすることが可能です。思春期から発症することが多いAGAなので気づかないだけで実際はもう進行しているのかもしれません。自分は違うと思っている人でも将来のために今から対処しておくことは重要です。後になって困らないためにも今からできる対策をしましょう。

頭皮をきれいにする

頭皮を常に清潔な状態にしておくことは重要です。頭皮が汚れていたら毛穴に皮脂が詰まり髪が生えない原因となります。皮脂を詰まらせないためにもシャンプーをちゃんと使い、常に清潔にしておくことで薄毛やAGAの予防となります。

きちんとした食生活を送る

毎日きちんとした食生活を送ることもまた、AGAの予防の一つとなります。栄養をしっかりとることで毛髪に与える栄養分を摂取します。また、髪の毛を作る成分となるものはアミノ酸というもので肉や魚などのタンパク質をとることでアミノ酸を体内で生成することができます。

そのほかには豆類からも生成することができるのでそちらのほうでも代替は可能です。普段からタンパク質をとることを心がけていれば、それだけでAGAの予防となります。なお、タンパク質と一緒にミネラル・ビタミンもとるように心掛けましょう。

精神面に気を使う

ストレスもAGAの症状に大きく影響します。また、どんな病気においてもストレスは体にいいものではありません。規則正しい生活をすることでストレスは減らすことができるので、常に規則正しい生活をすることを心がけ、決まった時間に毎日睡眠をとることが重要です。

また、自分なりのストレス解消方法を持つことも大切です。カラオケやスポーツ、ゲームなど自分なりのストレス解消法を持っていれば過度なストレスを溜め込むことなくいられるので自分のストレス解消法を見つけておくことが大切です。

自分でマッサージをする

AGAや薄毛などの症状は自分で頭皮をマッサージすることで緩和されます。たまには自分でマッサージして頭皮に刺激を与え発毛を促すことも大切です。また。その時には力を入れすぎるとかえって逆効果となってしまうのでマッサージを自分でする際には適度な力で頭皮全体を揉むようにしてマッサージをしましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧