円形脱毛症治療は「AGA治療クリニック」で治せる?

MENU

CLOSE

円形脱毛症治療は「AGA治療クリニック」で治せる?

alopecia-areata

円形脱毛症の治療をAGA治療クリニックで行えるかというと、AGAを専門にしているクリニックでも医療機関であるため治療は可能です。

クリニックではない「サロン」という場所では医療機関ではないため治療が行えませんが、医師による発毛治療を行っているところであれば頭皮のトラブルを診てもらうことができます。

ただし、AGA治療を取り扱っているクリニックはその他の脱毛症についても広く治療しているところがたくさんあります。数ある脱毛症の治療の中で円形脱毛症を掲げているクリニックなら治療が可能です。クリニックを選ぶときは、そこがどのような脱毛症について治療を行っているかチェックすることが大切です。

クリニックのホームページなどを見ると詳細がわかりますから、一度調べてみることをおすすめします。

円形脱毛症とAGAは別物

薄毛の正体については例えば円形脱毛症であったりAGAであったりなどさまざまです。円形脱毛症とAGAは基本的には全くの別物です。

円形脱毛症はその名のとおり円形に脱毛部分(脱毛斑)ができてしまう疾患で、頭部または全身のどこにでも発生する可能性があります。

原因は何らかの要因で自己免疫不全を起こして毛根が攻撃されたことによるものです。強いストレスを受けたりアレルギーによって引き起こされたりします。

一方AGAは髪の生え際や頭頂部が薄くなるのが特徴で、原因は男性ホルモンが毛根にダメージを与えてしまうためです。このように円形脱毛症とAGAでは特徴も原因も異なるのです。

治療方法も根本から異なる

3f1cf3a1b68da59c1441cd5c5d2f71c1_s

症状の特徴だけではなく原因も全く違う円形脱毛症とAGAは、治療方法についても根本的に違ってきます。円形脱毛症は自己免疫の過剰反応によって起こるとされているため、免疫反応を鎮める薬を注射または服用、塗布したり抗アレルギー薬などを用いたりといった方法で治療されます。

一方男性ホルモンに原因があるAGAでは、男性ホルモンの作用を抑制するための薬を用いるのが主な治療法です。つまり、AGAの治療法を円形脱毛症の人に施しても効果が見られないということになります。

ただし、発毛を促進させる方法としてはいずれも育毛剤を患部に塗布することは共通して行われています。

皮膚科でも治療してくれる

円形脱毛症は自己免疫不全による皮膚疾患と捉えられるため、皮膚科でも治療してもらえます。円形脱毛症は自己免疫の異常によるアレルギーでも起こり得るものですから、皮膚科の治療の範疇と考えてよいのです。

治療に主に用いられるのは免疫を抑制するステロイド製剤で、注射薬や内服薬、外用薬があります。ステロイドは急に使用をやめると症状がリバウンドしてしまうことがあるため、医師の指示に従って正しく薬を用いるようにしましょう。

その他の治療法では患部を冷凍させてその刺激で発毛させる方法や、範囲が広くなったときにはあえて患部をかぶれさせて刺激を与えて発毛させる方法などがあります。

いずれにせよ早期の治療が悪化させないために必要となりますので、医療機関に相談するようにしましょう。決して自己判断で安易に育毛剤などを使わず、医師の指示を仰ぐようにしてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧