AGAの発毛治療薬の飲み合わせについては問題ないの?

MENU

CLOSE

AGAの発毛治療薬の飲み合わせについては問題ないの?

p1150459

プロペシアの服用で気を付けたいこと

AGAの治療薬の中で一般的に使用されているプロペシアは、他の薬と併用した場合にも大きな問題がないとされています。

臨床試験の結果、代表的な薬との飲み合わせでは注意すべき結果は出なかったとの報告があります。服用する機会が多い風邪薬などを一緒に飲むことについては心配しなくてもよいでしょう。

ただし、プロペシアは副作用として肝機能不全が引き起こされることがまれにあるようです。そのため、肝臓の疾患の治療を行っている場合には注意が必要です。

詳細にどの薬との併用で問題が起きるかという報告はなされていないため、薬を処方する医師の判断をあおぐのがおすすめです。

ミノキシジルタブレットは血圧に影響

ミノキシジルはAGAの治療において補佐的に使用される薬です。血行を促進し、毛根を活性化できるとされています。もともとは血圧降下剤として用いられているものであるため、高血圧の治療の際に用いられる他の血圧降下剤との併用は禁止されています。

薬の相互作用によって血圧が異常に下がってしまう危険性があるのです。また血液の凝固を抑える抗凝固薬や抗血小板薬との併用にも問題があるといわれています。

いずれも血流に異常をきたしてしまう恐れがあるためです。その他血液関係の治療を受けている人は必ず医師に相談し、ミノキシジルとの飲み合わせについて聞いておきましょう。

新しく認可されたザガーロ・アボルブなどでは

2015年にAGA治療薬として新たに認可されたデュタステリド製剤は、アボルブやザガーロという薬品名で処方されるようになりました。これらの薬はプロペシアと同様に男性ホルモンの受容をコントロールするものであり、報告されている副作用の内容もほぼ似通っています。

ただし、副作用が発現する割合はプロペシアよりも若干高めとされており、重篤な副作用とされている肝機能障害を引き起こす可能性も多少高いといわれています。

そのため、肝臓疾患の薬を服用している場合にはプロペシアを服用するときよりもさらに注意すべきといえるでしょう。AGAの治療を受けるときは肝臓疾患についてしっかりと伝えておくのが得策です。

医師に相談して適切な服用を

いずれの薬も医師からの処方が認められている薬であるため、安全性についてはある程度証明されています。ただし、他の薬との飲み合わせの問題ではミノキシジルでは多少明確であるものの、プロペシアやアボルブ・ザガーロといった薬ではまだ明確になっていない点があります。

肝臓疾患の治療薬との関係性も、肝機能への副作用の報告があるために注意が必要であるという状態であり、特定の飲み合わせについては情報がないのが現状です。AGA治療薬の服用に関しては、きちんと医師に相談して薬の飲み合わせに問題がないかを判断してもらうようにしましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧