頭皮ケアにAGA治療薬!代表的な薄毛対策の方法を徹底解説

MENU

CLOSE

頭皮ケアにAGA治療薬!代表的な薄毛対策の方法を徹底解説

AGA治療薬

AGA(男性型脱毛症)について

AGAは男性の薄毛原因の約9割を占めている症状であり、発症すると前髪の生え際がM字型に脱毛したり、頭頂部で薄毛が進行するなどの症状が現れます。主に男性ホルモンの影響が原因で起こる症状なので、思春期以降に多く発症します。そしてAGAを発症させる原因が「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンの一種です。

遺伝などの影響で体内に「5αリダクターゼ」という酵素が増加すると、その作用で体内のテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されます。そして、ジヒドロテストステロンが髪の毛の毛乳頭にあるアンドロゲンレセプターに結合することで、髪の毛のヘアサイクルが乱されます。

髪の毛は「成長期」「退行期」「休止期」という3種類の時期を繰り返しており、主に成長期に長くて丈夫な髪の毛に成長しますが、ジヒドロテストステロンの作用によって成長期が短縮されると、痩せ細った状態の内に成長期が終わります。そしてAGAを発症すると、AGA治療薬を使用する以外に症状を改善する方法はありません。

プロペシア

プロペシアはAGAの進行を抑制する効果を持った治療薬です。AGAの原因物質である5αリダクターゼの作用を抑制する効果を持っており、プロペシアを使用することでAGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの生成量を減らしてAGAの進行を抑制できます。

元々はアメリカの製薬会社によって前立腺肥大症の治療薬として開発されましたが、薄毛治療に役立つことが発見されて現在では多くの国々でAGA治療に利用されています。しかし、プロペシアの使用が原因で男性機能の低下や乳房肥大、うつ病などの副作用を発症する場合があります。

そのため、プロペシアは個人輸入などで安く入手する方法もありますが、本当に薄毛の原因がAGAなのか調べたり、プロペシアを使用しても問題のない健康状態か診察してもらえる病院やAGAクリニックなどを利用して処方してもらう方が安全です。

ミノキシジル

ミノキシジルはAGAを発症して薄毛や抜け毛が進行した頭皮に再び発毛させる効果を持ったAGA治療薬です。ミノキシジルを使用するとアデノシンという核酸の一種が体内で増加して、その作用によってVEGF(血管内皮増殖成分)やKGF(角質細胞増殖因子)などの成長因子が毛乳頭細胞から分泌されます。

VEGFは髪の毛に栄養や酸素を届けるために必要な血管の新生や修復などの役割を持ち、KGFは髪の毛の元である毛母細胞の分裂や増殖を促す作用を持っています。そのため、ミノキシジルを使用することによって髪の毛の元が増えるのと同時に成長を促進できるため発毛効果が得られます。

しかし、ミノキシジルを使用すると頭皮の痒みや炎症、多毛症や血圧低下などの副作用を発症する場合があるため、個人輸入で入手するよりも、体質に合わせて濃度を調整した上で処方してくれる病院やAGAクリニックを利用して入手する方が安全に使用できます。

頭皮ケア

頭皮マッサージ

頭皮の血行が悪化すると髪の毛が成長するために必要な栄養分や酸素などが十分に供給されないため、薄毛や抜け毛が進行する可能性があります。そのため、頭皮マッサージを施して血行を改善することで髪の毛の健全な成長をサポートする効果が得られます。

さらに頭皮マッサージによって頭皮の毛穴に詰まった皮脂やフケなどの汚れをかきだすことで薄毛を予防できます。また頭皮マッサージを行う際は爪を立てると頭皮を傷つけてしまうため、指の腹や手の平などを使用してマッサージを施しましょう。

育毛シャンプー

一般家庭で使用されている安価なシャンプーの多くには、石油系界面活性剤という成分が含まれています。低コストで洗浄力が高く、泡立ちが良いことで利用されている成分ですが、洗浄力が強すぎるため頭皮の保護に必要な皮脂まで洗い落としてしまい、頭皮環境を悪化させて薄毛や抜け毛を進行させる場合があります。

しかし、育毛シャンプーには必要な皮脂を残して頭皮や髪の毛を洗浄できるアミノ酸系界面活性剤が含まれているため、頭皮環境に悪影響を与えません

生活習慣の改善

入浴する

髪の毛の正常な成長をサポートして薄毛や抜け毛を防ぐには、頭皮の血流を促進することが大切です。現代はお風呂を沸かすことが面倒という理由から身体を洗う際にシャワーだけで済ませる方が増えていますが、しっかり湯船に浸かって身体を温めることで、頭皮の血流を促進して薄毛を予防したり薄毛の症状を改善する効果が得られます。

また入浴時は頭皮の毛穴が開いているため、頭皮マッサージを行うことで効率よく頭皮の皮脂やフケなどの汚れを除去できます。

十分に睡眠をとる

日中に浴びた紫外線や空気中の汚れなどが原因で頭皮や髪の毛が負ったダメージは、主に睡眠中に分泌される成長ホルモンの作用によって修復されます。しかし、睡眠不足が続くと髪の毛や頭皮が十分に修復されずにダメージが蓄積していくため、薄毛や抜け毛に繋がる可能性があります。そのため薄毛対策には十分な睡眠をとることが大切です。

体重管理をする

太っていると頭皮の皮脂分泌量が増加するため「脂漏性脱毛症」や「ひこう性脱毛症」を発症したり、血液の粘度が増すことで頭皮の血流が悪化して、髪の毛の健全な成長が妨げられる場合があります。そのため薄毛対策には適切な体重を保つことが大切です。

しかし痩せるために過度なダイエットを行うと、髪の毛が栄養不足になったり、身体が脱水状態になって血液の粘度が増すことで頭皮の血流が悪化するなど、様々な薄毛原因を引き起こすため、ダイエットをする際は無理をせず、少しずつ体重を減らすことが大切です。

高脂肪食品を控える

高脂肪食品を摂取すると頭皮の皮脂分泌量が増加します。そして過剰に分泌された皮脂が酸化して頭皮の炎症を起こしたり、毛穴に詰まって髪の毛の成長を妨げるなど、薄毛原因に繋がる場合があります。

また、高脂肪食品を摂取することによって血中の中性脂肪やコレステロールなどが増加して血行が悪化するため、髪の毛の成長に必要な栄養分や酸素などの供給量が減少して薄毛が進行する場合があります。そのため、薄毛対策には高脂肪食品の摂取を控えることが大切です。

お酒を控える

飲酒によって体内に吸収されたアルコールは、肝臓に運ばれた後でアセトアルデヒドという毒性のある物質に分解されます。その後は解毒されて酢酸という無害な物質に変えられますが、飲酒量が多すぎたり肝臓が弱っていると解毒が間に合わないため、アセトアルデヒドが体内に流出して身体に悪影響を与えます。

その際に、体内のテストステロンがAGAの原因物質であるジヒドロテストステロンに変えられるため、AGAの症状が悪化する場合があります。そのため薄毛対策には過度な飲酒を避けることが大切です。

禁煙する

タバコに含まれているニコチンには血管を収縮させる作用があるため、喫煙すると頭皮の血行が悪化して髪の毛の成長に必要な栄養分や酸素などが十分に供給されなくなります。

さらに喫煙によって髪の毛が必要とする各種ビタミンが失われたり、髪の毛の元である毛母細胞の活性を抑制する作用を持った活性酸素が体内に増加するなど、喫煙は薄毛や抜け毛に繋がる様々な悪影響を身体に及ぼすため、薄毛が気になる方は禁煙する必要があります。

自毛植毛

自毛植毛は側頭部や後頭部などの薄毛になりにくい部位に生えている髪の毛を、既に薄毛が進行している部位に移植する薄毛の治療方法です。毛根が死滅していると発毛剤を使用しても髪の毛を増やせませんが、自毛植毛ならそうした頭皮にも再び髪の毛を増やすことが可能です。

そして、自毛植毛は自分の髪の毛を植えるので施術後の仕上がりに違和感がなく、治療が終わったあとは一般的な植毛と違って病院やクリニックに通ってメンテナンスを行う必要がないため、余計な費用や手間などがかかりません。しかし、自毛植毛は美容目的の治療に分類されて保険が適用されないため、手術を受けるためには高額な治療費が必要です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧