薄毛治療の定番!AGA治療薬のメリットや使用方法などを解説

MENU

CLOSE

薄毛治療の定番!AGA治療薬のメリットや使用方法などを解説

AGA治療薬のメリット

AGAの症状を治療する唯一の方法

薄毛原因のおよそ9割を占める症状がAGA(男性型脱毛症)です。AGAを発症すると額の生え際が後退してM字型に脱毛したり、頭頂部の髪の毛が薄くなります。5α-還元酵素という物質の影響で体内のテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変わると、DHTが髪の毛のヘアサイクルを乱すせいで髪の毛が正常な成長を遂げられずに痩せ細って、薄毛や抜け毛が進行します。

そして5α-還元酵素が体内で増加しやすかったり、その影響を受けやすい体質は殆どの場合に遺伝が原因なので、生活習慣や食生活の改善などの対策だけでは治療できません。そのためAGAの症状を治療するためにはAGA治療薬を使用する必要があります。

ミノキシジルは発毛を促進する

ミノキシジルはAGAが原因で薄毛や抜け毛が進行した頭皮の発毛を促進する効果を持ったAGA治療薬です。米国食品医薬品局の認可を受けて、世界90ヶ国以上でAGA対策に利用されています。そして日本皮膚科学会はAGA治療薬をランク付けする際に、プロペシアの主成分であるフィナステリドとミノキシジルの2つを最高評価のAランクに分類しています。

ミノキシジルを使用するとアデノシンという核酸の一種が体内で増加します。そして増加したアデノシンの働きによって、毛乳頭細胞からVEGF(血管内皮増殖成分)やKGF(角質細胞増殖因子)などの成長因子が大量に分泌されます。

VEGFには髪の毛に栄養分や酸素を供給するために必要な血管の新生や修復を促進する働きがあり、KGFは髪の毛の元である細胞の毛母細胞を増殖させる働きを持ちます。そのためミノキシジルを使用することで、髪の毛の元が増えると同時にその成長に必要な栄養分や酸素などが十分に供給されるため、AGAが原因で薄毛や抜け毛が進行した頭皮の発毛を促進できます。

プロペシアはAGAの症状を抑制する

プロペシアはAGAが原因で進行する薄毛や抜け毛の症状を抑制する効果を発揮するAGA治療薬であり、米国食品医薬品局の認可を受けて世界60ヶ国以上でAGA対策に利用されている治療薬です。一般的に病院やAGAクリニックではプロペシアによってAGAの症状を抑制して、ミノキシジルによって髪の毛を増やすという形でAGA治療が行われます。

そしてプロペシアは、主成分であるフィナステリドがテストステロンをDHTに変化させる原因である5α-還元酵素の働きを阻害する作用を持つため、DHTの生成量を減らしてAGAの進行を抑制する効果を発揮します。

AGA治療薬のデメリット

治療期間が長くて治療費が高い

髪の毛は「成長期」「退行期」「休止期」という3つの時期を繰り返しており、これをヘアサイクル(毛周期)と呼びます。AGAとは成長期が短かくなり薄毛や抜け毛が進行する症状なので、AGA治療薬は乱れたヘアサイクルを正常に回復することでAGAを治療します。

しかしヘアサイクルを回復する効果は少しずつ現れるので、使用するAGA治療薬の効果を得られるのか確認するだけでも半年程度の期間が必要です。そして、プロペシアやミノキシジルといったAGA治療薬を病院やAGAクリニックなどで処方してもらう場合の費用は1ヶ月分で7千円程度が相場です。

そのため、AGA治療薬を使用しても効果がない体質だったとしてもそれを確認するだけで数万円がかかるなど、AGA治療薬を使用したAGA治療には高額な治療費が必要です。

ミノキシジルの主な副作用

ミノキシジルの使用が原因で発症する可能性がある主な副作用は以下の通りです。

  • 多毛症

内服タイプのミノキシジルを使用すると内蔵を通して発毛成分が全身に作用を及ぼすため、髪の毛だけではなく全身の体毛が濃くなる場合があります。

  • 低血圧

ミノキシジルの使用が原因で起きる代表的な副作用が低血圧です。元々ミノキシジルは高血圧を治療するための血管拡張剤として開発された薬なので、ミノキシジルの使用が原因で血圧が低下する場合があります。

  • ニキビ

血管拡張作用があるミノキシジルの働きで血行が促進されることで、皮膚の成長が促進されて皮脂分泌量が増加します。そして皮脂を栄養源にするアクネ菌が増加することでニキビが発生します。

  • 頭皮の痒み

ミノキシジルの使用が原因で皮脂分泌量が増加することで、頭皮が脂漏性皮膚炎になり痒みを感じる場合があります。

プロペシアの主な副作用

プロペシアの使用が原因で発症する可能性がある主な副作用は以下の通りです。

  • 性機能障害

プロペシアの代表的な副作用が性機能障害です。プロペシアの影響で勃起不全や性欲減退、精巣の痛みや精子数の減少などの症状が現れることがあります。

  • 初期脱毛

プロペシアが効果を発揮してヘアサイクルが正常に戻ると、休止期の髪の毛が新しい髪の毛に押し出されて大量に抜け落ちる初期脱毛と呼ばれる症状が現れます。

  • うつ病

脳脊髄液内にある神経ステロイドは精神を安定させる役割を持ちますが、プロペシアを使用すると神経ステロイドが減少して精神が不安定になりうつ病を発症する場合があります。

  • 肝機能障害

多くの薬は少なからず肝臓に負担を与えますが、AGA治療薬は長期間使用する場合が多いため肝臓の負担が蓄積して肝機能障害を引き起こすことがあります。

  • 乳房肥大

プロペシアは男性ホルモンの生成を抑制してAGAの症状を改善する治療薬なので、身体が女性化して乳房が大きくなる場合があります。

AGA治療薬の使用方法

内服薬

AGA治療薬の効果を十分に引き出せる使用方法ですが、AGA治療薬の成分が内臓を通過する影響で副作用を発症するリスクが高いというデメリットがあります。しかし、病院やAGAクリニックは副作用が起こりにくいように濃度や成分を調整したオーダーメイドのAGA治療薬を処方してくれるため安全に使用できます。

外用薬

AGA治療薬を塗り薬として頭皮に塗布する使用方法です。内服薬よりも副作用を発症しにくいため安全ですが、頭皮のバリア機能に浸透を阻害されてAGA治療薬が十分な効果を発揮できないというデメリットがあります。

育毛メソセラピー

育毛メソセラピーとは、注射針などを使用して頭皮の奥にAGA治療薬を注入する方法です。AGA治療薬が内臓を通過しないため副作用を発症するリスクが低く、さらに注射針で頭皮バリア機能の奥にAGA治療薬を直接注入できるため、高い治療効果を得られるというメリットがあります。

また、頭皮に麻酔剤を使用してから注射針を刺すため大きな痛みはありませんが、それでも痛みが気になる方に向けて、さらに痛みが少ないノーニードルメソセラピーという方法もあります。炭酸ガスレーザーや電気穿孔法などを利用して、注射針を使わず頭皮にAGA治療薬を注入する方法であり、施術に伴う痛みが非常に少なく患者に負担がかからない方法です。

AGA治療薬のジェネリック医薬品

ミノキシジル

ミノキシジルには正式なジェネリック医薬品が存在しません。ジェネリック医薬品(後発医薬品)は製薬会社が開発した新薬(先発医薬品)の特許が切れたあとに、他の製薬会社が同じ成分を使用して開発する医薬品のことです。

そのため正規品のないミノキシジルのジェネリック医薬品は存在しませんが、ミノキシジル配合の発毛剤であるロゲインのジェネリック医薬品であるカークランドのように、実質的なジェネリック医薬品は存在します。

プロペシア

プロペシアのジェネリック医薬品にはインドのシプラ社が製造販売するフィンペシアという医薬品があります。プロペシアの特許が切れる前に開発された医薬品なので正確にはジェネリック医薬品ではありませんが、医薬品に関するインドの法律が現在ほど整備されていなかった時代に合法的に開発されました。

また、昔のフィンペシアにはキリノンイエローという色素が使用されていましが、発がん性が指摘されてフィンペシアの買い控えが起きたことで、2014年6月頃から販売されているフィンペシアにはキリノンイエローが使用されていません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧