AGA治療は保険が効かない?治療費を抑える対策も紹介!

MENU

CLOSE

AGA治療は保険が効かない?治療費を抑える対策も紹介!

保険診療と自費診療

医療機関で受けられる治療には保険診療と自費診療があります。保険診療とは文字通り、保険が効く治療のことを言います。どの保険医療機関で治療を受けても治療費は一定です。医療機関にて保険証を提示したとき、保険が効くと通常3割の自己負担で済むために治療費が大幅に安くなります。

自費診療とは保険が効かない治療のことを言います。保険で7割負担することが出来ないため、全額自己負担することが必要です。整形手術など美容を目的とした治療、近視の手術、予防注射、研究中の高度医療、健康診断や人間ドックなど様々な治療で自費診療となります。不正に保険を受け取ろうとした場合、制限がかかることがあります。

AGA治療は自費診療

自己免疫疾患が原因となっている円形脱毛症では保険が効くため、医療機関で治療を受けても負担が少ないです。しかし男性ホルモンが原因となっているAGAでは美容目的であるため、自費診療となるのです。

AGAでは前頂部や頭頂部の髪の毛が細く短くなっていくと言う症状が見られるものの、特に治療を受けなくても命に別状はありません。病院の皮膚科でもAGAクリニックでも保険は効きませんので予め把握しておいて下さい。

医療費控除は受けられる?

高額な治療費がかかったときは医療費控除により、確定申告すれば一部ではあるものの戻ってきます。高額なAGA治療費がかかっても保険が効かないため、医療費控除で何とか節約出来ないだろうかと考える方は多いです。しかしどんな治療でも医療費控除の対象となるわけではありません。

美容目的の治療は医療費控除の対象外、美容目的であるAGA治療だと医療費控除が受けられないことがあります。病気などで脱毛の症状が進み、結果としてAGA治療を受けることになったと言う場合では医療費控除が受けられることがあります。

AGA治療薬の種類と相場価格

AGA治療薬はフィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルなど様々です。自費診療では医療機関によって治療費が異なるために分かり難いことがありました。

フィナステリドの価格相場は?

フィナステリドは5α還元酵素を阻害し、男性ホルモンのテストステロンがDHTに変換されるのを抑える効果があります。優れた効果があると言うメリットがある反面、価格が高いと言うデメリットがありました。フィナステリドを主成分とする医薬品の場合、1か月分で7千円から1万円ほどが相場となっています。

フィナステリドは効果が出るまで3か月から6か月はかかります。効果が出た後に服用を中止するとAGAの症状がまた始まり出してしまいます。1年続けると8万4千円から12万円かかるため、負担が大きくなることがありました。

デュタステリドの価格相場は?

5α還元酵素には1型と2型があり、フィナステリドでは2型のみを阻害します。デュタステリドは1型も2型も阻害するため、フィナステリドより期待度の高い有効成分となっています。その代わりにフィナステリドよりも価格相場が高めです。

1か月分で9千円から1万2千円ほどが相場となっています。フィナステリド同様、デュタステリドも服用を続けることが必要です。

ミノキシジルの価格相場は?

ミノキシジルは血流促進効果により発毛を促す有効成分です。海外製のミノキシジル外用薬の処方を受けた場合、1か月分で5千円から6千円ほどが相場となっています。国内製薬会社のミノキシジル発毛薬では1か月分で5千円から8千円ほどがかかります。ミノキシジル5%配合は男性用、ミノキシジル1%配合は女性用となっており、濃度の高い男性用のほうが高めです。

ミノキシジルには外用薬の他にもミノキシジルタブレットがあります。外用薬より効果が出やすいと言うメリットがある反面、多毛症が起きやすいと言うデメリットがあります。ミノキシジルタブレットは5錠1か月分で1万円から1万2千円ほどが相場です。ミノキシジルも効果が出るまで3か月から6か月ほどかかります。使用を中止するとAGAの症状が始まるため続けることが必要です。

治療費を抑える対策

フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルともに続けると負担が大きくなるものの治療費を抑える対策があります。

ェネリック医薬品で抑える

先発医薬品の特許が切れた後は後発医薬品メーカーでも製造販売出来るようになります。後発医薬品メーカーのジェネリック医薬品なら大きな開発コストがかからないため、価格が安いと言うメリットがあります。価格が安くても使用する有効成分は同じ、期待出来る効果も同じです。

フィナステリドにもジェネリック医薬品があり、治療費を抑えることが可能です。アメリカ製薬会社のジェネリック医薬品では1か月分で5千円ほどが相場となっています。錠剤の見た目も殆ど同じのため、服用するときの違和感はありません。

最近では国内製薬会社からもフィナステリドのジェネリック医薬品が登場しています。こちらは1か月分で4000円から4500円が相場となっており、アメリカ製薬会社より価格が若干安くなっています。

個人輸入代行で抑える

医療機関でAGA治療薬の処方を受けると安心ではあるものの、価格が高くなるデメリットがありました。そんなときは個人輸入代行サイトで購入すると言うコツがあります。インドの製薬会社でもフィナステリドのジェネリック医薬品があります。この場合は1か月分1500円ほどで入手することが可能です。

1年続けても1万8千円ほどと大幅な節約が期待出来ます。デュタステリドのジェネリック医薬品でも1か月分5000円ほどで購入出来ます。ただし自己責任での服用となるため、信頼性の高い個人輸入代行サイトを選んで購入することが大切です。中には成分鑑定を行っている個人輸入代行サイトもあります。

全部の医薬品で成分鑑定を行っているわけではないものの、信頼性が高くなっています。クレジットカードで購入出来るためにわざわざ両替する手間はかかりません。その代わりに海外発送のために期間がかかります。

トータルで考えると自毛植毛もあり

AGA治療薬は長い期間になると幾らかかるのか分かり難いことがありました。10年15年と言った期間で考えるとかなりの負担となります。そんなときはAGAクリニックで自毛植毛を受けると言う対策もあります。AGAクリニックの自毛植毛では後頭部の髪の毛を毛根ごと採取し、前頭部や頭頂部に植毛しています。

植毛した後は毛周期により自然な生え変わりが進むため、長々と治療を受けずに済むと言うメリットがあります。その代わりに最初に大きな治療費がかかります。

自毛植毛の価格相場

自毛植毛では1000グラフトで90万円から120万円ほどが相場となっています。1年間10万円必要なAGA治療薬を服用し続けた場合、10年で100万円となり自毛植毛と殆ど変らない治療費がかかります。その後も効果を維持するには服用しないといけません。トータルで考えると自毛植毛による対策は魅力が大きいです。

しかしAGAの症状が進行し、前頭部から頭頂部にかけて自毛植毛が必要になると治療費の支払が厳しくなります。そんなときはメディカルローンを利用すると月々分割払いすることが可能です。最初に大きな治療費を支払せずに済む代わりに、メディカルローンは審査に受かることが必要です。

審査では安定した収入が求められるために注意して下さい。その他にもメディカルローンは金利手数料がかかります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧