AGA治療にはどんな効果がある?治療別に解説!

MENU

CLOSE

AGA治療にはどんな効果がある?治療別に解説!

脱毛を予防する効果があるAGA治療

有効成分フィナステリド

AGAは脱毛因子を生成する男性ホルモンDHTが原因となっています。有効成分フィナステリドにはDHTを抑制し、脱毛を予防する効果があります。1日1回服用すると3か月から6か月後に効果が出てきます。AGAクリニックでは内服薬として処方していることが多いです。

有効成分デュタステリド

男性ホルモンのテストステロンが5α還元酵素と結びつくと男性ホルモンDHTへと変わります。この5α還元酵素には1型と2型の2種類があり、フィナステリドが抑制するのは2型のみです。有効成分デュタステリドは1型も2型も抑制するため、フィナステリドより高い脱毛予防効果があります。日本での承認は遅れていたものの、2015年9月にAGA治療薬として承認されました。

有効成分アルファトラジオール

有効成分アルファトラジオールには5α還元酵素を阻害し男性ホルモンDHTの生成を抑える効果があります。フィナステリドやデュタステリドは内服薬の成分です。アルファトラジオールは外用薬の成分と言う違いがあり、頭皮に塗ると言う方法でAGA対策を行います。

フィナステリドやデュタステリドより身体への作用がおだやかなため、副作用も少なくなっています。

発毛を促進する効果があるAGA治療

有効成分ミノキシジル

有効成分ミノキシジルには血流を促進し発毛を促進する効果があります。頭皮に塗って使用するリキッドやジェル、飲んで使用するタブレットといくつかのタイプが存在しています。リキッドやジェルのミノキシジルは1日2回使用、タブレットは1日10mgを上限に使用します。タブレットは副作用が出やすいため、まずは1日5mgから始めるのがおすすめです。

グロースファクター再生療法

グロースファクター再生療法では頭皮に直接成長因子を注入し、AGAにより乱れてしまったヘアサイクルを正常化して、発毛を促しています。ダーマスタンプ法と言う注入方法では極細針が付いた医療用スタンプを頭皮に押し当てて微細な穴を開けて成長因子を浸透させています。

エレクトロポレーション法と言う注入方法では微弱な電流により、細胞膜に微細な穴を開けています。ダーマスタンプ法、エレクトロポレーション法ともに痛みが殆どありません。

HARG療法

HARG療法では成長因子を配合した発毛カクテルを頭皮に直接注入し、発毛を促しています。グロースファクター再生療法と似ているものの、成長因子の数が150種類以上とHARG療法のほうが多いです。様々な細胞に分化する幹細胞から抽出した成長因子のため、効果の持続期間が長いと言うメリットがあります。

1クール6回で治療を行うAGAクリニックが多く、発毛状況に応じて回数をプラスしています。多くのAGA患者で半年ほどの期間で実感しています。

ケラステム毛髪再生

ケラステム毛髪再生ではAGA患者本人の脂肪から幹細胞を抽出し頭皮へ直接注入しています。様々な成長因子が毛包幹細胞を刺激して、休止期から成長期への移行を促しています。本人由来の幹細胞のために頭皮に注入しても拒絶反応の心配がありません。さらに血管の新生を促す効果があり、頭皮の血流改善が期待出来ます。

脂肪不足で固くなった頭皮でも、脂肪の増加により柔らかくなっていきます。さらに抗炎症作用を持つ成長因子の生成も促されるため、頭皮の炎症も抑える効果があります。発毛促進効果に加えて頭皮の環境改善効果も期待出来ると言うのがケラステム毛髪再生の特徴です。

AGAクリニックでは併用が出来る

AGAクリニックでは脱毛を予防する効果があるAGA治療、発毛を促進する効果があるAGA治療を併用することが可能です。その代わりに併用するAGA対策は費用が高くなると言うデメリットがあります。幾らかかるのかAGAクリニックでカウンセリングを受けた際に質問してみて下さい。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧