誰でも簡単にできる!AGA治療の効果を高めるチェックポイント

MENU

CLOSE

誰でも簡単にできる!AGA治療の効果を高めるチェックポイント

益々広がるAGA治療の手段

元々は、薄毛や抜け毛などいわゆる男性に頻発する症状として捉えられていましたが、その後の医療技術の進歩や研究の促進などを通じ医療機関での治療が可能となった疾患として認められたのが、男性型脱毛症(AGA)です。

医療機関を通じた治療が認められる疾患として認定されたことを受け、現在では全国各地の内科や皮膚科、美容皮膚科などの診療科を通じてAGA治療を受けることができるようになったほか、最近ではAGA専門の診療外来が新たに設けられるなど、現代の病の1つとして既に定着しています。

また、AGAという症状を改善し予防する手段として、こうした診療科を通じた治療対策だけでなく、セルフケアの一環として実践できる育毛剤や発毛剤といった製品の活用も行えるようになり、たとえ専門医を相手にしても他人に相談するのがどうしても苦痛であるという方にも、手軽にAGA対策が行えるようになりました。

ただし、AGAへの対策や治療をクリニックなどで実際に受けた場合も、治療による改善効果を更に実感するためには、セルフケアを通じたご自身の努力を実践する事が求められます。場合によっては、セルフケアの内容云々によってクリニックでの治療や対策効果を更に高めることが出来る一方、セルフケアを怠ってしまうと、せっかくの効果が低下してしまう恐れもあります。

では、どのようなセルフケアを日常生活の中で行うことで、クリニックで受けた治療効果を更に高めることができるのでしょうか?

それらについてチェックポイントを設けて確認していきましょう。

治療効果を更に高めるチェックポイント

食生活の改善

セルフケアで実践できる最も基本的な手段ながらも、それを実践するかどうかでAGA対策の結果を大きく左右する要素となるのが、食生活です。

例えば、クリニックを通じ専門医による効果的な治療を受けたにもかかわらず、日常生活の中で摂取する食事がアンバランスなものだと、せっかくの治療効果が体感できないどころか、悪い食生活によって症状が悪化してしまう恐れがあります。

これは、AGAの発症原因の1つとして脂質の摂りすぎや発毛に必要な栄養素の欠如などがあるためで、健全な食生活を実践しなかった場合、これらの原因に該当してしまいAGAを予防するどころか逆に酷くなってしまう可能性もあります。

特に、食物繊維やビタミンB類など発毛と育毛に必要な栄養素は、毛母細胞の活性化や酸素の供給に不可欠な血流を健全な状態に維持するために欠かせない要素となるので、AGA治療を受けた場合は、並行して食生活の改善に努めましょう。

健全な頭皮環境の維持

AGA治療を専門医などから直接受けた場合、必ずセルフケアの一環として指摘される要素の1つが、頭皮環境を健全な状態に保つという点です。

ご存知のように、毛髪が生える頭皮という組織は、身体の中でも特に皮脂と汗の分泌量が多い部位の1つです。体内で既に不要となった脂質や老廃物を皮脂や汗の形で排出することで健康な身体を維持する為、常に頭皮を中心とした毛穴からはこうした排出部が排出されています。

皮脂や汗などの老廃物は、そのまま放っておくと酸素と結合して酸化物質となり皮膚や毛穴内部の毛乳頭や毛母細胞に悪影響を及ぼす恐れがあるため、AGAを改善する上で必ず注意が必要です。

老廃物を取りさる方法として入浴時の洗髪が一般的ですが、この時、ただ闇雲に洗剤を使って洗うのではなく、毛穴内部の汚れを押し出すように意識しながらもみ洗いするのが肝心。また、シャンプー剤自体が残ってしまうとこれが老廃物となるので、洗髪後は意識しつつ洗い流しましょう。

アルコールと喫煙を避ける

飲酒や喫煙もまた、AGA治療の効果を妨げる大きな要因の1つです。飲酒によって体内に入ったアルコールは、肝臓で分解する際に多量のビタミンを消費します。髪の育成に必要なビタミンをも使用してしまうため、育毛を阻害する要素となります。

また、喫煙によって体内に入ったニコチンは、血管を収縮させる効果をもたらすため、多量の酸素を必要とする毛母細胞への酸素の供給を阻害する恐れがあります。こうした悪影響を避ける為にも、AGA治療中の飲酒や喫煙はできるだけ避けるのがベストです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧