副作用も知ろう!AGA治療で起こるかもしれない副作用と予防法

MENU

CLOSE

副作用も知ろう!AGA治療で起こるかもしれない副作用と予防法

男性力の低下が最も見られる

8ba84119293d577ab6a341874eff90b1_s

AGA治療の為の副作用として最も見られるのは、男性力の低下です。男性力の低下というと、何を言っているのかわからない人もいるかもしれませんが、ようは、勃起不全が起こったり、女性のように乳房が大きくなってきたりするという副作用です。

このくらいの副作用であれば、薄毛の治療ができるのであれば問題ないと考える人もいるかもしれませんが、気になる人は気になるでしょう。特に、女性らしい体つきになってしまうということは、気になる人も多いのではないでしょうか?もちろんほとんどの人にはこうした副作用は起こりませんが、1パーセント2パーセントくらいには起こる可能性があるということは知っておかないとならないでしょう。

性欲もなくなる

男性力の低下というところで言うと、性欲がなくなったという方もいます。もちろんこれも数パーセントの話ではありますし、これに関してはただの思い込みという可能性も否定はできません。さらにもしこれが起こったとして、それはそこまで気にするところではないでしょう。

なぜなら、性欲がなくなるということは、薄毛の治療にとっては良いことだと言えるからです。性欲が強くなるということはイコールで、男性ホルモンの働きが強くなうということになります。男性ホルモンの働きが強くなるというのは、薄毛の原因になります。

だから、せっかくAGA治療をしていても、性欲がずっと強くわいていたのでは、なかなかその成果が見られない可能性が出てくるということになるのです。なのでむしろ、性欲がなくなるという副作用に関しては、薄毛を治療したり育毛を目指している人にとってはうれしい効果だと言えるでしょう。

じんましんができることもごくまれにある

03ef857d85e3cae9eae3401bd3469d34_s

先述の、男性力の低下という副作用に比べてさらに少ない例ではありますが、ごくごくマレに、じんましんができたという方もいます。これに関してはだいたいのAGA治療薬において、1パーセントにも満たないでしょう。でも、ごくごくマレにこうしたことが起こることはあるということは頭に入れておいた方が良いでしょう。

AGA治療薬というのはすごく強い薬ですし、ホルモンバランスを変えていくような薬になりますから、その過程で肌にトラブルが出てしまったとしても、別段不思議な事ではありません。もしこうしたトラブルが起こったら、AGA治療をしているクリニックに速やかに報告をしないとなりません。そうして指示を仰ぎましょう。

そのためにはクリニックで処方される必要がある

そうして万が一じんましんが起こったとしてもすみやかに対応してもらうためには、AGA治療の為には、最初からクリニックに行き、そこで治療薬を処方される必要があります。今の時代、クリニックに通わなくても、AGAの治療薬は手に入るかもしれません。

もしそうして手に入れることが出来たら、クリニックに行くよりも費用が安く済む可能性は高いです。でも、こうしたトラブルが起こった時の対応はできなくなります。だから、せっかく買った治療薬が無駄になる可能性は極めて高くなると言えます。

それでは逆に費用を損することになるでしょう。クリニックで指示を仰げば、そのじんましんが薬のせいなのか、他の原因なのかもきちんと判断してくれるでしょうし、費用を無駄にしてしまうということはまずなくなります。だから、安心できるでしょう。

頭皮が荒れることがある

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s

AGA治療薬は、基本的には飲み薬が多いです。でも中には塗り薬もあります。ではそんな塗り薬の場合は、どんな副作用が出るのでしょうか?AGA治療薬の塗り薬の副作用は、主に頭皮が荒れるという事でしょう。それも当然、頻繁に起こるような副作用ではありませんが、やはり塗り薬になってもその薬自体の強さは変わりませんから、それによって頭皮が荒れてしまうという人もいるのです。

育毛の為の薬とは用途が違うから

AGA治療系の塗り薬は、一般的な育毛の為の薬などとは違うところがあります。一般的な育毛の為の塗り薬というのは、基本的には毛穴のつまりにアプローチしたり、血行にアプローチしたりして、育毛を促していきます。でもAGA治療の場合はホルモンバランスにアプローチします。男性型の脱毛症であるAGAは、男性ホルモンが影響しておこっています。

だから、その為の治療薬の塗り薬も、当然男性ホルモンにアプローチしていくことになるのです。なので、普段の育毛剤では別段頭皮に異常が見られることがなかったという方であっても、頭皮に副作用が現れる可能性があるのです。それは、頭に入れておかないとならないでしょう。

副作用を防ぐための予防法は?

2da795d5c53cd59d86df7c9b6aaef94d_s

では、そんなAGA治療の副作用を防ぐためにはどうしたらよいでしょうか?そもそも滅多に起こることではないのですが、万が一自分がそのごくまれなレアケースに含まれてしまったら嫌だと思うのが人間です。だから、出来れば副作用は避けたいと思うものでしょう。副作用を避けるために大切なことはいくつかあります。

まず健康な状態を維持すること

まず一つは健康な状態を維持することです。AGA治療の為の薬は、あくまでも薬になります。薬なのですから、当然体調によってその受け入れ方も変わってくると言えるでしょう。たとえばなんとなく気持ちが悪いなぁという状態で、同時に頭も痛いからと頭痛薬を飲んだら、吐いてしまう事もあります。

AGAの治療薬だって、それと同じです。体調が悪ければ、副作用が出てしまう可能性も高くなると言えるでしょう。だから、AGAの治療中は、できるかぎり健康な状態をキープできるように工夫していかないとなりません。

きちんとした栄養の摂れる食事を常に心がけて、睡眠時間はしっかりと確保し、時折運動もして血行も良くしていく。そうすれば副作用を抑えることができるでしょう。またそれは、副作用を抑えるだけでなく、育毛においても効果が高いことになるので、より薄毛の改善を目指していけるようになるでしょう。つまり、一石二鳥と言えます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧