AGA治療のオーダーメイド処方って良いの?費用はいくら?

MENU

CLOSE

AGA治療のオーダーメイド処方って良いの?費用はいくら?

AGAは自分専用の治療方法で早く確実に育毛効果を実感

ea09781f4463b0227fb21969f6569a13_s

薄毛の悩みを解決するために、これまでに様々なAGAの治療方法が生み出されてきました。外用薬や内服薬、自毛植毛やHARG療法などなど、専門の技術や知識が必要な自毛植毛やHARG療法はAGA専門のクリニックでなければ治療を受けることができませんが、外用薬や内服薬なら日本未認可の商品でも個人輸入で入手することができるので、クリニックに行かずとも自分自身で薄毛を治そうとする人たちも大勢います。

AGA専門のクリニックで薄毛治療を行うメリットとしては、患者1人1人の体質や頭皮の状態を専門医が見極めて、オリジナルのオーダーメイド治療が可能となるということです。AGAの治療方法は1つだけではなく、様々な治療方法を組み合わせることによって薄毛の悩みを早期に的確に解決することができるようになります。

AGAのオーダーメイド治療とは、薄毛の有効成分であるフィナステリドが配合された内服薬やミノキシジルが配合された内服薬を患者の体質に合うよう調合されたり、オリジナルの漢方薬の処方、ミノキシジルが配合された外用薬の処方、成長因子が配合されたシャンプーやトリートメントの処方などなど、加えて成長因子を直接頭皮に注入するHARG療法を外用薬と内服薬と同時に行うスペシャルプランなどもあります。

自毛植毛の場合は、カスタマイズ治療といってメスを使う自毛植毛とメスを使わないパンチブレード自毛植毛を併用しながら手術を受けられるプランが用意されていることがあります。自毛植毛の場合高額になりやすいため、自分の経済力に合わせて自毛植毛の比率を選択したり、理想の仕上がりを実現するために、オーダーメイド式で自毛植毛を受けられる仕組みができあがってきています。

どのようなオーダーメイド治療でも専門医が自分の体質に合うプランを提案してくれるため、単体の治療と比べると値段が高額になる傾向にあり、オーダーメイド治療にかかる費用は通常の診察+通常の治療薬代の倍はかかるといわれています。

AGAのオーダーメイド治療方法まとめ

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s

現在のAGA専門クリニックではほとんどが患者1人1人の症状と体質を見極め、カウンセリングを交えながらオーダーメイド治療を行うようになってきています。全国に数あるクリニックで実際に行われてきたオーダーメイド治療を様々な薄毛の悩みを交えながら、一例をご紹介していきます。

前頭部の地肌が露出を内服薬と外用薬とHARG療法で改善

48歳の男性患者は前頭部の地肌の露出が気になる状態で、オーダーメイド処方により、フィナステリド内服薬1mg、ミノキシジル内服薬5mg、ビタミンミネラル20種混合、ミノキシジル外用薬7%、複合成長因子HARG療法を月1回施術、3か月後の血液検査でフィナステリド内服薬をデュタステリド0.5mgに変更し、5か月目からミノキシジル外用薬を12%に変更。

4か月目頃から抜け毛が減少し、6か月目頃から発毛効果を実感し、10か月で満足のいく結果が得られるようになりました。

頭頂部および前頭部にわたる広範囲のAGA症状を内服薬とHARG療法で改善

広範囲のAGA症状が気になる39歳の男性患者は、オーダーメイド処方でフィナステリド内服薬1mg、ミノキシジル内服薬5mg、ビタミンミネラル20種混合、ミノキシジル7%外用薬、成長因子HARG療法を月1回の内容を3か月間継続し、経過後の血液検査によって医薬品の配合量を調節し、オリジナル治療9か月目で前頭部から頭頂部にかけてしっかりした発毛が確認されました。

ミノキシジル配合の内服薬から成長因子配合の外用薬とHARG療法に変更

AGA治療に効果的なミノキシジルという成分は副作用があることでもよく知られています。ミノキシジルを配合された内服薬を単独で利用していた42歳男性患者は副作用の為に服用を全て中止し、オリジナル処方の毛髪成長因子の外用薬と成長因子を頭皮に注入するHARG治療を2週間に1回行うことで、3~4か月ほどで毛髪の回復が認められています。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧