AGA治療はクリニックでしかできない?気になる疑問を解消

MENU

CLOSE

AGA治療はクリニックでしかできない?気になる疑問を解消

AGA治療はクリニックに通わなくてもできるのか

03ef857d85e3cae9eae3401bd3469d34_s

薄毛に悩まされ、AGA治療でクリニックに通うか通わないか悩んでいる方は少なくないのではないでしょうか。クリニックに通えば効果的な治療を受ける事ができるものの、やはりネックになるのがその費用の高さです。クリニックに通う場合、内服薬と外用薬だけの治療でも月に2万円前後はかかってきます。

クリニックは持続して通う必要がありますから、この一番安い治療でも長い間続けばかなりの負担になる事は間違いありません。また植毛などまでいくと、100万円以上の費用がかかってしまう事もあります。このような情報を知ると、やはりできればクリニックに通わずにできるだけ安くAGA治療をしたいと思う方も少なくないはずです。

実際のところ、クリニックに通わずに自分でAGA治療をする事も不可能ではありません。もちろん専門的な施術が必要な育毛メソセラピーや植毛は自分ではできませんが、内服薬と外用薬による治療ならばできると言えるでしょう。

自分でAGA治療を行う方法

bf959feb7fcdd0a0633ab6a0a50aa1b5_s

ミノキシジル配合育毛剤の使用

クリニックでも処方される育毛剤にはミノキシジルと呼ばれる発毛成分が配合されています。そしてミノキシジル配合の育毛剤はドラッグストアなどでも購入可能です。市販の育毛剤の中には頭皮に栄養を与えるようなもの、保湿効果のあるものなど、様々なものがあります。

しかし、AGA治療においてはミノキシジル配合の育毛剤以外は、直接的な効果はありません。またミノキシジル配合の育毛剤は海外から輸入をする事もできます。海外のものは日本のものよりもミノキシジルの濃度が濃いという事で、より高い効果を得たいという気持ちから個人輸入に手を出す人も少なくありません。

しかしながら、濃度が濃いという事はそれだけ副作用などのリスクも高いという事でもありますし、買った育毛剤が偽物である可能性、保存状態などが悪いという可能性もあります。色々な面でリスクがあるという事は絶対に知っておくべきでしょう。

ミノキシジルタブレットやプロペシアなどの内服薬の使用

クリニックでの治療でも用いられる内服薬に、ミノキシジルタブレットとプロペシアというものがあります。これらは処方箋なしには日本では購入はできません。専門クリニックだと高額になりがちなので、普通の病院でこれらの薬を処方してもらうというのも一つの方法です。

普通の病院であれば診察代と薬代だけで専門クリニックに通うよりも安くなります。また、これらの内服薬は個人輸入でなら処方箋なしでも購入が可能です。個人輸入であれば診察代などもかかりませんし、一番安くすむ方法であると言えるでしょう。

とはいえ、副作用のリスクもある薬になりますから、個人輸入で買い自己判断でそれを使うというのは安全面ではおすすめできない行為です。それでも行う場合には、完全に自己責任でという事になります。

生活習慣の改善や正しい洗髪

薬などを使いつつ日常生活でも正しい生活習慣や洗髪に気をつける事で、よりAGA治療の効果を発揮しやすい環境を作る事ができます。そもそもAGAというのはストレスなどにより引き起される事も多いので、日頃からストレスはためないよう気をつける、頭皮に栄養がしっかりとわたるように食生活や睡眠に気をつける、血行を良くするために運動不足にならないように気をつける、これらを意識してみてください。

また洗髪に関しても強く洗い過ぎない、2回以上シャンプーをしたりして洗い過ぎない、という事に気をつけましょう。そういった行為は頭皮の負担になり、育毛の妨げになったり頭皮環境を悪くしてしまう危険性があります。

こういった日常生活や洗髪の改善はそれが直接的にAGA治療となるわけではありませんが、AGAを発症させない、薄毛を悪化させない、AGA治療の手助けになるという点で実践すべきです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧