AGA対策として効果的?自毛植毛のメリットデメリットまとめ

MENU

CLOSE

AGA対策として効果的?自毛植毛のメリットデメリットまとめ

自毛植毛のメリットとは

6425a3c246e2cce50b3a62e2a4fa0420_s

まず自毛植毛のメリットから見ていきます。自毛植毛にはどんなメリットがあるのでしょうか?

自然な髪の毛が生える

自毛植毛は、自分の髪の毛を移植していく方法になります。だから、生えてきた髪の毛はすごく自然になります。これは他の植毛方法やあるいはウイッグなどによるごまかしではありえないことです。

そこにあるのは自分の髪の毛なのですから、たとえば髪の毛全体の色素が薄れて白髪になっていくとき、植毛していない他の髪の毛と同様に白髪になっていくのです。それくらい自然なのですから、薄毛だったという事をだれもが忘れるくらいの髪の毛となるでしょう。

手遅れの状態でも治せる

自毛植毛のメリットは、手遅れの状態でも治せるというところにもあります。自毛植毛は、毛を生やす力があるところで、かつAGAの影響を受けないようなところを移植してきます。

つまり、AGAのクリニックで処方されるような薬を使っても効果が出なかった、いわゆる髪の毛が死んでいるところにも、髪の毛を生やすことができるようになるのです。

一般的に髪の毛が死んでしまうと髪の毛を生やす方法はないと言われていますが、こうした方法であればたとえAGAを放っておき過ぎて毛根に寿命が来てしまった人でも、しっかりと髪の毛を生やすことができるのです。

副作用の可能性も少ない

自毛植毛の場合は、副作用が出るという事もないでしょう。薬での治療だと、やはり体の中のことになりますし、ホルモンバランスを変えていくことになるわけですから、体調に変化が生じる可能性があります。でも自毛植毛の場合は、最初の数日こそちょっとした痛みや腫れが出る可能性がありますが、それ以外に体調の変化や性欲減退などの薬に見られるような副作用はないと言えます。

自毛植毛のデメリットは

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

では、逆に自毛植毛のデメリットはどこにあるでしょうか?

まず費用がすごく高い

自毛植毛は、費用がすごく高いです。高い人ならば100万円以上必要になることがあります。それは自分がどのくらいの面積治療していきたいかによって変わってくるものではありますが、たとえ範囲が少なくてもだいたいの場合で30万以上はかかってくるでしょう。薄毛の治療でそれだけかかるのは、かなり高額と言えます。

意外と時間がかかる

自毛植毛というと、直ぐに髪の毛が生えるようなイメージがある人もいるでしょう。でも、移植した毛はまず抜け落ちて、そこから髪の毛を生やすという流れになっていくので、髪の毛がしっかりと生えていくまでには、だいたい1年くらいかかることが多いです。

それは、クリニックで薬を貰い、AGAの治療をしつつかつ育毛をすすめていった時とだいたい同じくらいになるでしょう。高額な費用を払うだけにスピード感にも期待をするものですが、その期待通りにはならないことがほとんどなので、それもデメリットです。

頭皮に傷がつく

自毛植毛というのは、行ってしまえば手術のようなものです。だから、当然その傷跡が残ります。頭皮に傷跡がついても確かにそこに髪の毛が生えてしまえばそれは気にならないでしょう。でも、先述の通り、自毛植毛をしても髪の毛が生えるまでには意外と時間がかかるものです。

そうして意外と髪の毛が生えてこないとなると、当然頭皮の傷もある程度目立つ期間があるということになるでしょう。もちろんそんな大手術のような傷がつくわけではないですが、ちょっとの傷でも気になる人は気になるものです。だからそれもデメリットと言えるでしょう。

結局薬が必要になることが多い

自毛植毛をしても、結局薬が必要になるという可能性が高いです。植毛をした所はAGAの影響を受けないでしょうが、していないところはうけていきます。だから、へんなところだけ薄毛になるという可能性があるのです。それではせっかくした自毛植毛もなんだか勿体なくなります。だから、結局予防として薬を使わないとならない人も多いのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧